20歳の新鋭スザンヌ・ランドン脚本・監督・主演 思春期の少女の内面描く「スザンヌ、16歳」公開決定

映画スクエア

20歳の新鋭スザンヌ・ランドン脚本・監督・主演 思春期の少女の内面描く「スザンヌ、16歳」公開決定

 20歳の新鋭スザンヌ・ランドンが脚本、監督、主演を務め、2020年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに認定されたフランス映画「スザンヌ、16歳」が、8月21日より劇場公開されることが決まった。

 スザンヌ・ランドンは、フランスの俳優であるヴァンサン・ランドンとサンドリーヌ・キベルランの長女として生まれ、15歳で本作の脚本を執筆。自身の内側に抱えていた誰にも打ち明けられない思春期ならではの憂うつや恋愛への憧れを、16歳の少女が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語として完成させた。高校卒業後にフランスで最も権威のある芸術学校の一つ、国立高等装飾美術学校に入学したスザンヌは、脚本を元に映画制作に着手。主人公の少女を自ら演じ、複雑で不安定な思春期の少女の内面を体現した。

 完成した本作は、2020年カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに認定されたあと、世界各地の主要な映画祭で上映される評価を受けている。

【作品情報】
スザンヌ、16歳
2021年8月21日(土)より渋谷ユーロスペースほか
配給:エスピーオー、フィルモット
© 2020 FiLMOSA Production All rights

  • 作品

スザンヌ、16歳

公開年 2020年
製作国 フランス
監督  スザンヌ・ランドン
出演  スザンヌ・ランドン、アルノー・ヴァロワ、フレデリック・ピエロ、フロランス・ヴィアラ
新着コンテンツ