登場人物・キャスト キングダム

漂(吉沢亮)

重要な部分に触れている場合があります。

漂は、天下の大将軍を夢見る孤児である、映画「キングダム」の登場人物。里典の元で自分と同じく奴隷となった信と意気投合。ともに天下の大将軍になる野望を抱き、剣術の稽古を重ねる。青年となったある日、信と剣術の稽古をしているところを目撃した将軍の昌文君に身請けを申し出られる。信も一緒に身請けするように頼むものの断られ、「1日だけ考えさせて欲しい」と答える。その夜、身請けを受けることを信に話し、最後の剣術の稽古をする。

身請けされた理由は、秦王・嬴政に似ているためであり、替え玉となるように命じられる。いざという時には命の危険もある役割だったが、「これほどの大任」と喜んで引き受ける。嬴政の弟である成蟜が反乱を起こした時には、自らがおとりとなって成蟜の軍勢を引きつけ、嬴政を逃がすことに成功する。また、弱気になった味方の軍勢に、檄を飛ばして勇気づけたことが語られる。傷ついて死にかけた状態で信の寝る小屋に飛び込み、渡した地図の場所に向かうように信に頼んで命を落とす。

キャスト

漂を演じているのは吉沢亮。公開時25歳頃。漂と嬴政を一人二役で演じた。本作で、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。同時期の出演作には、「ママレード・ボーイ」(2018)、「あのコの、トリコ。」(2018)、「リバーズ・エッジ」(2018)などがある。

「キングダム」の関連項目

セリフ・名言 1 キングダム

ナレーション「西の大国“秦”では、2人の少年の出会いがその歴史を大きく変えようとしていた」

0:02:50頃 「キングダム」のオープニングで語られる、舞台となる時代や場所に・・・ついての説明。巨大な中国大陸を舞台とした壮大な物語が、2人の少年の出会いからスタートすることが語られる。出会った時の2人は奴隷の少年だった。 ・・・
セリフ・名言 2 キングダム

漂「一度奴隷に落ちると、ずっとそうなんだ。でもな、1つだけ方法がある。剣だ」

0:05:10頃 奴隷として里典の元に売られた少年の信は、同じく少年の奴隷である・・・漂と出会う。奴隷の身分から抜け出したという思いだけで具体策のない信に対し、漂は剣の腕を磨くことで奴隷から抜け出そうと考えていた。漂の話を聞いた信は、漂と一緒に剣術の腕を磨いていく。 ・・・
セリフ・名言 3 キングダム

漂「本当に殺す気で1万回勝負したら、絶対に大将軍になれる」

0:06:45頃 奴隷として里典の元に売られた少年の信は、同じく少年の奴隷である・・・漂と出会う。2人は意気投合し、ともに剣術の腕を磨いて奴隷の身分から解放され、さらには天下の大将軍になるという大きな野望を抱くのだった。 ・・・
セリフ・名言 5 キングダム

漂「なんて言わないぜ、信。俺は行く」

0:11:30頃 身分の高い武官である昌文君から身請けの申し出を受けた漂。「一晩・・・だけ考えさせて欲しい」と昌文君に頼んだ漂は、信に昌文君とともに行くことを告げる。このあと2人は、月夜の下で最後の剣術の稽古をするのだった。 ・・・
セリフ・名言 6 キングダム

漂「信、2人の行き着く先は同じだぞ」

0:12:20頃 奴隷という身分から抜け出そうと、ひたすら剣術の腕を磨いてきた信・・・と漂。漂だけが、身分の高い武官である昌文君に身請けされることになる。別れの前に2人が交わすやりとり。2人の絆は強かった。「2人の行き着く先は同じだぞ」の言葉は、咸陽宮での戦いに勝利したあとに漂の剣を見つめながら信が思い出す(2:07:00頃・・・
セリフ・名言 7 キングダム

漂「2人は一心同体だ。おまえが羽ばたけば、俺もそこにいる。信、俺を天下に連れてってくれ」

0:17:45頃 身分の高い武官である昌文君に身請けされた漂。残された信は、1人・・・で剣術の稽古を続けていた。ある夜、信の眠る小屋に、傷ついて死にかけた漂が飛び込んでくる。これが漂の最後の言葉になり、漂は信の腕の中で息絶える。 ・・・
セリフ・名言 8 キングダム

漂「あいつはきっと、誰よりも高く飛ぶ」

0:31:10頃 死んだ漂とうり二つの嬴政と会った信。そこに、嬴政の命を狙う刺客・・・である朱凶が姿を現し、信は朱凶と戦う。朱凶に攻撃するためにジャンプをする信の姿を見た嬴政は、生前の漂が語っていた言葉を思い出すのだった。 ・・・

その他の「キングダム」の登場人物・キャスト

人物 3 キングダム

嬴政

俳優:吉沢亮 嬴政は、秦国の王である、映画「キングダム」の登場人物。のちに中華統一を果たして始・・・皇帝となる実在の人物。父は前王で、母は舞妓。父が即位から3年で亡くなり、13歳で王の座につく。実権はなく、商人からなりあがった丞相の呂不韋が政治を取り仕切っていた。呂不韋が魏に遠征していた時に弟の成蟜が反乱を起こし、王位を追われる。命を狙わ・・・
人物 4 キングダム

楊端和

俳優:長澤まさみ 楊端和は、山の王である、映画「キングダム」の登場人物。実在の人物。女性。山の王宮・・・では、鎧や仮面を身につけ、仮面によって声は実際よりも低く聞こえる。成蟜を倒すための援軍を求める嬴政たちを捕らえ、かつて秦国によって一方的に同盟を破棄され、多くの山の民が虐殺されたうらみを語る。だが、嬴政から中華統一が目的であることや、「王宮・・・
人物 5 キングダム

河了貂

俳優:橋本環奈 河了貂は、山の民の末裔である、映画「キングダム」の登場人物。フクロウを模したミノ・・・(「戦闘服」と語る)を頭からかぶっている。信が持つ立派な剣に目をつけ、盗賊にそのことを教えて金を受け取る。その後、軍勢に追われる嬴政と信に、再び金目当てに抜け道を教えてやる。信と嬴政の2人と行動をともにするようになり、嬴政の命を狙ったムタに・・・
人物 6 キングダム

昌文君

俳優:髙嶋政宏 昌文君は、嬴政に忠誠を誓う武将である、映画「キングダム」の登場人物。実在の人物。・・・嬴政にもしものことがあった時のための替え玉として、漂を見つけてくる。成蟜の反乱の際には、嬴政と避暑地の小屋で落ち合うことを約束し、敵の軍勢を引きつける。その際に、王騎の軍勢の襲撃にあう。小屋で嬴政と再会した時には、涙を流して嬴政の無事を喜ぶ・・・
人物 7 キングダム

王騎

俳優:大沢たかお 王騎は、秦の六大将軍の最後の1人である、映画「キングダム」の登場人物。実在の人物・・・。「血湧き肉躍る世界」を求めている。鍛え抜かれた肉体を持ち、大きな矛を武器としている。軍勢を率いて行軍する様子を、幼い頃の信が目撃していた。成蟜の反乱の際に、替え玉の漂と昌文君の軍勢を襲う。その後、成蟜の元に現れ、昌文君の首を渡す見返りに昌・・・
ストーリー キングダム

ストーリー・あらすじ紹介

キングダムのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 キングダム

セリフ紹介

キングダムのセリフ紹介。
音楽 キングダム

音楽紹介

キングダムの音楽紹介。
キーワード キングダム

キーワード紹介

キングダムのキーワード紹介。
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」は、1985年に公開されて大ヒットと・・・なった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編。「PART3」と同時に製作され、半年後に「PART3」が公開された。 前作では30年前の過去(1955年)にタイムスリップしたマーティだったが、「PART2」では30年後の未来(2015年)・・・
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
  • 作品
  • 7.21

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」は、「マーベル・シネマティ・・・ック・ユニバース」の5作目にあたる作品。「マーベル・コミック」の「キャプテン・アメリカ」の実写化作品である。 第二次大戦時に、肉体の能力を増強する血清によって「スーパーソルジャー」となったスティーブ・ロジャースが、「キャプテン・アメリカ」・・・
スター・ウォーズ/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還

「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」は、「新たなる希望」「帝国の逆襲」に続く「ス・・・ター・ウォーズ」シリーズ3作目。ジョージ・ルーカスが製作した6部作の「エピソード6」にあたる。劇場公開時や、特別篇公開時までのタイトルは「ジェダイの復讐」だったが、DVD化の際に改題された。 ルークと父ダース・ベイダーとの関係や、反乱同盟・・・
スリー・ビルボード

スリー・ビルボード

「スリー・ビルボード」は、レイプされた上に殺された娘アンジェラの捜査が進展しない・・・ことに業を煮やしたミルドレッドが、ミズーリ州エビングのドリンクウォーター通り沿いに立てられた3つの広告板に、警察に対する問いかけの広告を出したことから始まる物語。広告板には、「娘はレイプされて焼き殺された」「いまだに犯人が捕まらない」「どう・・・
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、同じ世界観で描かれるMCU(マーベル・・・・シネマティック・ユニバース)の13作目で、キャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャースを主人公にした「キャプテン・アメリカ」シリーズの3作目の作品である。 サターン賞で「若手俳優賞(トム・ホランド)」を受賞したほか、「コミック映画賞」「・・・
スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

「スタンド・バイ・ミー」は、1959年のオレゴン州を舞台に、4人の少年たちが死体・・・探しの冒険に出かける姿を描いた作品。原作は、スティーヴン・キングの短編集「恐怖の四季」の秋編である「死体」。主題歌として、映画のタイトルにもなっているベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」が使われている。 兄を失ったショックから立ち直・・・
新着コンテンツ