鈴鹿央士、志田彩良の淡い恋の相手に 「ドラゴン桜」でも共演中 映画「かそけきサンカヨウ」で

映画スクエア

鈴鹿央士、志田彩良の淡い恋の相手に 「ドラゴン桜」でも共演中 映画「かそけきサンカヨウ」で

 10月15日より劇場公開される、今泉力哉監督が窪美澄の短編集を映画化する映画「かそけきサンカヨウ」の、新たな出演者が発表された。

 主人公の高校生・国木田陽役の志田彩良と、陽をやさしく見守る父親役の井浦新に加えて発表されたのは、鈴鹿央士、石田ひかり、菊池亜希子、西田尚美、梅沢昌代ら。現在放送中のテレビドラマ「ドラゴン桜」でも志田と共演中の鈴鹿央士は、志田演じる陽の淡い恋の相手となる同級生で、陽と同じく家族に悩む清原陸役を演じている。また、陽の産みの親役に石田ひかり、父の再婚相手で陽の新しい母親役に菊池亜希子、陸の母役を西田尚美、祖母役を梅沢昌代が演じる。陽の友人役には中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗らが名を連ね、劇中劇には石川恋、海沼未羽も出演する。

 「かそけきサンカヨウ」は、窪美澄の同名短編小説を映画化した作品。家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成長が描かれる。監督を務めるのは、「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」「mellow」「his」「あの頃。」「街の上で」と、精力的に作品を送り出している今泉力哉。今泉自ら映画化を希望し、主人公・陽が家族について悩みながら成長していく姿を丁寧に映像化する。主人公の高校生・国木田陽を志田彩良が、陽をやさしく見守る父親を井浦新が演じる。

【作品情報】
かそけきサンカヨウ
2021年10月15日より全国公開
配給:イオンエンターテイメント
©2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

  • 作品

かそけきサンカヨウ

公開年 2021年
製作国 日本
監督  今泉力哉
出演  志田彩良、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、西田尚美、石田ひかり
新着コンテンツ