海辺の家族たち

海辺の家族たち
公開年
2016年
製作国
フランス
監督
ロベール・ゲディギャン
出演
アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイラン
「海辺の家族たち」は、父との最期の日々を過ごすため、かつての別荘地のにぎわいを失ったマルセイユ近郊の海辺の家に集まった3人の子どもたちが、過去にとらわれて絆を見失い、明日へと踏み出せない中、漂着した難民の子どもたちとの出会いによって人生を変えていく物語。自身が生まれ育ったマルセイユを舞台に、労働者階級や移民など社会的弱者の人生を温かなまなざしで見つめ続け、「フランスのケン・ローチ」と評されるロベール・ゲディギャンが、監督を務めている。

2021年5月14日(金) キノシネマみなとみらい・立川・天神 ほか全国順次公開
配給:キノシネマ
© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016
ニュース 海辺の家族たち

監督の地元フランス・マルセイユの美しい光景 映画「海辺の家族たち」場面写真公開

「海辺の家族たち」の写真をもっと見る  ロベール・ゲディギャン監督作「海辺・・・の家族たち」から、場面写真が公開となった。  公開された場面写真は、ロベール・ゲディギャン監督の地元であり、映画の舞台となるフランス・マルセイユの美しい入り江沿いにある小さな町で暮らす人々の様子が切り取られている。海辺でタコを手に持ちなが・・・
ニュース 海辺の家族たち

父との最期の日々を過ごす3人の子 難民の子供との出会いが人生を変える 「海辺の家族たち」公開決定

 ロベール・ゲディギャン監督作「海辺の家族たち」が、5月14日に劇場公開され・・・ることが決まった。あわせて予告編が公開となった。  「海辺の家族たち」は、父との最期の日々を過ごすため、かつての別荘地のにぎわいを失ったマルセイユ近郊の海辺の家に集まった3人の子どもたちが、過去にとらわれて絆を見失い、明日へと踏み出せない・・・

パリに暮らす人気女優のアンジェルは、20年ぶりにマルセイユ近郊の故郷へと帰って来る。家業である小さなレストランを継いだ上の兄のアルマンと、最近リストラされて若い婚約者に捨てられそうな下の兄のジョゼフが迎えてくれる。兄妹3人が集まったのは、父が突然倒れたため。意識はあるもののコミュニケーションが取れなくなった父と、家族の思い出の詰まった海辺の家をどうするのか、話し合うべきことはたくさんある。だが、それぞれが胸に秘めた過去が、ひとつひとつあらわになっていく。昔なじみの町の人々も巻き込んで、家族の絆が崩れそうになったその時、兄妹は入り江に漂着した3人の難民の子供たちを発見する。
新着コンテンツ