「キャンディマン」 衝撃のラストを観たら、続きにも期待せずにはいられない! 【飯塚克味のホラー道】

映画スクエア

「キャンディマン」 衝撃のラストを観たら、続きにも期待せずにはいられない! 【飯塚克味のホラー道】

飯塚克味のホラー道 第6回「キャンディマン」

 『ゲット・アウト』『アス』で大ヒットを飛ばし、ホラー映画界に新風を吹き込んだジョーダン・ピールの新作がやってくる。今回は、監督はせず、製作・共同脚本という立ち位置だが、それでも完成度の高い作品に仕上げてしまうあたりは、さすがという他ないだろう。その新作とは『キャンディマン』。1992年に公開されたクライブ・バーカー原作・製作総指揮、バーナード・ローズ監督によるスタイリッシュホラーがベースとなっている。

 女子大学院生ヘレンが、鏡に向かって名前を5回唱えると現れるキャンディマンの伝説を調べていると、鉤手を付けたキャンディマンが本当に出現し、彼女の周囲の人々を次々と惨殺していく、というのが92年版の内容だ。ヘレンのエピソードは、今回の新作でも影絵と言う形で表現され、その内容がやや歪曲されて伝わっている点もなかなか興味深いところ。

 今回、舞台となるのはシカゴに実在した公営住宅地区カブリーニ=グリーン。92年版でも舞台となったが、その後、高級住宅街に生まれ変わっていて、そこに立つ高層マンションに暮らすアーティストが主人公になっている。若くして有名になり、悠々自適な暮らしを送るアンソニー・マッコイは次回作のテーマについて悩んでいた。その時、友人から地元の都市伝説を聞き、調査を始め、キャンディマンの存在にぶち当たるというのが、今回の話だ。

 キャンディマンのバックボーンは、こうだ。19世紀、白人女性と恋に落ちた黒人画家が、白人たちにリンチされ片腕を切り落とされた上に、ハチミツを塗りたくられ、蜂の群れの中に放たれ、焼き殺され、亡霊と化したという設定。92年版ではキャンディマンがかつて恋した女性と、ヒロインのヘレン(ヴァージニア・マドセン)が似ていることから、ラブストーリー的な側面もあったのだが、今回どのようなアプローチを見せているのかも、是非注目してほしい。

 ジョーダン・ピールは13歳の時に、92年版を観て、黒人のホラーキャラクターにカタルシスを感じたとのこと。製作のパートナーを務めるイアン・クーパーは彼と育ち、ジョーダン・ピールの膨大なVHSコレクションの中から、『キャンディマン』を一緒に繰り返し観たそうで、そうした思い出が今回の新作を発展型の映画にしているとも言えるのではないだろうか。

 また鏡に名前を5回唱えるという設定をうまく活かしたオープニングにも心憎い演出が仕掛けられている。映画スタジオのロゴが全て反転して表示されるのだ。これは観客が座る座席側が鏡の向こう側になっているという意味であり、キャンディマンの視点で映画を見始めるという風に取って間違いないだろう。

 ジョーダン・ピールの名前があったことも影響してか、コロナ禍でも全米では6000万ドルの大ヒット。この手のホラー作品としては大成功となり、監督のニア・ダコスタは次回作が『キャプテン・マーベル』の続編『The Marvels』(2022年全米公開予定)に決定しているそうだ。92年版の『キャンディマン』は2本の続編を生んだ。今回の新作がシリーズ化されるかは不明だが、衝撃のラストを観たら、続きにも期待せずにはいられないはずだ。そして92年版との関連性も気になるのは間違いないので、未見の方は後からチェックするのもいいだろう。まずは是非、劇場で新しく生まれ変わった『キャンディマン』を楽しんでもらいたい!

関連記事:2021年劇場公開 最新おすすめホラー映画はこれだ! 【飯塚克味のホラー道】


「キャンディマン」 衝撃のラストを観たら、続きにも期待せずにはいられない! 【飯塚克味のホラー道】

飯塚克味(いいづかかつみ)
番組ディレクター・映画&DVDライター
1985年、大学1年生の時に出会った東京国際ファンタスティック映画祭に感化され、2回目からは記録ビデオスタッフとして映画祭に参加。その後、ドキュメンタリー制作会社勤務などを経て、現在はWOWOWの『最新映画情報 週刊Hollywood Express』(毎週土曜日放送)の演出を担当する。またホームシアター愛好家でもあり、映画ソフトの紹介記事も多数執筆。『週刊SPA!』ではDVDの特典紹介を担当していた。現在は『DVD&動画配信でーた』に毎月執筆中。TBSラジオの『アフター6ジャンクション』にも不定期で出演し、お勧めの映像ソフトの紹介をしている。


■作品情報
キャンディマン
2021年10月15日(金)全国公開
配給:東宝東和
© 2021 Universal Pictures

  • 作品

キャンディマン

公開年 2021年
製作国 アメリカ
監督  ニア・ダコスタ
出演  ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、テヨナ・パリス、ヴァネッサ・ウィリアムズ
新着コンテンツ