キーワード イェーガー

イェーガー

重要な部分に触れている場合があります。

Pacific Rim (2013) - Gipsy Danger vs. Otachi Scene (6/10) | Movieclips

イェーガーは、怪獣に対抗するためにPPDC(環太平洋防衛軍)が作り出した巨人兵器のこと。「イェーガー」とはドイツ語で「ハンター」を意味している。原子力がエネルギー源。

神経回路をつないで操縦する(「ドリフト」と呼ばれる)ために操縦士の負担が大きい。当初は1人で操縦することが想定されていたが、1人では神経に与えるダメージが大きすぎるために、2人で右脳と左脳を分担して操縦する方法が取られている。操縦する2人は意識と記憶を共有することになるため、兄弟、親子、夫婦が多い。

作られた年代によって第一世代から第五世代に分類されている。初期のイェーガーは原子炉に対する放射能防護策が不完全だったため、第一世代のイェーガー「コヨーテ・タンゴ」の操縦士だったスタッカー・ペントコストは、被爆によってがんを患っている。最盛期は世界に30機のイェーガーがあったが、怪獣との戦いによって4機を残すのみとなる。

以下をはじめとするイェーガーが登場する。

■ジプシー・デンジャー
アメリカで製造された第三世代のイェーガー。ローリーとヤンシーの兄弟が操縦士だった。アラスカ近海での戦いでは、「ナイフヘッド」によってヤンシーが倒されながらも、ローリー1人の操縦によって「ナイフヘッド」を倒す。その後、裂け目への最終攻撃を前に修理・増強され、ローリーとマコによって操縦される。

パンチといった物理的な攻撃に加え、右腕に組み込まれたプラズマ砲が強力な武器となる。また、増強後には冷却ガスを相手に吹きかけ、チェーン・ソードも使われる。チェーン・ソードは、「オオタチ」「ライジュウ」を倒し、「スラターン」に突き刺したまま裂け目に落ちていくなど大活躍をする。裂け目に落ちたあとに原子炉を爆破することで、核兵器としても使われる。

■ストライカー・エウレカ
オーストラリアで製造された第五世代のイェーガー。ハークとチャックの父子が操縦する。10体以上の怪獣を倒してきた。オーストラリアに現れた「ブレードヘッド」を倒す姿が描かれている。香港近海に現れた「レザーバック」と「オオタチ」との戦いでは、「レザーバック」の発する電磁波によって動きを止められてしまう。裂け目への最終攻撃では、負傷したハークに代わってペントコストがチャックとともに操縦士を務め、「スカナー」と「スラターン」を自爆の道連れにしようとする。

■クリムゾン・タイフーン
中国で製造された第四世代のイェーガー。チャン、シン、フーのタン3兄弟(三つ子)が操縦する。2つに分かれた右腕と左腕の合計3本を回転ノコギリとして攻撃する「雷雲旋風脚」を必殺技とする。また、腰部が360度に回転する構造を生かした動きも見せる。香港近海に現れた「オオタチ」と対戦するものの、コックピットをえぐられて倒されてしまう。

■チェルノ・アルファ
ロシアで製造された第一世代のイェーガー。長年の戦いを生き残ってきた。サーシャとアレクシスの夫婦が操縦する。香港近海に現れた「オオタチ」を追いつめるものの、「オオタチ」の酸の体液を浴びてボディが解けてしまう。そこに「レザーバック」の攻撃を受けて倒される。

■コヨーテ・タンゴ
日本で製造された第一世代のイェーガー。東京が怪獣「オニババ」に襲われた時にペントコストが操縦して、森マコを守る様子がマコの記憶の映像で描かれている。

「パシフィック・リム」の関連項目

シーン 1 パシフィック・リム

「ジプシー・デンジャー」出撃

太平洋に突如として現れた怪獣と戦うために、環太平洋防衛軍(PPDC)という組織が・・・作られる。PPDCは、怪獣に対抗するために巨大兵器であるイェーガーを作り出す。イェーガーは2人の操縦士によって操縦される。シンクロされた2人の意識をイェーガーと直接つなげることでイェーガーは操縦されるのだった。 イェーガー「ジプシー・デン・・・
シーン 2 パシフィック・リム

ジプシー・デンジャーVSナイフヘッド

怪獣を退治するために作られた巨大兵器のイェーガー。アラスカ近海に現れた怪獣「ナイ・・・フヘッド」を倒すために、ヤンシーとローリーの兄弟が操縦するイェーガー「ジプシー・デンジャー」が出撃する。近くにいる漁船は無視するように命令されるが、ヤンシーとローリーは漁船を助けたあと、「ナイフヘッド」と戦う。 パンチで「ナイフヘッド」を・・・
シーン 4 パシフィック・リム

クリムゾン・タイフーンとチェルノ・アルファの最期

残り4体となったイェーガーは、香港のシャッタードーム(基地)に集められ、怪獣が出・・・てくる裂け目への最終攻撃を行うことになる。最終攻撃の前に、「オオタチ」と「レザーバック」の2体の怪獣が香港近海に現れる。イェーガーの「クリムゾン・タイフーン」と「チェルノ・アルファ」が怪獣を倒しに向かう。 「クリムゾン・タイフーン」は、巨・・・
シーン 5 パシフィック・リム

ジプシー・デンジャーVSレザーバック

香港近海に現れた「オオタチ」と「レザーバック」の2体の怪獣によって、イェーガーの・・・「クリムゾン・タイフーン」と「チェルノ・アルファ」が倒されてしまう。さらに、「ストライカー・エウレカ」も怪獣が発する電磁波によって動きを止められてしまう。ローリーとマコは「ジプシー・デンジャー」に乗って急いで出撃する。 香港の町に上陸しよ・・・
シーン 6 パシフィック・リム

ジプシー・デンジャーVSオオタチ

香港近海に現れた「オオタチ」と「レザーバック」の2体の怪獣は、イェーガーの「クリ・・・ムゾン・タイフーン」と「チェルノ・アルファ」を倒し、「ストライカー・エウレカ」も電磁波を発して動きを止めてしまう。急いで出撃した「ジプシー・デンジャー」は「レザーバック」を倒し、香港市街を襲う「オオタチ」と戦いになる。 貨物船を手に持った・・・

その他の「パシフィック・リム」のキーワード

キーワード 6 パシフィック・リム

環太平洋防衛軍(PPDC)

「環太平洋防衛軍(PPDC)」は、裂け目から現れた怪獣に対抗するために2014年・・・に設立された組織。環太平洋の21カ国が参加している。巨大兵器のイェーガーを開発して怪獣に対抗していたが、沿岸に巨大な壁を建設する「命の壁」作戦に方針を転換する。イェーガー作戦の司令官はスタッカー・ペントコストである。 ・・・
キーワード 7 パシフィック・リム

命の壁

「命の壁」は、怪獣からの攻撃を守るために環太平洋防衛軍(PPDC)が建設すること・・・に決めた巨大な壁のこと。怪獣が徐々に強くなり、イェーガーが苦戦を強いられるようになったことから方針が変わった。アラスカに作られる命の壁の建設作業には、ローリーが参加している。工事は非常に危険であることが描かれている。オーストラリアに現れた怪・・・
キーワード 8 パシフィック・リム

ドリフト、ブレイン・ハンドシェイク

イェーガーを操縦するためには、脳神経系を直接イェーガーにつなぐ必要がある。このこ・・・とを「ドリフト」と呼ぶ。1人の人間だけでは脳への負担が大きすぎるため、2人の操縦士が右脳と左脳を分担する。2人の操縦士は意識をシンクロさせる必要があり、シンクロさせることを「ブレイン・ハンドシェイク」と呼ぶ。2人の操縦士には親密さが求められ・・・
キーワード 9 パシフィック・リム

マックス(ブルドッグ)

「マックス」は、チャックが飼っている犬のブルドッグの名前。首輪とヒモをつけてシャ・・・ッタードーム(基地)内を一緒に歩く姿を見せる。裂け目を破壊するための最後の戦いに向かう際には、父親のハークにマックスの世話を頼む。 ・・・
キーワード 10 パシフィック・リム

シャッタードーム

「シャッタードーム」とは、環太平洋防衛軍(PPDC)が太平洋岸に設置した基地のこ・・・と。イェーガー出撃のための設備が整っている。いくつかのシャッタードームが作られたが、PPDCの方針が「命の壁」建設に変わったため、香港以外は閉鎖される。残された4機のイェーガーが香港に集められ、怪獣が現れる裂け目への最後の作戦が実行される。・・・
ストーリー パシフィック・リム

ストーリー・あらすじ紹介

パシフィック・リムのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 パシフィック・リム

セリフ紹介

パシフィック・リムのセリフ紹介。
人物 パシフィック・リム

登場人物紹介

パシフィック・リムの登場人物紹介。
音楽 パシフィック・リム

音楽紹介

パシフィック・リムの音楽紹介。
シーン パシフィック・リム

シーン紹介

パシフィック・リムのシーン紹介。
  • 作品

桐島、部活やめるってよ

公開年 2012年
製作国 日本
監督  吉田 大八
出演  神木隆之介、橋本愛、東出昌大、大後寿々花、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ
  • 作品

おおかみこどもの雨と雪

公開年 2012年
製作国 日本
監督  細田守
出演  (声)宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、平岡拓真、菅原文太、大野百花、加部亜門
  • 作品

ジュラシック・パーク

公開年 1993年
製作国 アメリカ
監督  スティーヴン・スピルバーグ
出演  サム・ニール、ローラ・ダーン
  • 作品
  • 8.55

バック・トゥ・ザ・フューチャー

公開年 1985年
製作国 アメリカ
監督  ロバート・ゼメキス
出演  マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
  • 作品
  • 8.18

カサブランカ

公開年 1942年
製作国 アメリカ
監督  マイケル・カーティス
出演  ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン
新着コンテンツ