上白石萌音「共感しすぎてボロボロ泣いちゃいました」 「コーダ あいのうた」スポット映像

映画スクエア

 サンダンス映画祭で観客賞を含む四冠を獲得した映画「コーダ あいのうた」が、1月21日より劇場公開される。公開を前に、俳優・歌手の上白石萌音が映画の魅力を語るWEBスポット映像が完成した。

 映像では、一足早く本作を鑑賞し、深く感動・共感したという上白石萌音が、作品の魅力を語っている。上白石萌音は「泣いて笑って、こうやって(口を押えて)ないと、わんわん泣いちゃいそうで」「家族はみんな耳が聞こえないので、ルビーの<歌声が分からない><聞こえない>。でも悲劇のヒロインっぽくなることもなく、負けん気みたいなものを燃やして頑張る姿って、凄く勇気になりますね」と、見どころを熱く語っている。また、「『歌うとどんな気持ちになるの?』って私にはちょっと共感しすぎてボロボロ泣いちゃいましたね」と、歌手としても活躍することから、劇中のシーンと自らの人生と重ね合わせ、強く心打たれたことを明かしている。

 「コーダ あいのうた」は、豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす、耳の聞こえない両親と兄を持つ高校生のルビーを描いた作品。主人公のルビーを演じるのは、テレビシリーズ「ロック&キー」で人気を集めたエミリア・ジョーンズ。歌と手話の特訓を受け、ルビーを自然に演じる。「シング・ストリート」のフェルディア・ウォルシュ=ピーロが共演するほか、「愛は静けさの中に」のオスカー女優マーリー・マトリンなど、実際に耳の聞こえない俳優たちがルビーの家族を演じる。監督は、「タルーラ ~彼⼥たちの事情~」のシアン・ヘダーが務めている。

上白石萌音「共感しすぎてボロボロ泣いちゃいました」 「コーダ あいのうた」スポット映像

【作品情報】
コーダ あいのうた
2022年1月21日 TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

新着コンテンツ