比嘉愛未が日本酒造りへの道を歩む女性役 「吟ずる者たち」広島先行公開決定

映画スクエア

比嘉愛未が日本酒造りへの道を歩む女性役 「吟ずる者たち」広島先行公開決定

 日本酒造りが盛んな広島を舞台に、明治から令和へと引き継がれる吟醸酒への想いを描いた映画「吟ずる者たち」が、11月5日より広島で先行公開されることが決まった。2022年には全国順次公開を予定している。

 「吟ずる者たち」は、日本で初めて吟醸酒をつくった「吟醸酒の父」三浦仙三郎の「百試千改」を軸に描いた作品。明治と令和の2つの時代が舞台となる。令和の主人公は、東京で夢破れて故郷の広島に戻ってきた永峯明日香。実家は三浦仙三郎の杜氏の末裔が継いだ酒蔵で、目標を見失っていた明日香は、家宝である三浦仙三郎の手記を目にし、仙三郎の”百回試して、千回改める”という「百試千改」の想いに強く惹かれ、酒造りへの道を歩き始める。明治では、三浦仙三郎の姿が描かれる。

 永峯明日香を演じるのは、映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」などで注目を集め、現在放送中のドラマ「推しの王子様」で主演を務める比嘉愛未。明治の主人公の三浦仙三郎は、ドラマ「浅見光彦シリーズ」で主人公の浅見光彦役を2003年から16年間務め上げた中村俊介が演じる。仙三郎の妻を戸田菜穂が演じるほか、仙三郎の家族には渋谷天外、ひろみどり、今井れん、中尾暘樹が顔をそろえる。さらに、明日香の家族として、中村久美、奥村知史、丘みつ子、大和田獏らが出演。映画「飛べ!ダコタ」を手掛けた、広島県竹原市出身の油谷誠至が監督を務める。

【作品情報】
吟ずる者たち
2021年11月5日(金)より広島先行ロードショー
2022年、全国順次公開
配給:ヴァンブック
©2021ヴァンブック

  • 作品

吟ずる者たち

公開年 2021年
製作国 日本
監督  油谷誠至
出演  比嘉愛未、戸田菜穂、渋谷天外、ひろみどり、丘みつ子、大和田獏、中村俊介
新着コンテンツ