井上祐貴が同窓会で暴きたいことは恋愛模様 木下彩音は相関図描きたい 「Bittersand」出演

映画スクエア

井上祐貴が同窓会で暴きたいことは恋愛模様 木下彩音は相関図描きたい 「Bittersand」出演

「Bittersand」の写真をもっと見る

 6月25日より劇場公開される、井上祐貴、萩原利久、木下彩音の若手俳優が共演する映画「Bittersand」から、高校の同窓会で7年前の事件の真相を暴くストーリーにちなみ、同窓会で暴きたい真相について、井上、萩原、木下が語った。

 本作では、悪意を持った何者かが高校の教室の黒板に相関図を描いたことがきっかけで人生が暗転した絵莉子と暁人(井上祐貴)が、井葉(萩原利久)の助けを借りて、7年後の同窓会で相関図事件の真相を暴く。

 暁人を演じた井上祐貴は、同窓会で「僕の親友にあの時良い感じだった女の子とは結局付き合えたのか?を確認したいです。あとは、やっぱり自分の事を好きな女の子はいたのか?は気になりますね(笑)」と、誰もが気になる恋愛事情についての真相を暴きたいと語る。一方で、暁人と高校時代からの親友・井葉を演じた萩原は、「(同窓会で)明らかにしたい真相は特にないですが、もし自分の知らないことを今さら知ったらすごく過去に戻りたくなる気がするので良いことも悪いことも知りたくないです(笑)」と、7年たっても高校時代と変わらない劇中の井葉とは異なる大人な回答を見せている。

 目を覆いたくなるような相関図を描かれた絵莉子を演じた木下は、「私自身は友達と隠し事などするタイプではなかったので、もしかしたら自分の知らないところで起きていたことなどのみんなの暴露話を聞く会などをしてみたいですね。それをわかりやすく相関図にしてみてみんなであれやこれや思い出話などしてみたいです」と、本作で自身が演じた役を苦しめた相関図を描きたいと明かした。

 「Bittersand」は、高校時代に誰かが黒板に書いた男女の相関図によって誹謗中傷の的となったことで日常が暗転した暁人(井上祐貴)と絵莉子(木下彩音)の2人と、7年後に再会した2人を助ける井葉(萩原利久)を描いた作品。暁人は、自分と絵莉子のために、同窓会の場で相関図事件の真相を暴こうとする。次世代の若手俳優が出演し、「ステップ」などで助監督を務めた杉岡知哉がメガホンを取る。

【作品情報】
Bittersand
2021年6月25日(金)シネ・リーブル池袋、UPLINK 吉祥寺他、全国順次公開 
配給:ラビットハウス
©Bittersand 制作委員会 

Bittersand
  • 作品

Bittersand

「Bittersand」は、高校時代に誰かが黒板に書いた男女の相関図によって誹謗・・・中傷の的となったことで日常が暗転した暁人(井上祐貴)と絵莉子(木下彩音)の2人と、7年後に再会した2人を助ける井葉(萩原利久)を描いた作品。暁人は、自分と絵莉子のために、記憶を塗り替えようとする。次世代の若手俳優が出演し、「ステップ」などで・・・
新着コンテンツ