緑の牢獄

緑の牢獄
公開年
2021年
製作国
日本、台湾、フランス
監督
黄インイク
出演
「緑の牢獄」は、沖縄を拠点に活動する黄インイク監督が7年の歳月を費やした作品で、企画段階でベルリン国際映画祭、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭などの企画部門に入選。前作「海の彼方」に続き、台湾から八重山諸島に渡った人々と、彼らの現在を独自の視点から描き出している。本作では、長年に渡る記録映像や歴史アーカイブに加え、夢や記憶のパートでは再現ドラマを駆使して一人の人間を多角的に描き出している。


2021年3月27日(土)より、沖縄・桜坂劇場を皮切りに東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場をはじめ全国ロードショー

配給:ムーリンプロダクション、シグロ

© 2021 Moolin Films, Ltd. & Moolin Production, Co., Ltd.
ニュース 緑の牢獄

西表島に眠る過去に光 作品の価値や制作秘話を語る ドキュメンタリー映画「緑の牢獄」特別対談

「緑の牢獄」の写真をもっと見る  沖縄県西表島に住む90歳の女性と、女性の・・・過去の記憶を追ったドキュメンタリー映画「緑の牢獄」が、3月27日の沖縄・桜坂劇場を皮切りに全国公開される。公開を前に、23日に都内で、黄インイク監督、「なぜ台湾は新型コロナウィルスを防げたのか」を昨年出版したジャーナリストの野嶋剛氏、ドキュ・・・
ニュース 緑の牢獄

植民地時代の台湾から西表島に移住した90歳の女性と過去の記憶を追う ドキュメンタリー映画「緑の牢獄」

「緑の牢獄」の写真をもっと見る  沖縄県西表島に住む90歳の女性と、過去の・・・記憶を追ったドキュメンタリー映画「緑の牢獄」が、3月27日の沖縄・桜坂劇場を皮切りに、東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場などで全国公開されることが決まった。  「緑の牢獄」で焦点が当てられるのは、沖縄県西表島に住む90歳の女性・橋間・・・
新着コンテンツ