信と漂

紀元前255年。春秋戦国時代の中国では、7つの国が戦いを繰り広げていた。7つの国の1つである秦で、少年の信は大将軍・王騎が軍勢を率いる様子を見てあこがれの念を抱く。ある家の奴隷となった信はそこで漂という名の少年と出会う。意気投合した2人はいつか奴隷から大将軍になることを夢見て、剣術に励む。

  

漂の死

剣術を磨く信と漂は青年となる。ある日、漂は将軍である昌文君に身請けされることになる。快く漂を送り出した信は、強くなるためにて1人で剣術の稽古を重ねる。ある夜、死にかけた漂が、信の寝る小屋に飛び込んでくる。漂から地図を渡された信は、地図に書かれた場所に向かうように頼まれる。漂は亡くなり、信は漂が持っていた剣をつかんで小屋を飛び出す。

  

秦王・嬴政

秦王・嬴政を追放した義弟の成蟜は、早く嬴政の首を持ってくるように家臣に命じる。鳥を模したミノを着る河了貂は、里を走る信が持つ立派な剣を見て、盗賊に信のことを教える。信は盗賊に襲われるが、あっさりと撃退する。地図に書かれた場所に着いた信は、そこに漂とうり二つである秦王・嬴政と会い、漂が嬴政の身代わりとして死んだことを知る。嬴政の命を狙って殺し屋の朱凶が現れる。信は朱凶を倒す。

  

河了貂との出会い

さらに多くの追手が嬴政に迫る。姿を見せた河了貂が、嬴政と漂に秘密の抜け道を教える。抜け道を歩いている途中で、漂の死の怒りを嬴政にぶつける信。漂が替え玉を喜んで引き受けたことを嬴政から聞き、奴隷に戻るか嬴政を助けるかの選択を迫られた信は、嬴政を助ける道を選ぶ。2人と河了貂は、昌文君と合流するために西の果てに向かう。

  

ムタ

朱凶が倒されたことにいら立つ成蟜の元に、嬴政の味方である昌文君の首を持ってくる王騎。王騎は昌文君の領地を成蟜に求めて認められる。一方の森を歩く信たちの前に、嬴政の命を狙うムタが現れる。毒矢を武器にするムタに苦戦する信だったが、最後はムタの首を斬って倒す。だが、自らも肩に毒矢を受けてしまう。

  

避暑地の小屋

嬴政と昌文君が落ち合う約束となっている避暑用の小屋で目を覚ました信は、嬴政が担いで運び、河了貂が解毒の処置をしてくれたことを知る。小屋に昌文君が軍勢を引き連れてやってくる。昌文君は嬴政が無事だったことに涙を流して喜ぶ。一方の成蟜は、秦王としての地位を盤石にするため、丞相・呂不韋と戦うための軍勢を整えさせる。

  

山へ

様子を見ることを主張する昌文君だったが、待っていては国が割れるために一刻も早く王位に戻ることを主張する嬴政。嬴政は、かつて秦と同盟を結んでいた山の民に援軍を求めることに決める。だが、同盟は秦の都合で破棄されており、山の民と会うことは危険だった。山に向かった嬴政たちの前に現れた山の民の兵士たちは、嬴政たちを山の王の元に連れて行く。

  

山の王・楊端和

山の王・楊端和の前に連れ出された嬴政や信たち。過去に秦に同盟を破棄され、多くの山の民が虐殺されたうらみを晴らそうとする楊端和は、嬴政たちを皆殺しにしようとする。だが、山と平地、7つの国の区別をなくすことを目的とする嬴政の話を聞いた楊端和は考えを変え、嬴政の味方となって成蟜と戦うことに決める。

  

咸陽宮へ

すぐに出撃できる山の民の軍勢3,000人と嬴政の軍勢の30人が、成蟜のいる咸陽宮に向かう。「同盟を望む」と告げて、門の中に入り込むことに成功する楊端和たち。嬴政は自らの名を明かし、成蟜の軍勢と戦いになる。嬴政自らがおとりとなって敵の軍勢を引きつけている間に、信や河了貂たちは地下道を通って成蟜のいる王の間に向かう。

  

ランカイ

多くの軍勢を前にしてもひるまずに戦う嬴政、楊端和、昌文君たちは、王宮の先へと進んでいく。一方、地下道を進む信たちの前に、来ることを予期していた左慈が待っている。だが嬴政がいないことを知り、信たちの相手を兵士に任せて引っ込んでいく。巨漢のランカイに苦戦する信たちだったが、協力して倒す。

  

左慈との戦い

続々と現れる敵の軍勢に苦しめられる嬴政たちだったが、信たちが王の間にたどり着くと信じて戦い続ける。成蟜のいる王の間にやって来た信たちの前に、左慈が現れる。左慈と1対1の戦いになる信。力の差を見せつけられる信だったが、夢を見ることをバカにされたことから奮起。左慈の攻撃をかわして高くジャンプをし、左慈の頭に剣を降ろして倒す。

  

中華の統一

追いつめられた成蟜が王の間から外に出る。嬴政が成蟜の腕を切り、馬乗りになって何度も顔を殴りつける。このままでは反逆者として処刑されると考えた魏興たちが嬴政に斬りかかろうとした時、王騎の軍勢が姿を現す。王騎は嬴政の目標を聞き、嬴政は「中華の統一」と答える。答えに満足した王騎は去っていく。成蟜は王位に戻り、信は成蟜の夢をかなえるための協力を約束する。

  

人物 1 キングダム

俳優:山﨑賢人 信は、天下の大将軍を夢見る孤児である、映画「キングダム」の登場人物。実在の人物。・・・幼い頃に大軍勢を率いる王騎を目撃し、あこがれを抱く。奴隷となった里典の元で同じく奴隷として生きる漂とともに成長し、天下の大将軍になる夢をかなえるため、2人で剣の修行を重ねる。昌文君に身請けされた漂を快く送り出し、1人で剣の修行を続ける。ある・・・
人物 2 キングダム

俳優:吉沢亮 漂は、天下の大将軍を夢見る孤児である、映画「キングダム」の登場人物。里典の元で自・・・分と同じく奴隷となった信と意気投合。ともに天下の大将軍になる野望を抱き、剣術の稽古を重ねる。青年となったある日、信と剣術の稽古をしているところを目撃した将軍の昌文君に身請けを申し出られる。信も一緒に身請けするように頼むものの断られ、「1日だ・・・
人物 3 キングダム

嬴政

俳優:吉沢亮 嬴政は、秦国の王である、映画「キングダム」の登場人物。のちに中華統一を果たして始・・・皇帝となる実在の人物。父は前王で、母は舞妓。父が即位から3年で亡くなり、13歳で王の座につく。実権はなく、商人からなりあがった丞相の呂不韋が政治を取り仕切っていた。呂不韋が魏に遠征していた時に弟の成蟜が反乱を起こし、王位を追われる。命を狙わ・・・
セリフ・名言 1 キングダム

ナレーション「西の大国“秦”では、2人の少年の出会いがその歴史を大きく変えようとしていた」

0:02:50頃 「キングダム」のオープニングで語られる、舞台となる時代や場所に・・・ついての説明。巨大な中国大陸を舞台とした壮大な物語が、2人の少年の出会いからスタートすることが語られる。出会った時の2人は奴隷の少年だった。 ・・・
セリフ・名言 2 キングダム

漂「一度奴隷に落ちると、ずっとそうなんだ。でもな、1つだけ方法がある。剣だ」

0:05:10頃 奴隷として里典の元に売られた少年の信は、同じく少年の奴隷である・・・漂と出会う。奴隷の身分から抜け出したという思いだけで具体策のない信に対し、漂は剣の腕を磨くことで奴隷から抜け出そうと考えていた。漂の話を聞いた信は、漂と一緒に剣術の腕を磨いていく。 ・・・
セリフ・名言 3 キングダム

漂「本当に殺す気で1万回勝負したら、絶対に大将軍になれる」

0:06:45頃 奴隷として里典の元に売られた少年の信は、同じく少年の奴隷である・・・漂と出会う。2人は意気投合し、ともに剣術の腕を磨いて奴隷の身分から解放され、さらには天下の大将軍になるという大きな野望を抱くのだった。 ・・・
音楽 1 キングダム

Wasted Nights

「Wasted Nights」は、ONE OK ROCKのアルバム「Eye of・・・ the Storm」に収録されている、「キングダム」の主題歌。 ・・・
音楽 2 キングダム

音楽(やまだ豊)、サウンドトラック

「キングダム」の音楽を担当しているのはやまだ豊。本作で日本アカデミー賞「優秀音楽・・・賞」に選ばれた。発売されているサントラ(サウンドトラック)には、以下の曲が収録されている。 1. KINGDOM 2. WILDFLOWERS 3. KIN 4. VANISHING LIGHT 5. ASSASSIN 6. LEGACY・・・
キーワード 1 キングダム

評価、興行収入

「キングダム」は、日本アカデミー賞の「助演男優賞=吉沢亮」「助演女優賞=長澤まさ・・・み」「撮影賞」「美術賞」で最優秀賞を受賞したほか、「作品賞」「監督賞」「音楽賞」「照明賞」「録音賞」「編集賞」で優秀賞に選ばれた。興行的にも興行収入57億円を超えるヒットとなり、2019年の邦画の3位となった。 ・・・
キーワード 2 キングダム

原作漫画

「キングダム」は、週刊ヤングジャンプ連載の原泰久による同名漫画の映画化作品である・・・。漫画の単行本の1巻から5巻にあたる「王弟反乱編」が映画化されている。原作者の原は、映画版の脚本にもクレジットされている。 ・・・
キーワード 3 キングダム

春秋戦国時代、秦国

「キングダム」の舞台となるのは、春秋戦国時代(紀元前400年代~紀元前221年)・・・の中国である。中国は7つの国に分かれており、そのうちの1つである秦王・嬴政(のちの始皇帝)が弟・成蟜に王位を奪われた出来事に、奴隷から天下の大将軍を目指す信と漂の物語がからむ。信は、のちに秦国の将軍となる李信がモデルとなっている。 ・・・
新着コンテンツ