小説家の訪問

カナダのモントリオールに住むパイ・パテルは、カナダ人小説家の訪問を受ける。インドについての小説を書こうとして挫折した小説家は、偶然カフェで知り合いになったパイの知り合いから紹介され、大学で宗教を教える教授であるパイの元を訪ねたのだった。パイは小説家を自宅に入れ、過去を話し始める。

  

名前の由来

パイは、インドのフランス領ポンディシェリで生まれ、フランス語でプールを意味する「ピシン」と名づけられる。だが、「ピシン」はおしっこを意味するため、自らパイと名乗るようになる。父は動物園を経営している。パイは、ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教を同時に信仰するようになり、そんなパイに父は批判的だが、母は擁護してくれる。

  

トラの恐ろしさ

ある日、動物園で飼われているトラのリチャード・パーカーに興味を持ったパイは、エサの肉を手に持ってオリに手を入れる。それを見た父は怒り、パイにトラの恐ろしさを教えるために、生きたヤギを襲う姿を見せる。それから退屈な日常を送るようになったパイ。16歳になり、アーナンディという女性に恋をする。

  

移住

パイの父は、動物園を閉鎖してカナダへ移住することに決める。パイはアーナンディと再会を約束して別れる。カナダで売るために動物を乗せた日本の貨物船「ツィムツーム」で、パイの家族はカナダに向かう。元気のないパイを、母が励ます。貨物船では、ベジタリアンを理解せず人種差別的な発言をするコックと、パイの父が口論となる。

  

沈没

マニラを出港して4日目。貨物船は悪天候に襲われる。パイがデッキに出ている時に、貨物船は沈没しはじめる。船室で寝ていた両親や兄と離ればなれになったパイは、救命ボートで脱出する。救命ボートには、シマウマ、オランウータン、ハイエナ、そしてトラのリチャード・パーカーが乗ってくる。動物たちは打たれていた鎮静剤の影響で最初はおとなしい。

  

生き残ったパイとトラ

ハイエナがシマウマとオランウータンを殺してしまう。だが、そのハイエナはトラのリチャード・パーカーに食い殺されてしまう。救命胴衣、浮き輪、オールでイカダを作ったパイは、ボートとロープでつないだイカダに移り、リチャード・パーカーから身を守るために距離を取る。パイは、飲料水と食料を見つけ、イカダへと移す。これからどうなるのか分からず、パイは途方に暮れる。

  

トラを殺すチャンス

リチャード・パーカーを飼いならそうと考えたパイは、ボートを揺らしてリチャード・パーカーを船酔いさせ、船に乗り込んで小便をする。だが効果はなく、リチャード・パーカーに小便をかけられてしまう。その後パイは、肉食のリチャード・パーカーの飢えを満たすために魚を釣ってやろうとする。その時、リチャード・パーカーが魚を追って海に落ちる。リチャード・パーカーがボートに上がれなくなり、パイはリチャード・パーカーを殺すチャンスを得る。だが、リチャード・パーカーを殺すことはできず、ボートに上げてやる。

  

訓練

ある夜、巨大なクジラが海面をジャンプし、着水で起こった波によってイカダに乗せていた食料や飲料水が海の底に沈んでしまう。その後、トビウオの大群に出会い、多くのトビウオがボートに飛び込んでくる。こうして食料を得たパイは、エサを使ってリチャード・パーカーを訓練することを思い立つ。苦労の末、リチャード・パーカーはある程度の命令を聞くようになる。

  

生きる目的

航行する船を見つけたパイは、急いで発煙筒をたくなどして合図を送るものの、船は気づかないで通り過ぎてしまう。リチャード・パーカーと海を漂流するうちに、パイはリチャード・パーカーがいなければ早くに死んでいたと考えるようになる。パイにとって、リチャード・パーカーの世話をすることが生きる目的となっていた。ある夜、ボートを嵐が襲う。イカダも流されてしまうなどの被害が出るものの、パイとリチャード・パーカーは何とか生き残る。

  

衰弱したパイとリチャード・パーカーを乗せたボートは、島に流れ着く。植物を食べて息を吹き返すパイ。島には大量のミーアキャットがいる。夜になり、木の上で眠ろうとしたパイは、淡水だった池が酸性となって魚を溶かしていることに気づく。さらに、咲いている花の中に人間の歯を見つけたパイは、島全体が肉食性であることに気づく。

  

救助

命の危険を感じたパイは、リチャード・パーカーとともに再びボートで海に出る。ボートはついにメキシコの海岸に漂着する。リチャード・パーカーは、パイの方を振り返りもせず、ジャングルへと消えていく。メキシコ人に助けられたパイは、リチャード・パーカーがあっけなくいなくなったことが悲しくて、子供のように泣きじゃくる。

  

もう1つの話

病院に入院したパイの元に、日本の保険会社の調査員が事故の調査のために現れる。リチャード・パーカーと漂流した出来事を話すパイだったが、調査員は信じない。パイはもう1つの話をする。救命ボートにはパイの母、コック、船員がいたが、コックは船乗りを食べて母を殺す。その後、パイはコックを殺して生き残ったという話である。

  

報告書

カナダ人小説家は、パイの話に戸惑いを隠せない。パイはどちらの話が真実かは伝えず、小説家に委ねる。リチャード・パーカーと漂流した話のほうが「良い話」と語るカナダ人小説家。小説家が保険会社の報告書を開くと、そこにはリチャード・パーカーとの漂流の話が記録されている。保険会社は、リチャード・パーカーとの話を選んだことが明らかになる。

  

人物 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

パイ・パテル

俳優:スラージ・シャルマ/イルファーン・カーン/アーユッシュ・タンドン/ゴータム・ベルール パイ・パテルは、モントリオール在住のインド系カナダ人である、映画「ライフ・オブ・・・・パイ/トラと漂流した227日」の登場人物。妻と2人の子ども、ネコと暮らしており、大学で宗教を教えている。父の知り合いである通称「おじさん」に紹介されて訪ねてきたカナダ人小説家に、太平洋を漂流した話をする。 生まれたのは、インドのフランス領・・・
人物 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

サントッシュ・パテル

俳優:アディル・フセイン サントッシュ・パテルは、パイの父である、映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した・・・227日」の登場人物。妻ジータとの間に、ラヴィとパイの2人の息子がいる。1954年にポンディシェリがフランスからインドに返還された時に、ホテル経営をやめて動物園の経営を始める。 小さい頃にポリオにかかった時に神に祈ったが、西洋医学が命を救・・・
人物 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ジータ・パテル

俳優:タッブー ジータ・パテルは、パイの母である、映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227・・・日」の登場人物。夫のサントッシュとの間に、ラヴィとパイの2人の息子がいる。大学を卒業したものの身分の低いサントッシュと結婚したために、親から勘当されている。 宗教を信じており、ベジタリアンである。3つの宗教を信じてサントッシュからたしなめ・・・
セリフ ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

パイ「それが原因で、おじさんは厚い胸板と細い足になり、泳ぎがうまくなったんだ」

0:04:40頃 おじさん(というニックネームの父の知り合い)の紹介で、カナダ人・・・作家の訪問を受けたパイ。パイはカナダ人作家に、自分の名前の由来を話す。パイの本名(ピシン・モリトール)をつけたのは、おじさんだった。パイはおじさんの生い立ちから話す。 ・・・
セリフ ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

パイ「エレガントなフランスプールの名前から、くさいインドのトイレになり、どこでもおしっこをする名前になった」

0:07:05頃 パイの本名は、「ピシン・モリトール」だった。「ピシン」とはフラ・・・ンス語でプールの意味で、「モリトール・プール」という意味だった。だが、「ピシン」の発音は英語の「pissing(オシッコをする)」と同じため、パイは学校でからかわれることになる。 ・・・
セリフ ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

パイ「1つの神ではなく何百もの神を信じることには罪悪感を覚えるよ」

0:12:25頃 小さい頃のパイは、インドで広く信仰されているヒンドゥー教のほか・・・、キリスト教、イスラム教も信じていた。大人になったパイはカトリックであり、ヒンドゥー教も信仰しているという。そして、大学では宗教を教えているのだった。 ・・・
音楽 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

パイズ・ララバイ(Pi's Lullaby)

「パイズ・ララバイ(Pi's Lullaby)」は、「ライフ・オブ・パイ/トラと・・・漂流した227日」の音楽を担当したマイケル・ダナが作曲した曲。アカデミー歌曲賞にノミネートされた。 ・・・
音楽 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

音楽

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の音楽を担当しているのは、カナダの・・・作曲家であるマイケル・ダナ。本作で、アカデミー作曲賞を受賞している。 ・・・
キーワード ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

評価、興行収入

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は、非常に高く評価された。アカデミ・・・ー賞では11部門(作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞、美術賞、視覚効果賞、音響賞(編集)、音響賞(調整)、編集賞)にノミネートされ、監督賞、撮影賞、作曲賞、視覚効果賞を受賞した。 興行的にも北米で1億2千万ドル以上の興行収入を・・・
キーワード ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

インド、ポンディシェリ

パイが生まれ育つのは、インドのポンディシェリである。ポンディシェリはインドの東海・・・岸にある町で、1954年まではフランスに統治されていた。「インドのリヴィエラ」「南フランスのよう」と表現されている。町はインド人居住区とイスラム居住区に分かれている。1954年にフランスからインドに返還された時に、パイの父は動物園を始める。・・・
キーワード ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

宗教

少年時代のパイは、ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教を信じるようになる。宗教に・・・否定的な父サントッシュは、そんなパイをたしなめるものの、母ジータはパイを擁護する。漂流から生き残り、今はカナダのモントリオールに住むパイは、自らを「カトリック・ヒンドゥー」と語り、大学で宗教を教えている。 漂流中に、謎の人食い島にたどり着・・・
新着コンテンツ