山田杏奈、作間龍斗への片思いが暴走 「私のものになってくれないなら、嫌いでいい」 「ひらいて」特報

映画スクエア

 10月に劇場公開される、高校生による禁断の三角関係を描いた映画「ひらいて」の、特報とティザービジュアルが公開された。

 公開された特報では、高校生の主人公の木村愛(山田杏奈)が、1年生の時からずっと同級生の西村たとえ(作間龍斗)を思い続けている様子が描かれる。授業中にたとえの背中に熱い視線を送り、ノートや教科書の中にある“たとえ”の文字を指でなぞってしまうほど、たとえへの気持ちが加速していく愛。しかしそんな愛はある日、たとえに秘密の恋人・新藤美雪(芋生悠)がいることを知る。愛の恋心は暴走し始め、たとえと美雪の関係を壊そうとたくらむことが描き出されている。最後は、「私のものになってくれないなら、嫌いでいい」と訴える愛の言葉が響く。

 あわせて公開されたティザービジュアルは3種類。愛、たとえ、美雪の3人の、哀愁漂う表情が切り取られている。それぞれのビジュアルには、「“たとえ”が好きー。」、「彼には〈秘密の恋人〉がいたー。」、「すべて手に入れたかった。だから、彼の恋人に近づいたー。」と、愛の心情を表すコピーが添えられている。

 「ひらいて」は、高校生による禁断の三角関係を描いた、芥川賞作家の綿矢りさによる同名小説を映画化した作品。山田杏奈演じる主人公・木村愛の、エキセントリックでありながらも切実な純愛が描かれる。愛が思いを寄せる西村たとえを作間龍斗が、たとえの秘密の恋人・新藤美雪を芋生悠が演じる。ほかにも、板谷由夏、萩原聖人らが出演している。

山田杏奈、作間龍斗への片思いが暴走 「私のものになってくれないなら、嫌いでいい」 「ひらいて」特報

山田杏奈、作間龍斗への片思いが暴走 「私のものになってくれないなら、嫌いでいい」 「ひらいて」特報

山田杏奈、作間龍斗への片思いが暴走 「私のものになってくれないなら、嫌いでいい」 「ひらいて」特報

【作品情報】
ひらいて
2021年10月 全国ロードショー
配給:ショウゲート
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会

ひらいて
  • 作品

ひらいて

公開年
2021年
製作国
日本
監督
首藤凜
出演
山田杏奈、作間龍斗、芋生悠、板谷由夏、田中美佐子、萩原聖人、山本浩司、河井青葉
新着コンテンツ