スラムドッグ$ミリオネア

ネタバレが含まれている場合があります。

スラムドッグ$ミリオネア
公開年
2008年
製作国
イギリス
監督
ダニー・ボイル
出演
デーヴ・パテール、フリーダ・ピントー、マドゥル・ミッタル、アニル・カプール、イルファーン・カーン
「スラムドッグ$ミリオネア」は、インド人外交官のヴィカス・スワラップの小説「ぼくと1ルピーの神様」を映画化した作品。人気テレビ番組「コウン・バネーガー・カロールパティ(クイズ$ミリオネア)」に出演した青年ジャマールがクイズに正解していく秘密が隠されたジャマールの人生や、ラティカへの愛が描かれる。

配給会社が見つからず、DVDでのリリースとなりかけたものの、FOXサーチライトが配給することになる。アカデミー賞で作品賞を含む8部門(作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞、音響賞(調整)、編集賞)を受賞するなど、非常に高い評価を受けた。興行的にもヒットとなり、北米で1億4千万ドルを、世界では3億7千万円を超える興行収入を上げた。日本でも約13億円の興行を上げた。

拷問を受けるジャマール

警察で拷問を受けている青年のジャマール・マリク。ジャマールは、全問正解すると2,000万ルピーを獲得できるテレビのクイズ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、2,000万ルピーまであと1問のところまで到達していた。だが、不正を疑われて警察に逮捕されていたのだった。どうやって答えがわかったかを聞く警部に、ジャマールは「知っていたんだ」と話す。ジャマールは、答えがわかった理由として、自らの過去を語り始める。

  

ジャマールの幼少期

ジャマールと兄のサリームは、ムンバイの貧しいスラムで少年期を過ごす。ジャマールは肥だめに落ちてまで、国民的スターだったアミターブ・バッチャンの写真にサインをもらう。この経験から、映画「鎖」の主演男優の名前を知っていた。また、イスラム教を信じていた母がヒンドゥー信者の起こした暴動で殺された時に、ラーマ神の姿をした子どもを見る。この経験から、ラーマ神が手に持っている物を知っていた。

  

ママン

母親を失って孤児となったジャマールとサリームは、同じく孤児の少女ラティカと一緒に暮らすようになる。3人はママンをリーダーとした男たちに連れて行かれる。他の子どもたちと一緒に生活しながら、ママンたちの命令で、ジャマールたちは物乞いをする。サリームはママンたちに見込まれ、子どもたちのリーダーとなっていく。

  

スラムドッグ$ミリオネア
シーン スラムドッグ$ミリオネア

列車での生活

母親を失って孤児となったジャマールとサリーム。孤児たちに物乞いをさせて金を稼いで・・・いるママンという男のグループの一員となるものの、ママンがジャマールの目をつぶそうとしたことから、2人は逃げ出す。走り出した列車に飛び乗った2人だったが、一緒に逃げるラティカとは離ればなれになってしまう。 ジャマールとサリームは、列車での新・・・
スラムドッグ$ミリオネア
シーン スラムドッグ$ミリオネア

快進撃にも冷静なジャマール

テレビの人気クイズ番組の「コウン・バネーガー・カロールパティ(クイズ$ミリオネア・・・)」に出場したジャマールは、偶然にも過去に経験してきたことから答えられる問題が出されたために、快進撃を続ける。「ケンブリッジ・サーカスがある場所は?」という問題には、働いていたコールセンターで見ていた表示などから、オックスフォード・サーカス・・・
スラムドッグ$ミリオネア
シーン スラムドッグ$ミリオネア

サリームへの怒りをぶつけるジャマール

青年に成長したジャマールは、コールセンターのアシスタントとして働き始める。行方が・・・わからなくなっていた兄サリームの電話番号をコールセンターのシステムで見つけたジャマールは、サリームに連絡する。2人は建設中のビルで再会する。 数年前、ジャマールが愛するラティカを、サリームはギャングのボスに引き渡していた。そのことを今も怒・・・
人物 スラムドッグ$ミリオネア

ジャマール・マリク

俳優:デーヴ・パテール ジャマール・マリクは、「クイズ$ミリオネア」の解答者として出演する、映画「スラム・・・ドッグ$ミリオネア」の登場人物。「クイズ$ミリオネア」で正解を続け、その裏には、ラティカのことを思い続けて生きていた経験が隠されていることが明らかになる。 兄はサリームで、母親によってムンバイ(当時はボンベイ)のスラムで育てられる。母親が・・・
人物 スラムドッグ$ミリオネア

ラティカ

俳優:フリーダ・ピントー ラティカは、スラムで育った女性である、映画「スラムドッグ$ミリオネア」の登場人物・・・。孤児として1人でいた幼少期にに、同じく孤児であるジャマールと知り合う。ジャマールやサリームとともに、ママンが集めた孤児たちと暮らし始める。ジャマールやサリームとママンの元から逃げ出そうとするが、途中でサリームに手を離されてしまい、ママンに・・・
人物 スラムドッグ$ミリオネア

サリーム・マリク

俳優:マドゥル・ミッタル サリーム・マリクは、ジャマールの兄である、映画「スラムドッグ$ミリオネア」の登場・・・人物。幼少期からジャマールに兄貴風を吹かせているが、ジャマールのことを大切にも思っている。度胸と行動力があり、ギャングのメンバーとしてのし上がっていく。 弟のジャマールとともに、母親によってムンバイ(当時はボンベイ)のスラムで育てられる。・・・
セリフ スラムドッグ$ミリオネア

クマール「ムンバイから来たお茶くみのジャマール・マリクです。“クイズ$ミリオネア”を始めましょう!」

0:03:05頃 「クイズ$ミリオネア」に出場したジャマール。司会者のクマールは・・・、ジャマールの職業がコール・センターのアシスタントでお茶くみなどをしていることを聞く。あらためてジャマールが紹介され、「クイズ$ミリオネア」がスタートする。 ・・・
セリフ スラムドッグ$ミリオネア

警部「こいつは1,000万まで獲得した。どうやったらスラムドッグにそんなことができるんだ?」

0:05:30頃 「クイズ$ミリオネア」で最後の1問のところまで到達したジャマー・・・ル。続きは翌日となり、テレビ局を出ようとしたジャマールは、警察によって捕らえられる。ジャマールが不正をしたとして、司会者のクマールが手を回したのだった。このあと、ジャマールがどうやって答えを知ったかが明かされていく。 ・・・
セリフ スラムドッグ$ミリオネア

ジャマール「ラーマとアラーが存在しなければ、今も母は生きていた」

0:19:25頃 「クイズ$ミリオネア」の問題の1つは、ヒンドゥー教の神であるラ・・・ーマが右手に持っているものだった。なぜ答えを知っていたかを説明する前のジャマールの言葉。ヒンドゥー教とイスラム教を信じる者たちのいさかいによって、ジャマールの母は亡くなっていた。 ・・・
音楽 スラムドッグ$ミリオネア

O... Saya

「O... Saya」は、「スラムドッグ$ミリオネア」の音楽を担当したA・R・ラ・・・フマーンと、イギリスのミュージシャンであるM.I.A.による楽曲。アカデミー歌曲賞にノミネートされた。幼少期のジャマールとサリームが警官に追われるシーンで使われている(0:06:00頃)。 ・・・
音楽 スラムドッグ$ミリオネア

Paper Planes

「Paper Planes」は、イギリスのミュージシャンであるM.I.A.が20・・・07年にリリースしたアルバム「カラ」に収録されている楽曲。「スラムドッグ$ミリオネア」では、少年期のジャマールとサリームが、列車にただ乗りして、物売りなどをして生活するシーンで使われている(0:38:20頃)。 ・・・
音楽 スラムドッグ$ミリオネア

エウリディーチェを失って - オルフェオとエウリディーチェ

「エウリディーチェを失って」は、神聖ローマ帝国の作曲家であるクリストフ・ヴィリバ・・・ルト・グルックが1762年に作曲したオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」のアリア。「スラムドッグ$ミリオネア」では、野外の会場で演じられるオペラで歌われている(0:46:35頃)。この曲を聞いたジャマールはラティカのことを思い出す。 ・・・
キーワード スラムドッグ$ミリオネア

評価、興行収入

配給会社が見つからず、DVDでのリリースとなりかけたものの、FOXサーチライトが・・・配給することになる。アカデミー賞で作品賞を含む8部門(作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞、音響賞(調整)、編集賞)を受賞するなど、非常に高い評価を受けた。 興行的にもヒットとなり、北米で1億4千万ドルを、世界では3億7千万円を・・・
キーワード スラムドッグ$ミリオネア

インド、ムンバイ

「スラムドッグ$ミリオネア」の主な舞台となるのは、インドの大都市であるムンバイで・・・ある。ジャマール、サリーム、ラティカは、ムンバイ(当時はボンベイ)で孤児として育つ。少年期はムンバイを離れるジャマールとサリームだったが、ラティカを探しにムンバイに戻ってくる。やがて、ジャマールたちが青年期になると、ムンバイはビジネスの町へ・・・
キーワード スラムドッグ$ミリオネア

テレビ番組「コウン・バネーガー・カロールパティ(クイズ$ミリオネア)」

ジャマールは、人気テレビ番組の「コウン・バネーガー・カロールパティ(クイズ$ミリ・・・オネア)」に出演する。「フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア」がもともとの番組名のイギリス発祥のクイズ番組である。日本では、みのもんたが司会を務めた「クイズ$ミリオネア」のタイトルで知られている。 司会者と解答者が向かい合って座り、・・・
新着コンテンツ