塚地武雅、母・加賀まりこに「本当に母のような存在」 本物の親子のような「梅切らぬバカ」場面写真

映画スクエア

塚地武雅、母・加賀まりこに「本当に母のような存在」 本物の親子のような「梅切らぬバカ」場面写真

「梅切らぬバカ」の写真をもっと見る

 11月12日より劇場公開される、加賀まりこが塚地武雅と初共演する54年ぶりの主演映画「梅切らぬバカ」の、新たな場面写真が公開された。公開された場面写真では、ぬいぐるみを抱きしめる忠男(塚地武雅)と、そんな息子を温かい笑顔で見つめる母・珠子(加賀まりこ)の姿が切り取られている。

 2人の何気ない日常の尊さが描かれる本作。一足先に鑑賞した人々から「本物の親子のようだ」の声が挙がっている。加賀は初共演となった塚地との芝居や撮影現場でのやり取りについて、“あ・うん”だったと振り返っている。塚地も「最初はめちゃくちゃ緊張していたのですが、加賀さんは優しく頼りになる本当に母のような存在でした。加賀さんに身を預けていたら親子になれました」と語っている。

 「梅切らぬバカ」は、老いた母親と自閉症の息子が、地域コミュニティとの交流を通じ、自立の道を模索する姿を描いた作品。障害者への偏見や無意識の差別などの問題に正面から向き合いながら、母と子の揺るぎない絆、共生への希望、日常の尊さなどを描いた作品となっている。地域社会と距離を置きながら古民家でひっそりと暮らす珠子を演じるのは、「濡れた逢びき」以来54年ぶりの主演作となる加賀まりこ。珠子の息子で自閉症の忠男役は、「間宮兄弟」「キサラギ」などの塚地武雅(ドランクドラゴン)が務める。他に、渡辺いっけい、森口瑤子、斎藤汰鷹らが出演している。

【作品情報】
梅切らぬバカ
2021年11月12日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

  • 作品

梅切らぬバカ

公開年 2021年
製作国 日本
監督  和島香太郎
出演  加賀まりこ、塚地武雅、渡辺いっけい、森口瑤子、斎藤汰鷹、林家正蔵、高島礼子
新着コンテンツ