stay

stay
公開年
2019年
製作国
日本
監督
藤田直哉
出演
山科圭太 石川瑠華 菟田高城 遠藤祐美、山岸健太 長野こうへい 金子鈴幸
「stay」は、山奥にたたずむ一軒の古民家は誰でも出入りができて誰の場所でもない「自由」な家を舞台に、わずかなズレが、気遣いとなり、役割となり、ストレスとなり、やがて「不自由」へとつながっていく様子を描き、「人と共に生きる」ことの意味を問う作品となっている。 監督を務めるのは、初劇場公開作となる藤田直哉。脚本は、山本政志監督作「脳天パラダイス」を手掛けた金子鈴幸が担当している。東京国際映画祭正式出品作「あの日々の話」の山科圭太が主演し、「猿楽町で会いましょう」に主演している石川瑠華も出演している。

stay
配給:アルミード
©東京藝術大学大学院映像研究科
ニュース stay

石川瑠華 注目は疑似家族の夕食シーン 「自由じゃない感、縛られている感」 映画「stay」出演

 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の短編部門で優秀作品賞を受賞した映画「st・・・ay」が、4月23日に劇場公開される。公開を前に、本作に出演している石川瑠華のオフィシャルインタビューが公開された。  「stay」は、山奥にたたずむ一軒の古民家は誰でも出入りができて誰の場所でもない「自由」な家を舞台に、わずかなズレが、・・・
ニュース stay

映画「stay」主演・山科圭太インタビュー 「微妙なやりとりの中で生み出されるドラマ」

「stay」の写真をもっと見る  SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の短編部・・・門で優秀作品賞を受賞した映画「stay」が、4月23日に劇場公開される。公開を前に、主演の山科圭太のオフィシャルインタビューが公開された。  「stay」は、山奥にたたずむ一軒の古民家は誰でも出入りができて誰の場所でもない「自由」な家を舞・・・
ニュース stay

家を描くことを考えるうちに「自然と家族的なテーマが」 映画「stay」藤田直哉監督インタビュー

「stay」の写真をもっと見る  SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の短編部・・・門で優秀作品賞を受賞した映画「stay」が、4月23日に劇場公開される。公開を前に、藤田直哉監督のオフィシャルインタビューが公開された。  「stay」は、山奥にたたずむ一軒の古民家は誰でも出入りができて誰の場所でもない「自由」な家を舞台・・・

とある村の持ち主のいない古い空き家。ここは誰もが寝泊まりし、出ていくことが可能な場所。ちょうど吉田(山岸健太)が去ろうとしているところに、村の役所から派遣された矢島(山科圭太)が、不法に滞在する5人に退去勧告を言い渡しにやってくる。

長期滞在しているマキ(石川瑠華)が「前にも何人も来たけど、結局追い出せてないから」と予言したように、矢島は、リーダー格の男・鈴山(菟田高城)のペースに巻き込まれ、立ち退きを説得できないどころか、サエコ(遠藤祐美)の提案でその家で一晩を明かす羽目になる。
新着コンテンツ