日本語を話す宇宙怪人も登場 残虐宇宙人と地球の少女の遭遇描く 「サイコ・ゴアマン」予告編

映画スクエア

「サイコ・ゴアマン」の写真をもっと見る

 7月30日より劇場公開される、カナダ発の”SFゴアスプラッターヒーローアドベンチャー”映画「サイコ・ゴアマン」の、予告編が公開された。

 公開された予告編では、宇宙の果てにあるガイガックスという惑星に、“名前のない悪魔”が君臨したと告げる場面から始まる。溶岩のように黒くゴツゴツとした姿の悪魔は、簡単に地球を破壊できるほどの特殊な能力を持つ恐ろしい残虐宇宙人であることが明らかになる。だが、残虐宇宙人を操ることができる謎の宝石を、地球の勝ち気な”極悪少女”が偶然手にしてしまったことから、”宇宙と近所”で起こる大スペクタル冒険劇が展開されることが描かれる。

 「スーパー戦隊」シリーズや「仮面ライダー」などの日本の特撮から影響を受けていることを公言しているコスタンスキ監督らしい内容となっており、スーツアクターによる個性豊かな宇宙怪人たちに加え、日本語を話すキャラクターも登場する。最後には昭和特撮映画をイメージした公開・前売り情報が表示される。

 「サイコ・ゴアマン」は、少女ミミ(8歳)と兄ルーク(10歳)が残虐宇宙人をよみがえらせてしまう物語。光る謎の宝石をミミが手にしたため、残虐宇宙人はミミに絶対服従せざるを得なくなる。監督を務めるのは、「マンボーグ」「ザ・ヴォイド 変異世界」などのスティーヴン・コスタンスキ。コスタンスキ監督は「もし自分にコントロールできるモンスターがいたら?」という自身が幼少期に思い描いた夢を、子ども向けのテイストとスプラッターの組み合わせで映画化した。

日本語を話す宇宙怪人も登場 残虐宇宙人と地球の少女の遭遇描く 「サイコ・ゴアマン」予告編

【作品情報】
サイコ・ゴアマン
2021年7月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
配給:アンプラグド
© 2020 Crazy Ball Inc.

サイコ・ゴアマン
  • 作品

サイコ・ゴアマン

公開年
2020年
製作国
カナダ
監督
スティーヴン・コスタンスキ
出演
ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー
新着コンテンツ