森に囲まれた家でひとり暮らしをする老女エドナが突然姿を消す。娘のケイと孫のサムが急いで向かうと、誰もいない家には、彼女が認知症に苦しんでいた痕跡がたくさん見受けられる。そして2人の心配が頂点に達した頃、突然エドナが帰宅する。だが、その様子は、まるで知らない別の何かに変貌してしまったかのようにどこかおかしい。サムは母とともに、愛する祖母の本当の姿を取り戻そうと動き出すが、変わり果てたエドナと彼女の家に隠された暗い秘密が、2人を恐怖の渦へと飲み込んでゆく。

新着コンテンツ