日本の“金継ぎ”に着想 激動の時代を生きた女性作家描く ジョージア映画「金の糸」公開決定

映画スクエア

日本の“金継ぎ”に着想 激動の時代を生きた女性作家描く ジョージア映画「金の糸」公開決定

 ジョージア映画界を代表する女性監督ラナ・ゴゴベリゼの27年ぶりとなる新作映画「金の糸」が、2022年2月26日より劇場公開されることが決まった。

 「金の糸」は、女性と社会を捉え続けてきたゴゴベリゼ監督が91歳にして放った、過去との和解をテーマにした映画。トビリシの旧市街の片隅。作家のエレネは生まれた時からの古い家で娘夫婦と暮らしている。今日はエレネの79歳の誕生日だが、家族の誰もが忘れていた。エレネの娘は、アルツハイマーの症状が出始めた姑のミランダにを、この家に引っ越しさせるという。ミランダはソヴィエト時代、政府の高官だった。そこへかつての恋人アルチルから数十年ぶりに電話がかかってくる。

 原題「GOLDEN THREAD」には、日本の「金継ぎ」から着想を得て、“未来を見るために過去を金で修復する”という意味が込められており、監督は「日本人が数世紀も前に壊れた器を継ぎ合わせる金継ぎの技のように、金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、過去は、そのもっとも痛ましいものでさえ、重荷になるだけでなく、財産にもなることでしょう」と語っている。音楽は、2019年に亡くなった、ジョージアの世界的作曲家ギヤ・カンチェリ。主役のエレネは、「ロビンソナーダ」の監督で知られるナナ・ジョルジャゼが演じている。

【作品情報】
金の糸
2022年2月26日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開
配給:ムヴィオラ

新着コンテンツ