Cocomiがフルート演奏のメイキング映像公開 「漁港の肉子ちゃん」サウンドトラック発売決定

映画スクエア

 6月11日から劇場公開される、明石家さんまプロデュースのアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」のオリジナル・サウンドトラックが、6月9日に発売されることが決まった。また、フルートで参加したCocomiが演奏する様子を収録したメイキング映像が公開された。

 娘・キクコの声を務めるCocomiは、フルート奏者としても活躍している。メイキング映像では、「ゆっくり家族になっていく」を演奏するCocomiの姿が映し出されている。Cocomiは、「今回、オファーをいただいてとても嬉しかったです。曲を聴いてシーンがフラッシュバックするぐらい、音楽と映像がマッチして、心にぐっとくるなと思いました。すごく自分の好みの曲だったので演奏していて楽しかったです」とコメントを寄せている。

 発売されるサウンドトラックには、「思い出のマーニー」などの村松崇継による劇伴音楽をはじめ、吉田拓郎の楽曲を10才の稲垣来泉が歌う主題歌「イメージの詩」も収められている。劇中で描かれる母娘の物語にもマッチした名曲を新たな世代にも伝えたいとして、自らの提案でアレンジを加えたというさんま。完成した楽曲を聴いた吉田拓郎は「心の底から『すばらしい』」「さんま君ナイス・アイディア!」と太鼓判を押しているという。また、GReeeeNが書き下ろし、明石家さんまが「笑」という漢字を「竹」と「天」に分解して命名した「たけてん」も収録されている。

 「漁港の肉子ちゃん」は、直木賞受賞作家の西加奈子の同名小説を原作としたアニメ映画。漁港の船に2人きりで住む母娘である、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。明石家さんまが企画・プロデュースを担当。「海獣の子供」などの渡辺歩が監督を、「かぐや姫の物語」「海獣の子供」で作画監督を務めた小西賢一がキャラクターデザイン・総作画監督を務め、「映画 えんとつ町のプペル」のSTUDIO4℃が、アニメーション制作を手がける。大竹しのぶが主人公の肉子ちゃん、Cocomiが娘・キクコの声を務め、花江夏樹、下野紘、吉岡里帆、マツコ・デラックスらも声の出演をしている。

Cocomiがフルート演奏のメイキング映像公開 「漁港の肉子ちゃん」サウンドトラック発売決定

【作品情報】
漁港の肉子ちゃん
2021年6月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:アスミック・エース
©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

漁港の肉子ちゃん
  • 作品

漁港の肉子ちゃん

公開年
2021年
製作国
日本
監督
渡辺歩
出演
(声)大竹しのぶ、Cocomi 、花江夏樹、中村育二、マツコ・デラックス、 吉岡里帆
新着コンテンツ