ロザムンド・パイクが高齢者から資産を搾り取る悪徳後見人に 「パーフェクト・ケア」公開決定

映画スクエア

 ロザムンド・パイクが高齢者から資産を搾り取る悪徳後見人を演じ、第78回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した映画「パーフェクト・ケア」が、12月3日より全国劇場3週間限定公開およびデジタル配信されることが決まった。

 デヴィッド・フィンチャー監督作「ゴーン・ガール」で失踪した妻エイミーを怪演し、第87回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど高い評価を獲得したロザムンド・パイク。そんな彼女が、“完璧なケア”で裁判所からの信頼も厚い法定後見人のマーラ・グレイソン役を演じる。実は合法的に高齢者の資産を搾り取る悪徳後見人のマーラは、資産家の老女ジェニファーを次の獲物に定める。身寄りがなく格好の餌食のはずのマーラだったが、なぜか彼女の背後からロシアン・マフィアが現れ、マーラは絶体絶命の危機に陥る。

 監督を務めるのは「アリス・クリードの失踪」のJ・ブレイクソン。「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのピーター・ディンクレイジ、「ベイビー・ドライバー」「ゴジラvsコング」のエイザ・ゴンザレスのほか、ダイアン・ウィーストらが脇を固める。

 公開されたポスタービジュアルでは、ロザムンド・パイク演じるマーラ・グレイソンが“誠心誠意のケア”をしている顧客たちの写真を前に、サングラスをかけて不敵にほほ笑む姿が切り取られている。あわせて公開された予告編では、訴訟もものともせず、高齢者を“保護”するビジネスに邁進するマーラが、資産家の老女に手を出したことで追いつめられる様子が映し出されている。

ロザムンド・パイクが高齢者から資産を搾り取る悪徳後見人に 「パーフェクト・ケア」公開決定

【作品情報】
パーフェクト・ケア
2021年12月3日(金)全国劇場【3週限定】公開&デジタル配信開始
配給:KADOKAWA
©2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

  • 作品

パーフェクト・ケア

公開年 2020年
製作国 アメリカ
監督  J・ブレイクソン
出演  ロザムンド・パイク、ピーター・ディンクレイジ、エイザ・ゴンザレス、ダイアン・ウィースト
新着コンテンツ