TikTokクリエイター・しんのすけ 「いのちの停車場」解説 「僕らが何ができるかすごく考えやすい」

映画スクエア

 吉永小百合主演の医療ドラマ映画「いのちの停車場」が、5月21日より劇場公開される。このたび、映画感想TikTokクリエイター・しんのすけによる解説特別映像が公開された。

 特別映像では、若い世代から高い人気を得ており、「TikTok TOHO Film Festival 2021」の審査員も務めるTikTokクリエイターのしんのすけが、若者にとって難しく重い作品と思われがちな本作について、魅力をわかりやすく解説している。

 訪問医療を通して、さまざまな患者・家族とのエピソードが描かれる本作を「全世代、あらゆる世代、自分に引っかかるところが絶対にある。共感部分がすごく多い」と語り、「しかも予想を裏切られるところがある。普通のようで実はすごく普通じゃない、すごく不思議な映画、誰でも優しいと感じられる映画」と解説している。さらに、吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが演じるまほろば診療所メンバーの「前向きにさせるような接し方に、僕らが何ができるかすごく考えやすい」と述べ、悩める若い世代に対して「答えの1つが絶対にこの作品にはある」とメッセージを贈っている。

 「いのちの停車場」は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師で作家でもある南杏子の同名小説を原作とした作品。「在宅医療」に携わる医者・患者やその家族たちを通して、「いのち」「愛」、そして“いまを生きていく”家族たちの願いを描き出す。吉永小百合が在宅医療専門医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始める白石咲和子を演じるほか、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行らが出演。「八日目の蝉」などの成島出監督がメガホンを取っている。

TikTokクリエイター・しんのすけ 「いのちの停車場」解説 「僕らが何ができるかすごく考えやすい」

【作品情報】
いのちの停車場
2021年5月21日全国ロードショー
©2021「いのちの停車場」製作委員会

いのちの停車場
  • 作品

いのちの停車場

「いのちの停車場」は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師で作家でもある南・・・杏子の同名小説を原作とした作品。「在宅医療」に携わる医者・患者やその家族たちを通して、「いのち」「愛」、そして“いまを生きていく”家族たちの願いを描き出す。吉永小百合が在宅医療専門医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始める白石咲和子・・・
新着コンテンツ