かつては直木賞も受賞した天才小説家の津田伸一。津田はとあるバーで担当編集者の鳥飼なほみに、書き途中の新作小説を読ませる。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。「大量の偽札」 「囲いを出たハト」 「一家失踪事件」 「裏社会のドン」などが描かれた小説に、鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか検証を始める。そこには驚愕の真実が待ち受けている。

新着コンテンツ