敵にしてはいけない男=リーアム・ニーソンと戦う捜査官 「ファイナル・プラン」J・コートニー場面写真

映画スクエア

敵にしてはいけない男=リーアム・ニーソンと戦う捜査官 「ファイナル・プラン」J・コートニー場面写真

 7月16日より劇場公開される映画「ファイナル・プラン」から、”決して敵に回してはいけない男”リーアム・ニーソン演じる伝説の爆破強盗と敵対するFBI捜査官を演じたジェイ・コートニーの場面写真が公開された。

 ジェイ・コートニーが演じるのは、自首した爆破強盗カーター(リーアム・ニーソン)をワナにはめようとする冷酷なFBI捜査官のジョン・ニベンス。保管されていた証拠品である札束の横領を画策する悪徳ぶりを見せる。

 今回公開された場面写真は、目を見開いて今にも引き金を引きそうな瞬間を切り取ったものや、割れたフロントガラスから身を乗り出し鬼の形相で銃を構えるシーン、病院に忍び込んだ時の姿が切り取られている。

 「アウトロー」でトム・クルーズと激闘を繰り広げた悪役チャーリーで名を知られるようになったジェイ・コートニー。その後は、数々のアクション映画で活躍し、近年では「スーサイド・スクワッド」でキャプテン・ブーメラン役を演じている。ジェイは本作を「初心になって自身のルーツに立ち戻れるような作品」と語っている。本作のプロデューサーは「ジェイが悪人の顔に変わると、みんなは一歩下がった。彼が銃を構えて、怪物のように撃つのを見ていた。我々は目が釘付けになって、ずっと息をのんでいたよ」と振り返っている。

 「ファイナル・プラン」は、過去を償い愛する女性とともにするためFBIに自首をした伝説の爆破強盗による、金を奪った上に愛する女性に危害を加えたFBI捜査官への、最後の復讐計画=ファイナル・プランを描いた作品。爆破強盗のカーターを演じるのは、「シンドラーのリスト」や「96時間」シリーズなどのリーアム・ニーソン。カーターの妻をテレビドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」などのケイト・ウォルシュが、敵対するFBI捜査官には「スーサイド・スクワッド」などのアクション映画で活躍するジェイ・コートニーと「イン・ザ・ハイツ」のアンソニー・ラモスが演じる。

敵にしてはいけない男=リーアム・ニーソンと戦う捜査官 「ファイナル・プラン」J・コートニー場面写真

敵にしてはいけない男=リーアム・ニーソンと戦う捜査官 「ファイナル・プラン」J・コートニー場面写真

【作品情報】
ファイナル・プラン
2021年7月16日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2019 Honest Thief Productions, LLC

ファイナル・プラン
  • 作品

ファイナル・プラン

公開年
2020年
製作国
アメリカ
監督
マーク・ウィリアムズ
出演
リーアム・ニーソン、ケイト・ウォルシュ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイ・コートニー
新着コンテンツ