赤いサーブで海辺を走る西島秀俊と三浦透子 「ドライブ・マイ・カー」映像初公開

映画スクエア

 村上春樹の短編を濱口竜介監督が映画化した「ドライブ・マイ・カー」から、映像初お目見えとなる30秒予告が公開された。

 公開された30秒予告映像では、最愛の妻・音(霧島れいか)との幸せに見える夫婦生活から一転、妻を失って喪失感を抱えている家福(西島秀俊)と、ある過去をもつ専属ドライバーのみさき(三浦透子)が、家福の愛車である真っ赤なサーブで海辺を走るシーンが映し出され、ロードムービーとして一面を持つことが描き出されている。「あの車が好きです。とても大事にされているのが分かるので」と家福の心に寄り添う言葉を口にするみさきの姿も描かれる一方で、かつて音と交流があったことを語る俳優の高槻(岡田将生)も登場する。

 「ドライブ・マイ・カー」は、愛車サーブを通して出会った、妻を失った喪失感のなかで生きる舞台俳優の家福と、寡黙な専属ドライバーみさきの孤独な2人が、一筋の希望にたどり着くまでを描いた作品。商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「寝ても覚めても」などを手掛けてきた濱口竜介が、村上春樹の同名短編小説にほれ込み、監督・脚本を務めている。西島秀俊が主演し、三浦透子、岡田将生、霧島れいからが顔をそろえている。

赤いサーブで海辺を走る西島秀俊と三浦透子 「ドライブ・マイ・カー」映像初公開

【作品情報】
ドライブ・マイ・カー
2021年夏、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド
©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

ドライブ・マイ・カー
  • 作品

ドライブ・マイ・カー

「ドライブ・マイ・カー」は、愛車サーブを通して出会った、妻を失った喪失感のなかで・・・生きる舞台俳優の家福と、寡黙な専属ドライバーみさきの孤独な2人が、一筋の希望にたどり着くまでを描いた作品。商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「寝ても覚めても」などを手掛けてきた濱口竜介が、村上春樹の・・・
新着コンテンツ