誘拐

2009年7月18日、中国・シンセン。インターネット・カフェを経営しているティエンは、まだ幼い息子のポンポンと暮らしている。ポンポンの母親であるジュアンとティエンは離婚しており、ジュアンは時折ポンポンと会う生活を送っている。ある日、他の子どもたちと遊びに出かけたポンポンは、車に乗る母親を見つけて追いかける。そして、何者かに誘拐される。

捜索

帰ってこないポンポンがジュアンの家にいると考えたティエンだったが、ジュアンの家にもいない。ティエンは駅などでポンポンを探すが見つからず、警察に届け出る。ティエンのせいと考えるジュアンは、涙ながらにティエンをビンタする。1年が経過する。情報提供を求めるティエンの元には、報奨金を目的とした詐欺の電話が多くかかってくる。

詐欺

写真を送ってきた相手を信じて指定された場所に向かったティエンだったが、報奨金目的のウソだったことがわかる。金を奪われそうになったティエンは、ナイフを振り回し、川に飛び降りて逃げる。ポンポンが帰って来ることを考えて店を開けているティエンだったが、大家から立ちのきを求められる。ティエンは、精神的に追いつめられているジュアンを連れて、「行方不明児を捜す会」に参加する。

行方不明児を捜す会

集会に参加したジュアンは、ポンポンが自分の運転する車を追いかけてくるのに気づきながら、無視したことを告白して号泣する。ジュアンの夫とジュアンの関係は悪化していく。ある日、警察から誘拐グループを摘発したと被害者の会のリーダーであるハンに連絡があり、ティエンとジュアンは会のメンバーとともに摘発グループが捕らえられた場所に向かう。

サル

摘発グループのメンバーに、誘拐された子どもの写真を見せて手がかりを得ようとするが、有益な情報は得られない。会のメンバーがバスで帰る途中、トラックの荷台に置かれた麻袋が動いているのを見つけるティエン。誘拐された子どもが入れられていると考えたティエンたちは、トラックを止めさせ、麻袋を持って逃げる男をとらえる。だが、麻袋に入っているのは生きたサルとわかる。

安徽省

3年後の2012年の夏。ティエンは、ポンポンが安徽省にいるという連絡を受ける。ティエンとジュアンは、ハンと安徽省に向かう。農家の庭先にいるポンポンを見つけたティエンたちは、ポンポンを抱えて逃げる。ポンポンをジーガンの名で育てているリー・ホンチンが気づき、村人に助けを求めてティエンたちを追いかける。実の両親を覚えていないポンポンは泣き叫ぶ。ティエンたちは村人に捕まるが、警察が駆けつける。

自分たちを覚えていないポンポン

昨年死んだ夫が、ポンポンを誘拐したことを知らされるリー。そして、ポンポンはティエンたちの元に戻され、夫がシンセンで拾ってきたというジーファンとも引き離されることになる。一方、ポンポンを見つけたティエンとジュアンは、ポンポンが自分たちを覚えていないことにショックを受ける。リーは公務執行妨害で禁錮6カ月の刑を受ける。

リーがシンセンに

出所後、リーはシンセンにやって来る。児童養護施設に入れられたジーファンを引き取りたいと訴えるが拒否され、見習い弁護士のカオ・シアに相談する。また、夫がジーファンを拾ったことを知るチンシャンを見つけ出す。一方、ティエンとジュアンは、ポンポンが口を利いてくれず、リーやジーファンと会いたがることに落ち込む。

カオの強力

ジュアンは、ポンポンを連れてジーファンのいる施設に行く。ジーファンとポンポンの様子を見たジュアンは、「ジーファンを引き取ろうか?」とポンポンに話す。ポンポンはジュアンの手を握り、ジュアンはうれしさから笑顔で涙を流す。一方のリーは、カオに協力してもらうことになる。だが、面倒をいやがるチンシャンが、ジーファンを拾ったことを話したがらない。リーはチンシャンを宿泊しているホテルの部屋に呼び、体を許す。

袋だたき

チンシャンの証言によって、ジーファンが捨て子と認定されるが、児童養護施設の施設長は誘拐犯の妻であるリーにジーファンの養育権を認めない。ショックを受けたリーは、帰りのバスから「行方不明児を捜す会」のメンバーと一緒にいるポンポンを見かける。バスを降りたリーがポンポンに駆け寄って抱きしめるが、会のメンバーによって袋だたきにされる。カオはリーに、引き続き助けると約束する。

ハンの涙

妻が妊娠したハンは、役所に出産許可証を取得に向かう。行方不明となった子どもの死亡証明書を求められたハンは、怒りをあらわにする。ポンポンの誕生日会が開かれ、「行方不明児を捜す会」のメンバーも集まる。ハンはそこで妻の妊娠を発表する。祝福を受けるハンだったが、大量の酒を飲んでその場を立ち去り、人知れず号泣する。

妊娠

ジーファンの里親となることを認めてもらうため、リーは児童養護施設を訴える。ジーファンを引き取ろうと考えているジュアンも審理に出席するが、離婚手続き中のために認められない。リーも里親には認められない。ショックを受けたリーに、カオは自宅の家政婦の仕事をしてもらうことにする。健康診断を受けたリーは、自分が妊娠していることを知る。リーは廊下にうずくまって涙を流す。

人物 1 最愛の子

リー・ホンチン

俳優:ヴィッキー・チャオ リー・ホンチンは、中国・安徽省に住む農民である、映画「最愛の子」の登場人物。学歴・・・は中学中退。夫から子どもの産めない体と言われていた。夫がシンセンの女性に産ませたというジーガンと、シンセンの工事現場で拾ったというジーファンを、夫ががんで亡くなったために1人で育てている。 ティエンとジュアンにジーガン(ポンポン)を連れ去・・・
人物 2 最愛の子

ティエン・ウェンジュン

俳優:ホアン・ボー ティエン・ウェンジュンは、ポンポンの父親である、映画「最愛の子」の登場人物。元妻・・・のジュアンとは離婚しており、息子のポンポンの親権を持っている。インターネット・カフェを経営し、ポンポンを育てている。ポンポンが友だちと遊びに行ったまま誘拐されてしまい、ネットを通じて情報提供を求める。有益な情報が集まらない上に、報奨金目当て・・・
人物 3 最愛の子

カオ・シア

俳優:トン・ダーウェイ カオ・シアは、弁護士である、映画「最愛の子」の登場人物。弁護士事務所では使い走り・・・のような扱いを受け、国家公務員になりすましたことで処分を受ける。自分にだけ罪を押しつけた上司に怒り、パソコンで殴りかかって弁護士事務所をやめる。認知症の母親がいる。 同郷の弁護士を頼って現れたリーから、ジーファンを連れ戻すための協力を懇願・・・
セリフ・名言 1 最愛の子

被害者の父「昼は息子を想い、夜は夢に見る。夢でもたいてい見つからない」

0:29:35頃 息子のポンポンを何者かに連れ去られたティエンは、ポンポンの母親・・・であるジュアンとともに、同じ境遇にいる者たちの集会に出席する。集会で、被害者の父親が語る言葉。集会に出席する者たちは、子どもを思う自分の気持ちを話す。 ・・・
セリフ・名言 2 最愛の子

ティエン「今度は思う。詐欺師の存在もありがたかったと。希望があるように思えた。希望は飯みたいなもの。俺たちには不可欠だ」

0:32:10頃 息子のポンポンを何者かに連れ去られたティエンは、同じ境遇にいる・・・者たちの集会に出席する。そして、偽物の情報提供でも「希望を感じられるだけよかった」と話をする。連れ去られてから時が経過し、ティエンは希望を求めていた。 ・・・
セリフ・名言 3 最愛の子

ティエン「ジュアンの言う通り、ポンポンの件では、結局あんたは他人なんだ」

0:36:25頃 ティエンと元妻ジュアンの息子であるポンポンが何者かに連れ去られ・・・てしまう。ジュアンの現在の夫は、食事ものどを通らなくなってしまったジュアンを心配し、ティエンに相談する。だがティエンは、ジュアンの夫の言葉に反発を覚えるのだった。 ・・・
音楽 1 最愛の子

母の兄も母の弟もどちらもおじさん

「母の兄も母の弟もどちらもおじさん」は、中国に伝わる童謡。連れされる前のポンポン・・・が歌う(0:06:55頃)。安徽省で見つけたポンポンを連れ出したティエンが、自分のことを思い出させようとして歌う(0:57:35頃)。 ・・・
音楽 2 最愛の子

「がんばれ」の歌

児童誘拐被害者の集会で歌われる曲。ジュアンが初めて参加した時(0:34:40頃)・・・、摘発された誘拐グループの元に集会のメンバーが向かう時のバス内(0:37:35頃)で歌われる。また、ポンポンの誕生会では、妻の妊娠を発表したハンに、ティエンたちが歌う(1:48:10頃)。 ・・・
音楽 3 最愛の子

見えない翼(隱形的翅膀)

「見えない翼」は、台湾出身の歌手アンジェラ・チャンが歌うヒット曲。摘発された誘拐・・・グループの元に、集会のメンバーが向かう時のバス内で歌われる(0:37:45頃)。また、ポンポンの誕生会でもメンバーが歌うが、妻の妊娠を発表したハンはその場から立ち去る(1:48:20頃)。 ・・・
キーワード 1 最愛の子

評価、製作、影響、実話

「最愛の子」は実話を元にしている。監督のピーター・チャンが、テレビのドキュメンタ・・・リーを見たことがきっかけで映画化された。リーがジーファンを取り戻すために弁護士を雇う点や、妊娠をする点はフィクションだという。 公開後には、それまでは誘拐された子どもを売る側だけが罪を問われたが、買う側も罪を問われるように法律が変更された・・・
キーワード 2 最愛の子

児童誘拐

「最愛の子」は、幼い息子のポンポンを誘拐されたティエンとジュアンの苦しみを描くと・・・ともに、ポンポンが誘拐されたとは知らずに育ててきたリーが子どもを失う苦しみを描いている。中国では当時年間20万人もの子どもが誘拐されており、本作の内容も実話を元に制作された。誘拐された子どもの親たちが励まし合う姿も描かれている。 ・・・
キーワード 3 最愛の子

都市と地方、深圳(シンセン)、安徽省

中国での地方と都市の格差についても描かれている。ティエンやジュアンが住むのは、香・・・港と接する都市で、経済特区に指定されていることもあり、経済的に発展している。だが、地方から深圳(シンセン)にやって来た労働者たちは、苦しい生活を送っていることが描かれている。ティエンとジュアンも陝西省から出てきたという設定であることが、陝西・・・
新着コンテンツ