レナードの朝 名シーン紹介

重要な部分に触れている場合があります。

シーン1 レナードの朝

ボールをキャッチするルーシー

1969年、ブルックリン。マルコム・セイヤー医師が、慢性神経病患者専門の病院に赴・・・任する。研究が専門で人付き合いが苦手なセイヤーは慣れない臨床に苦労するが、看護師のエレノアが励ます。病院には、四肢が硬直し、呼びかけにも応じない患者が多くいる。セイヤーは、新しく入院した患者のルーシーを診察する。 目の前でメガネを落とすと・・・
シーン2 レナードの朝

レナードの目覚め

パーキンソン病の新薬であるLドーパの存在を知ったセイヤーは、嗜眠性脳炎の患者たち・・・への効果を期待する。上司のカウフマン医師から1人だけへの投与を認めてもらったセイヤーは、レナードの母親から同意のサインをもらう。薬を投与されたレナードになかなか効果が現れないため、セイヤーは投与量を増やす。 ある夜、レナードのベッドの脇で・・・
シーン3 レナードの朝

病院のスタッフからの寄付

パーキンソン病の新薬であるLドーパの存在を知ったセイヤーは、Lドーパをレナードに・・・試験的に投与する。回復したレナードに、セイヤーも、病院の職員も、セイヤーの母親も驚く。レナードは、30年も眠っていたために自分の外見が年を重ねたことに戸惑う。セイヤーはレナードを町へと連れ出す。音楽も、乗り物も、服装も変わったことに、レナー・・・
シーン4 レナードの朝

目覚めた患者たち

パーキンソン病の新薬であるLドーパを投与されたレナードが回復する。セイヤーは、患・・・者全員へのLドーパの投薬を上司のカウフマン医師に求める。費用から難色を示すカウフマンだったが、看護師や職員から投薬のための寄付を受けたこともあり、後援者にセイヤーが説明をする場が設けられる。セイヤーは、かつてのレナードの映像と回復したレナー・・・
シーン5 レナードの朝

人生の素晴らしさを興奮して語るレナード

レナードをはじめとする嗜眠性脳炎の患者たちが、セイヤー医師によるLドーパの投与に・・・よって回復する。回復した患者たちは、セイヤーに連れられて外出し、ダンスホールで楽しい時間を過ごす。レナードは、病院に父の見舞いに来たポーラのことが気になり、食堂でポーラと話をする。話しかけても反応のないというポーラの父の話を聞いたレナードは・・・
シーン6 レナードの朝

レナードの要望とけいれん

Lドーパによって回復したレナードは、病院に父の見舞いに来たポーラのことが気になり・・・、食堂でポーラと話をする。ある夜、深夜にも関わらず、人生や生きることの素晴らしさを多くの人々に伝えたいとセイヤーに熱弁を振るうレナード。その話をセイヤーから聞いた薬剤師は、レナードが恋をしている可能性を指摘する。 ある日、レナードは理事会・・・
シーン7 レナードの朝

けいれんがひどくなるレナード

嗜眠性脳炎から回復したレナードは、理事会に要望を伝える。要望とは、1人で自由に外・・・出する権利だった。理事会のあと、セイヤーはレナードに要望が否決されたことを伝え、レナードは失望する。怒ったレナードは強引に外に出ようとして連れ戻される。レナードは、他の患者を扇動して、ハンガー・ストライキを始める。 セイヤーがレナードの説・・・
シーン8 レナードの朝

けいれんするレナードと不安がる患者たち

1人での外出の要望を受け入れてもらえなかったレナードは、他の患者を扇動してハンガ・・・ー・ストライキを始める。レナードのけいれんは悪化していく。セイヤーが説得に行くが、レナードはセイヤーを突き飛ばす。その後、けいれんがどんどんひどくなったレナードはついに動けなくなる。様子を見に来たセイヤーは、うずくまって動けなくなったレナー・・・
シーン9 レナードの朝

レナードとポーラのダンス

一時は回復したレナードだったが、再び病状が悪化していく。けいれんが止まらないレナ・・・ードの様子を見た嗜眠性脳炎の患者たちは、自分もレナードのように戻ってしまうと不安がる。病状はどんどん悪化していくレナードだったが、研究のために自分の姿を映像で記録するようにセイヤーに話す。また、レナードの母は、レナードへの助けをセイヤーたち・・・
シーン10 レナードの朝

エレノアをコーヒーに誘うセイヤー

レナードと嗜眠性脳炎の患者たちがLドーパの投与によって回復した夏が終わる。レナー・・・ドも他の患者たちもみんな元に戻ってしまう。回復した時に撮影されたレナードや自分の映像を見ながら、セイヤーは無力感を語る。そんなセイヤーに対し、エレノアは肩に手を乗せて励ます。映像では、レナードとセイヤーが笑顔で握手をしている。 冬となり、・・・
新着コンテンツ