板垣瑞生、山之内すず、茅島みずき、永瀬莉子ら フレッシュな顔ぶれそろう 「藍に響け」追加キャスト発表

映画スクエア

板垣瑞生、山之内すず、茅島みずき、永瀬莉子ら フレッシュな顔ぶれそろう 「藍に響け」追加キャスト発表
上段(左から):永瀬莉子、板垣瑞生、小西桜子、山之内すず 下段(左から):茅島みずき、吉田凜音、川津明日香、山本亜依

 紺野彩夏と久保田紗友がダブル主演を務める青春映画「藍に響け」(5月21日劇場公開)の追加キャストが発表された。あわせて、特報映像も公開された。

 追加キャストとして発表されたのは、永瀬莉子、板垣瑞生、小西桜子、山之内すず、茅島みずき、吉田凜音、川津明日香、山本亜依の、いずれも人気急上昇中の8人。本作が映画主演デビューとなる紺野彩夏と、現在はTBSドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演中の久保田紗友に加え、次世代の日本映画を担うフレッシュな顔ぶれがそろった。

 あわせて公開された特報映像では、繊細なピアノ曲が流れる中、海辺に落ちていた木の枝を神妙な面持ちで大きく振りかざす、紺野演じる松沢環を捉えた場面から始まる。その後、久保田紗友演じる新島マリアたち女子高生らがランニングする姿や礼拝堂で祈りを捧げる姿などが描かれる。そして、音の振動により起きた水の波紋が映し出される場面で終わる。

 「藍に響け」は、ミッション系のお嬢様女子高を舞台に、父の会社が倒産して裕福な生活が一変してしまった松沢環(紺野彩夏)と、交通事故で声帯を損傷して言葉を発することができない同級生の新島マリア(久保田紗友)の2人が、和太鼓部の活動を通して共に成長していく姿を描いた作品。すたひろの漫画「和太鼓†ガールズ」を原作にしたオリジナル作品となっている。

<追加キャスト>

■永瀬莉子
現役セブンティーンモデルで、Abema TV「17.3 about a sex」にて3度目の主演を務めるなど、女優・モデルとして多方面で活躍中。

■板垣瑞生
NHK連続テレビ小説「エール」、ドラマ「社内マリッジハニー」などに出演。若い女性を中心に人気を集める。

■小西桜子
三池崇史監督「初恋」(19)でヒロインを務め、同作にて第42回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞。2020年は10作品以上のドラマ・映画に出演。

■山之内すず
2020年の「Yahoo!検索大賞」「Twitterトレンド大賞」に選出。テレビ番組にも多く出演。

■茅島みずき
人気女優の登竜門として名高いポカリスエットのCMヒロインに抜擢され、その後も狩山俊輔監督「青くて痛くて脆い」に出演、現在放送中のNHKよるドラ「ここは今から倫理です。」にも出演中。

■吉田凜音
昨年はMBS「荒ぶる季節の乙女どもよ。」に出演し、待機作としてPFFスカラシップ作品「猫と塩、または砂糖」がある。アーティスト・女優と幅広く活躍。

■川津明日香
「仮面ライダーセイバー」のヒロインとして親しまれ、週刊プレイボーイのグラジャパアワード2020最優秀新人賞を受賞するなど、女優だけでなくグラビアアイドルとしても活躍。

■山本亜依
三宅唱監督「きみの鳥はうたえる」出演。、ミッシェル・オスロ監督「ディリリとパリの時間旅行」では声優も務めた。

藍に響け
2021年5月21日(金)より新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国順次公開
配給:アンプラグド
©︎すたひろ/双葉社 ©︎2021「藍に響け」製作委員会

新着コンテンツ