”世界で一番美しい少年”ビョルン・アンドレセンの栄光と破滅 ドキュメンタリー映画公開

映画スクエア

”世界で一番美しい少年”ビョルン・アンドレセンの栄光と破滅 ドキュメンタリー映画公開

 “世界で一番美しい少年”と称されたビョルン・アンドレセンの栄光と破滅を描くドキュメンタリー映画「世界で一番美しい少年」が、12月17日より劇場公開されることが決まった。

 「世界で一番美しい少年」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督に見いだされ、映画「ベニスに死す」のタジオ役に抜擢された当時15歳のビョルン・アンドレセンの、現在へと続く50年を追ったドキュメンタリー映画。「ベニスに死す」は世界的な評価を受け、圧倒的な存在感で同作を強く牽引したアンドレセンは、同作の日本公開年などに来日。CM出演などの芸能活動も行い、日本のカルチャーに大きな影響を及ぼした。そして約50年後には、「ミッドサマー」の老人ダン役を演じ、驚きの変貌ぶりを見せた。

 ドキュメンタリーの中では、巨匠ヴィスコンティとの出会い、“世界一の美少年、タジオ”を探すために壮大な規模で行われたオーディションや映画撮影の裏側、カンヌの華やかな狂騒から来日時の熱狂を、アンデルセンの語りや豊富なアーカイブ映像で浮き彫りにしていく。

 ポスタービジュアルでは、アンデルセンが「ベニスに死す」出演のためにヴィスコンティ監督のオーディションを受けた際の、こちらを射るような鋭い瞳の写真が使われている。そして、アンドレセンが同作出演後にたどることになる人生を物語る「美しいことは罪ですか」のコピーが添えられている。

”世界で一番美しい少年”ビョルン・アンドレセンの栄光と破滅 ドキュメンタリー映画公開

【作品情報】
世界で一番美しい少年
2021年12月17日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他全国順次公開
© Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021

新着コンテンツ