ベイマックス

重要な部分に触れている場合があります。

ベイマックス
公開年
2014年
製作国
アメリカ
監督
ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
出演
(声)ライアン・ポッター、スコット・アドシット、ダニエル・ヘニー、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン
「ベイマックス」は、通算54作目となるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによる長編アニメーション映画である。マーベル・コミックの「ビッグ・ヒーロー・シックス」を原作としているが、名前、設定など多く部分が変更されている。

アカデミー長編アニメ賞を受賞するなどの評価を受けた。興行的にも大ヒットとなり、北米では2億2千万ドルを超える興行収入をあげて2014年の10位となり、世界では6億5千万ドルを超える興行収入をあげた。日本では、東京国際映画祭のオープニング映画としてプレミア上映され、短編アニメ「愛犬とごちそう」とともに一般公開された。91億円を超える興行収入となり、2015年の洋画の2位となった。

浜田ヒロ

サンフランソウキョウの路地裏で、浜田ヒロがロボット・ファイトで裏社会のボスであるヤマを倒す。ヤマの手下に暴行されそうになったヒロを兄のタダシが助けるが、2人とも警察につかまる。叔母で2人を育てているキャスが、警察に2人を迎えに行く。天才的な頭脳をロボット・ファイトに使っているヒロをもったいなく思っているタダシは、自分が通う大学の研究所に連れていき、ゴー・ゴー、ワサビ、ハニー・レモン、フレッドを紹介する。

  

火事

研究室でタダシは、自分が開発した看護ロボット「ベイマックス」をヒロに見せる。ヒロが「痛い」と言うと、ベイマックスはヒロの状態を測定し、適切な処置を施す。さらに、所長で著名な科学者であるロバート・キャラハン教授と会う。刺激を受けたヒロは大学に通いたいと考えるようになる。入学のためには、発表会で発明品を出品し、認められる必要がある。ヒロはガレージにこもる。発表会でヒロは、ヘッドセットをつけた人物の意のままに動かせる大量の超小型ロボットの「マイクロボット」をプレゼンをする。プレゼンを見たアリスター・クレイが購入を申し出るが、ヒロは断る。ヒロは大学入学を勝ち取る。会場から外に出たヒロとタダシは、研究所の火事に気づく。タダシはキャラハンを助けに建物の中に向かうが、爆発に巻き込まれて亡くなってしまう。

  

ベイマックス

ショックから立ち直れないヒロは、家にこもる。ロボットを足に落として「痛い!」と言ったヒロの声に反応して、タダシの部屋に置かれていたベイマックスが動き出す。ベイマックスは、ヒロのポケットに入れられていた1個だけ残ったマイクロボットが、どこかに向かいたがっていることに気づく。ベイマックスは、マイクロボットの向かいたがっている場所を突き止めようと外に出る。それを見たヒロが追いかける。
ベイマックス
シーン ベイマックス

ベイマックスの診断

慕っていた兄のタダシが大学の火事で亡くなってしまい、落ち込んだヒロは自宅に引きこ・・・もってしまう。タダシの友人であるフレッドたちが励ましのビデオメッセージを送ってくれるものの、ヒロはすぐに閉じてしまう。 そんなヒロがロボットを足に落として「痛い!」と叫ぶと、タダシの部屋に置かれていたケア・ロボット「ベイマックス」が起動さ・・・

  

ベイマックス
シーン ベイマックス

ベイマックスの診断

慕っていた兄のタダシが大学の火事で亡くなってしまい、落ち込んだヒロは自宅に引きこ・・・もってしまう。タダシの友人であるフレッドたちが励ましのビデオメッセージを送ってくれるものの、ヒロはすぐに閉じてしまう。 そんなヒロがロボットを足に落として「痛い!」と叫ぶと、タダシの部屋に置かれていたケア・ロボット「ベイマックス」が起動さ・・・
ベイマックス
シーン ベイマックス

空を飛ぶベイマックス

仮面の男が操るマイクロボットに襲われたヒロや仲間たちだったが、なんとか逃げ切って・・・フレッドの住む豪邸に向かう。仮面の男を追おうとするヒロだったが、自分たちをただのオタクだと考えているワサビやハニー・レモンは乗り気ではない。そんな仲間たちに、ヒロはそれぞれが得意とする研究分野を生かした装備を開発する。 さらにヒロは、ベイ・・・
人物 ベイマックス

ヒロ・ハマダ

俳優:ライアン・ポッター ヒロ・ハマダは、天才的な頭脳を持つ14歳の少年である、映画「ベイマックス」の登場・・・人物。3歳で両親を失い、兄のタダシとともに、サンフランシソウキョウで叔母のキャスに育てられている。学校の授業がつまらなく、ロボット・ファイト用のロボット開発などに才能を費やしている。 才能をムダにしていると考えたタダシに、タダシの通う大学・・・
人物 ベイマックス

ベイマックス

俳優:スコット・アドシット ベイマックスは、タダシ・ハマダが開発した看護用ケア・ロボットである、映画「ベイマ・・・ックス」の登場キャラクター。ボディは白いビニールでできており、胴体が大きく、足は短い。顔は2個の目にあたる点を1本の線がつないでいるデザインである。胸の部分はスクリーンにもなる。骨格はカーボンでできており非常に軽く、ハイパースペクトルカメラ・・・
人物 ベイマックス

タダシ・ハマダ

俳優:ダニエル・ヘニー タダシ・ハマダは、ヒロの兄でサンフランソウキョウ工科大学の学生である、映画「ベイ・・・マックス」の登場人物。母を早くに亡くし、ヒロとともにおばのキャスに育てられている。84回の実験の末に、ケア・ロボット「ベイマックス」の開発に成功していた。 優秀な頭脳を持ちながらロボット・ファイトに夢中になっている、弟のヒロのことを心配し・・・
セリフ ベイマックス

フレッド「名前はフレッド。昼はスクール・マスコットだ。夜になると・・・やっぱりスクール・マスコットだ」

0:10:05頃 弟のヒロを自分が通う工科大学の研究室に連れてきたタダシは、研究・・・室の仲間をヒロに紹介する。そして、怪獣の着ぐるみを着たフレッドのことも紹介するが、フレッドは大学の学生ではなかった。フレッドは自分のことを「スクール・マスコット」と紹介する。 ・・・
セリフ ベイマックス

ベイマックス「あなたの感じた痛みを、1から10で教えてください」

0:11:40頃 タダシが開発したケア・ロボットのベイマックスは、「痛い」といっ・・・た言葉が聞こえると自動で起動する。そして、言葉を発した人物に聞く決まり文句がこの言葉である。このあとも、ベイマックスがヒロに何度もこの言葉で聞くシチュエーションが出てくる。 ・・・
セリフ ベイマックス

フレッド「6カ月も洗濯してない。1枚のパンツを4日履くんだ。前、後ろ、裏返して前、後ろ」

0:16:35頃 怪獣が大好きで着ぐるみを着ているフレッドは、学生ではないがタダ・・・シの通う大学の研究室に出入りしていた。そんなフレッドは、パンツを4日も取り換えないことを明かす。このパンツの履き方は、父に教わった方法であることがあとで明かされる。 ・・・
音楽 ベイマックス

アイ・オブ・ザ・タイガー(Eye of the Tiger)

「アイ・オブ・ザ・タイガー(Eye of the Tiger)」は、アメリカのロ・・・ックバンドであるサバイバーによって、「ロッキー3」(1982)の主題歌としてリリースされた曲。「ロッキー4/炎の友情」(1985)でも使われた。「ベイマックス」では、発表会に出品する発明品を考えようとしたヒロが、鉛筆を削って気合いを入れ、紙・・・
音楽 ベイマックス

Immortals

「Immortals」は、アメリカのロックバンドであるフォール・アウト・ボーイの・・・楽曲。「ベイマックス」のために書き下ろされた。「ベイマックス」では、ヒロが開発したフレッド、ゴー・ゴー、ワサビ、ハニー・レモンの装備を、4人がテストするシーンで使われている(0:54:30頃)。また、エンド・クレジットでも使われている。 ・・・
音楽 ベイマックス

Story (English Version)

「Story (English Version)」は、AIのヒット曲「Story・・・」の英語歌詞バージョン。「ベイマックス」の日本公開版エンディング・テーマとして、エンド・クレジットで使用されている。 ・・・
キーワード ベイマックス

評価、興行収入

「ベイマックス」は、アカデミー長編アニメ賞を受賞するなどの評価を受けた。興行的に・・・も大ヒットとなり、北米では2億2千万ドルを超える興行収入をあげて2014年の10位となり、世界では6億5千万ドルを超える興行収入をあげた。日本では、東京国際映画祭のオープニング映画としてプレミア上映され、短編アニメ「愛犬とごちそう」とともに・・・
キーワード ベイマックス

ディズニー、マーベル、ビッグ・ヒーロー・シックス

「ベイマックス」は、通算54作目となるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタ・・・ジオによる長編アニメーション映画である。マーベル・コミックの「ビッグ・ヒーロー・シックス」を原作としているが、名前、設定など多く部分が変更されている。また、ベイマックスは原作ではドラゴンのような形状をしている。 マーベル作品の映画化の通例・・・
キーワード ベイマックス

マイクロボット

ヒロは、小型のロボットである「マイクロボット」を開発する。ロボット・ファイト用に・・・開発したロボットを改良したもので、1つの「マイクロボット」は2,3センチほどの大きさだが、大量のマイクロボットが神経伝達装置と連動して動くことで、瞬時にさまざまな形を形作ることができる。建築物や移動手段など、多くの利用方法がある。神経伝達装・・・
新着コンテンツ