認知症の祖母が何かに変貌 祖母を取り戻そうとする母娘に襲いかかる恐怖 「レリック -遺物-」公開

映画スクエア

認知症の祖母が何かに変貌 祖母を取り戻そうとする母娘に襲いかかる恐怖 「レリック -遺物-」公開

 日系女性監督のナタリー・エリカ・ジェームズのデビュー作「レリック -遺物-」が、8月13日より劇場公開されることが決まった。

 「レリック -遺物-」は、行方不明から戻って来たものの、別の何かに変貌してしまったかのような認知症の祖母と、本来の祖母を取り戻すとする娘と孫に襲いかかる恐怖を描いた作品。子供時代に毎夏をすごした母の故郷である日本を久しぶりに訪れたナタリー・エリカ・ジェームズが、大好きだった祖母が認知症によって変わり果てていたことに強いショックを受けたことが、本作の出発点となったという。書き上げられた脚本は評判を呼び、俳優のジェイク・ギレンホールや「アベンジャーズ」シリーズの監督としても知られるルッソ兄弟が、プロデューサーに名乗りを上げた。

 完成した作品は、認知症による失われゆく記憶を発端に、悪夢のような恐怖の連鎖を中心に据えながら、家族の関係性やジェンダー問題なども反映。2020年のサンダンス映画祭でのお披露目では、映画ファンと批評家の双方から支持を受け、全米公開時には3週連続で興行収入ランキング第1位を記録。ゴッサム・インディペンデント映画賞の作品賞にノミネートされ、ナショナル・ボード・オブ・レビューのインディペンデント映画のトップ10入りなどの評価を受けた。

 公開されたポスタービジュアルでは、物語の中心である祖母、母、娘の3世代の女性たちの家族写真がデザインされている。だが祖母の顔は黒い煙となって消えかかっており、「愛したものが またひとつ 消えてゆく」という謎めいたキャッチコピーが添えられ、家族に訪れるであろう恐ろしい運命が暗示されている。

【作品情報】
レリック -遺物-
2021年8月13日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー
配給:トランスフォーマー
© 2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia

  • 作品

レリック -遺物-

公開年 2020年
製作国 オーストラリア・アメリカ
監督  ナタリー・エリカ・ジェームズ
出演  エミリー・モーティマー、ロビン・ネヴィン、ベラ・ヒースコート
新着コンテンツ