グリーンブック

重要な部分に触れている場合があります。

グリーンブック
公開年
2018年
製作国
アメリカ
監督
ピーター・ファレリー
出演
ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、ディミタール・マリノフ
「グリーンブック」は、黒人ピアニストであるドン・シャーリーが、トニー・リップを運転手として、深南部へのコンサート・ツアーを実行した実際の出来事を元に作られた作品。トニーの息子であるニック・ヴァレロンガが脚本と製作に名を連ねている。

アカデミー賞の5部門でノミネートされ、「作品賞」「助演男優賞=マハーシャラ・アリ」「脚本賞」を受賞した(ノミネートのみは「主演男優賞=ヴィゴ・モーテンセン」「編集賞」)。一方で、「黒人を白人が差別から救う救済者の物語」とする批判や、ドン・シャーリーの遺族から「雇用主と運転手以上の関係はなかった」との抗議もあった。キネマ旬報ベストテンでは、外国映画の5位に選出された。

興行的には、北米で8,500万ドルを超える興行収入となり、2018年公開作の36位となった。日本では21億円を超える興行収入を上げ、2019年の洋画の15位となった。

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ

1962年。ニューヨークのブロンクスに家族と住むイタリア系のトニー・“リップ”・ヴァレロンガは、ナイトクラブ「コパカバーナ」の用心棒として働いている。腕っぷしの強いトニーは、暴れる客を追い出して殴りつける。またトニーは、金持ちの客の帽子を隠し、盗んだ男から取り戻したフリをして、探す客から金と信頼を得る機転を持つ。コパカバーナが改装で休業するため、トニーは仕事が必要となる。
シーン 1 グリーンブック

トニーの仕事と家族

1962年。ニューヨークのブロンクスに家族と住むイタリア系のトニー・“リップ”・・・・ヴァレロンガは、ナイトクラブ「コパカバーナ」の用心棒として働いている。暴れる客を追い出して殴りつけるトニー。またトニーは、金持ちの客の帽子を隠し、探す客に盗んだ男から取り戻したフリをして、金と信頼を得る。コパカバーナが改装で休業するため、ト・・・

  

面接

ドクターが運転手を探していると聞いたトニーは、面接に向かう。面接の場所はカーネギーホールの上にあるマンションで、医者ではなく黒人のミュージシャンであるドクター・ドン・シャーリーの運転手の仕事と知る。深南部に8週間のコンサートツアーに出るドンは、人種差別から守ってくれる用心棒兼運転手を探していた。だが靴を磨くなどの身の回りの世話をすることをトニーが拒否し、ドンはトニーを採用しないことにする。

  

採用

翌朝、考え直したドンから電話がかかってくる。ドンはトニーの妻ドロレスに、トニーが8週間いなくても大丈夫かを聞き、トニーの要望を受け入れると話す。出発するトニーに、ドロレスは手紙を出すように話す。トニーはレコード会社から、南部でも黒人が宿泊できるホテルなどが記載された冊子「グリーンブック」を受け取る。トニーはドンを迎えに行き、コンサートツアーに出発する。

  

シーン 1 グリーンブック

トニーの仕事と家族

1962年。ニューヨークのブロンクスに家族と住むイタリア系のトニー・“リップ”・・・・ヴァレロンガは、ナイトクラブ「コパカバーナ」の用心棒として働いている。暴れる客を追い出して殴りつけるトニー。またトニーは、金持ちの客の帽子を隠し、探す客に盗んだ男から取り戻したフリをして、金と信頼を得る。コパカバーナが改装で休業するため、ト・・・
シーン 2 グリーンブック

ピッツバーグとティッツバーグ

ニューヨークのブロンクスに家族と住むイタリア系のトニー・“リップ”・ヴァレロンガ・・・は、用心棒として働いていたナイトクラブ「コパカバーナ」の改装のため休業するため、新しい仕事を探す。トニーは、黒人のミュージシャンであるドン・シャーリーの南部ツアーの運転手として雇われることになる。人種差別意識の強い地域をめぐるツアーのため、・・・
シーン 3 グリーンブック

ロマンティックに書き直される手紙

トニーは、黒人のミュージシャンであるドン・シャーリーの南部ツアーの運転手として雇・・・われることになる。人種差別意識の強い地域をめぐるツアーのため、トニーの腕っぷしと度胸が買われたのだった。ツアーの途中でドンは、バーに飲みに行ったドンが白人男性に殴られ、演奏先では黒人専用の汚いトイレの使用を命じられるなどの差別的な目にあう。・・・
人物 1 グリーンブック

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ

俳優:ヴィゴ・モーテンセン トニー・“リップ”・ヴァレロンガは、ドナルド(ドン)・シャーリーの運転手としてア・・・メリカ南部ツアーに同行する、映画「グリーンブック」の登場人物。本名はトニー・ヴァレロンガ。実在の人物。「グリーンブック」では、以下のように描かれている。 イタリア系アメリカ人としてニューヨークで育ち、妻のドロレスとの間にフランキーとニッキ・・・
人物 2 グリーンブック

ドクター・ドナルド(ドン)・シャーリー

俳優:マハーシャラ・アリ ドクター・ドナルド(ドン)・シャーリーは、天才的なピアニストである、映画「グリー・・・ンブック」の登場人物。実在の人物。「グリーンブック」では、以下のように描かれている。 幼少期から母親にピアノを教わり、9歳でロシアのレニングラード音楽院の生徒となる。18歳の時にボストン・ポップス・オーケストラでコンサートデビューを飾る。・・・
人物 3 グリーンブック

ドロレス・ヴァレロンガ

俳優:リンダ・カーデリーニ ドロレス・ヴァレロンガは、トニーの妻である、映画「グリーンブック」の登場人物。ト・・・ニーとの間にフランキーとニッキーの2人の息子がいる。ドンから電話で、夫が8週間留守にしても大丈夫かを聞かれる。大丈夫と答えるものの内心はさみしく思っており、トニーに毎日手紙を書くように頼む。またクリスマスには戻ってくるように約束させる。出発・・・
セリフ・名言 1 グリーンブック

トニー「何ってるんだ?煙は俺の肺に入ってるんだぞ。全部俺が吸い込んでんのに」

0:29:35頃 ドンのアメリカ南部ツアーの運転手に雇われたトニー。車の運転をし・・・ながらタバコを吸うトニーを、ドンがやめさせる。トニーは得意の口八丁で反論するものの、ボスの命令のためにタバコを吸うのをやめる。トニーはヘビースモーカーで、このあともタバコを吸いまくる。 ・・・
セリフ・名言 2 グリーンブック

トニー「驚いたぜ。“少し静かにしてもらいたいな”って。女房のドロレスがしょっちゅう言う言葉だ」

0:31:15頃 ドンのアメリカ南部ツアーの運転手に雇われたトニー。車の中で始終・・・話し続けるトニーをドンが静かにさせようとする。だがトニーは、ドンの言葉が妻とまったく同じであることを指摘し、しゃべり続けるのだった。 ・・・
セリフ・名言 3 グリーンブック

ドン「オルフェウスだ。“地獄のオルフェ“。ジャケットに描かれているのは子供じゃない。地獄の悪鬼だ」

0:32:55頃 車でアメリカ南部ツアーに向かうドンとトニー。途中のレストランで・・・食事をする2人のやり取り。ジャック・オッフェンバックのオペラ「地獄のオルフェ」を元にしたドンのアルバムについて語るトニーだったが、「オルフェウス」を「オーファン(孤児)」と読み間違えていた。 ・・・
音楽 1 グリーンブック

恋は魔術師(That Old Black Magic)

「恋は魔術師(That Old Black Magic)」は、映画「Star S・・・pangled Rhythm」(1942)で使用された曲。アメリカの歌手であるボビー・ライデルが1961年にカバーした。「グリーンブック」では、ナイトクラブ「コパカバーナ」でボビー・ライデルが歌うシーンで使われている(0:00:50頃)。 ・・・
音楽 2 グリーンブック

One Mint Julep

「One Mint Julep」は、アメリカのボーカル・グループであるクローバー・・・ズが1952年にリリースした曲。「グリーンブック」では、明け方にトニーが仕事から車で帰ってくるシーンで使われている(0:05:15頃)。 ・・・
音楽 3 グリーンブック

Pretty Lil Thing

「Pretty Lil Thing」は、アメリカのミュージシャンであるサニー・ボ・・・ーイ・ウィリアムソンIIによる楽曲。「グリーンブック」では、ホットドッグの大食いのシーンで使われている(0:10:20頃)。 ・・・
キーワード 1 グリーンブック

評価、興行収入

「グリーンブック」は、アカデミー賞の5部門でノミネートされ、「作品賞」「助演男優・・・賞=マハーシャラ・アリ」「脚本賞」を受賞した(ノミネートのみは「主演男優賞=ヴィゴ・モーテンセン」「編集賞」)。一方で、「黒人を白人が差別から救う救済者の物語」とする批判や、ドン・シャーリーの遺族から「雇用主と運転手以上の関係はなかった」と・・・
キーワード 2 グリーンブック

実話

「グリーンブック」は、黒人ピアニストであるドン・シャーリーが、トニー・リップを運・・・転手として、深南部へのコンサート・ツアーを実行した実際の出来事を元に作られている。トニーの息子であるニック・ヴァレロンガが脚本と製作に名を連ねている。また、ドン・シャーリーの遺族から「雇用主と運転手以上の関係はなかった」との抗議もあった。 ・・・
キーワード 3 グリーンブック

ピアニスト、ピアノ

ドン・シャーリーは、超絶的な技巧を持つピアニストである。幼少期からピアノを弾き始・・・め、9歳でロシアのレニングラード音楽院の生徒となったことが語られる。ドンが「ブルー・スカイ」「ハッピー・トーク」「バードランドの子守唄」を演奏会で披露するシーンがある。また、黒人向けのバーでは、演奏が難解なことで知られるショパンの「木枯らし・・・
人気映画関連ニュース
最新映画関連ニュース
新着コンテンツ