“12 歳・女子”のSNSに群がる男の実態 ビデオチャットで下半身露出 映画「SNS」本編映像

映画スクエア

 3名の成人女性が“12 歳・女子”の設定でSNSに登録した時に起こることを検証したチェコのドキュメンタリー映画「SNS-少女たちの10日間-」が、4月23日から劇場公開される。このたび、被害の実態を映した本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、“12 歳・女子”の設定の18歳以上の女優が、SNSに「お小遣い稼ぎに興味がないか」と聞いてきた、見ず知らずの男性との初めてビデオチャットをするシーン。映像がつながるとそこには、下半身を露出した男性の姿がある。何事もないかのように「何しているの?」と尋ねてくる男性は、やがてお小遣い稼ぎの内容について説明し、望みどおりにすれば2000コルナ(日本円で約1万円)を送ると話す。

 また、本編映像の前にはヴィート・クルサーク監督(バーラ・ハルポヴァーと共同)のメッセージも収められている。クルサーク監督は、「悪者を倒すために必要なのは、悪者を笑い者にすること」と持論を語り、「ところどころでも笑っていただければ嬉しい」とコメントしている。

 「SNS-少女たちの10日間-」は、“12 歳・女子”になりすました幼い顔立ちの18歳以上の3名の女優がSNSで“友達募集”をすることで起こる出来事を描いたドキュメンタリー映画。2,458人もの成人男性からコンタクトがあり、中には性的な要求をしてくる者もいる実態が明らかとなる。現代の子どもたちが直面する危険を映し出した本作は、SNSと常に接する世代やその親たちに恐怖とともに迎えられ、本国チェコではドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録した。さらに、児童への性的搾取の実態を捉えた映像として、チェコ警察から刑事手続きのための映像が要求されるなど、実際の犯罪の証拠として警察を動かしたという。

“12 歳・女子”のSNSに群がる男の実態 ビデオチャットで下半身露出 映画「SNS」本編映像

【作品情報】
SNS-少女たちの10日間-
2021年4月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
配給:ハーク
@2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

新着コンテンツ