かつて売れっ子グラフィックデザイナーとして活躍していたアハロンは、自閉症スペクトラムの息子ウリを育てることにすべてを捧げ、田舎町で2人で暮らしている。ある日、別居中の妻タマラは将来を心配して、全寮制の特別支援施設への入所を決める。定収入のないアハロンは養育不適合と判断され、裁判所の決定に従うしかない。入所の日。ウリは大好きな父との別れにパニックを起こしてしまう。アハロンは「息子は自分が守る」と決意。2人の逃避行が始まる。

新着コンテンツ