大企業の不正に立ち向かう3人の女性社員 取り巻く曲者たち 「サムジンカンパニー1995」キャラ映像

映画スクエア

「サムジンカンパニー1995」の写真をもっと見る

 7月9日より劇場公開される、大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが会社の不正に立ち向かう姿を痛快に描いた映画「サムジンカンパニー1995」から、個性あふれる女子社員たちをはじめとした、キャラクター紹介映像が公開された。

 公開された映像では、物語を引っ張るサムジン電子の3人の女性社員を中心に紹介される。「グエムル-漢江の怪物-」などのコ・アソン演じるドロシーこと主人公イ・ジャヨンは、「コーヒー10杯を12秒でつくれる」などの特技を持ち、大卒なのに頼りないチェ・ドンス代理を助け、アン・ギチャン課長にコピー&ペーストを教えるなど、生産管理3部を影で支える業務のプロフェショナルであることが紹介される。

 イ・ソム演じるマーケティング部のミッシェルことチョン・ユナは、優れたアイディアを持っているがそれを会議で発言する機会もなく、部内のチョ・ミンジョン代理に盗まれることも。そんなユナは、ミステリー・推理小説マニアならではの推理力で不正を暴こうとする。「スウィング・キッズ」のパク・ヘスが演じるのは、会計部のシルビアことシム・ボラム。数学大会の優勝歴を持つ数学の天才だが、業務は領収書の金額をごまかして処理をすることだった。

 会社の不法汚染排出を知ったことをきっかけに、それぞれの得意分野を生かして真相解明に乗り出す3人のほか、ボンクラ常務や新任社長など、3人たちを取り巻く曲者(くせもの)のキャラクターたちも紹介されている。

 主人公イ・ジャヨンを演じたコ・アソンは、「最初にこの映画の話の説明を受けたとき、“90年代の女性たちが戦う話”とききました。イ・ジャヨンという私の役だけでなく、登場するキャラクターすべてが魅力的だと思いました。私自身、元気をもらえて一日を誠実に過ごせる映画が好きなのですが、今回の撮影ではこの作品もそんな映画になればと思って、ポジティブな気持ちをたくさん込めました」と、登場人物や本作について語っている。

 「サムジンカンパニー1995」は、1991年に実際に起こった斗山電子のフェノール流出による水質汚染事件などの、実話をもとに描いた作品。時には弱気になりながらも真相追及を諦めない芯の強さを持つジャヨンを「グエムル-漢江の怪物-」「スノーピアサー」のコ・アソンが、ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌ユナを「小公女」「ハッピーログイン」のイ・ソムが、数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部の心優しき天才シム・ボラムを「スウィング・キッズ」「あなた、そこにいてくれますか」のパク・ヘスが演じている。

大企業の不正に立ち向かう3人の女性社員 取り巻く曲者たち 「サムジンカンパニー1995」キャラ映像

【作品情報】 
サムジンカンパニー1995
2021年7月9日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
配給:ツイン
© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

サムジンカンパニー1995
  • 作品

サムジンカンパニー1995

「サムジンカンパニー1995」某企業の汚水流失事件などの実話を元にした作品。19・・・95年のソウルを舞台に、大企業に勤める高卒女性社員3人組が、会社の工場から汚染水が流出しているのを目撃。証拠を隠蔽しようとする会社を相手に、解雇の危険を顧みず力を合わせて真相解明に向けて立ち上がる姿を描く。    時には弱気になりながらも真・・・
新着コンテンツ