セリフ・名言 アンタッチャブル

ネス「飲みにでも行くさ」

重要な部分に触れている場合があります。

新聞記者「禁酒法は廃止になると言われてます。その時はどうします?」
ネス「飲みにでも行くさ」

Scoop: they're going to repeal Prohibition. What'll you do then?
Ness: I think I'll have a drink.

1:55:15頃
「アンタッチャブル」の最後のセリフ。多くの犠牲を出しながらカポネとの戦いに勝利したネス。仕事は終わり、シカゴ市警からも去る。庁舎を出たところを待っていた新聞記者とネスのやり取り。ネスはシカゴの町の中へと消えていく。

登場人物・キャスト

アンタッチャブル IMDb
人物 1 アンタッチャブル

エリオット・ネス

俳優:ケビン・コスナー エリオット・ネスは、財務省特別捜査官としてシカゴに派遣された人物。強い正義感を持・・・ち、マローン、ストーン、ウォレスの4人の仲間(「アンタッチャブル」と呼ばれる)とともに、ギャングのボスであるアル・カポネの逮捕に奔走する。結婚の良さを部下に語るなど、良き夫、良き父親でもある。 密造酒でもうけているアル・カポネを逮捕するた・・・

その他のセリフ・名言

アンタッチャブル IMDb
セリフ・名言 1 アンタッチャブル

マローン「財務省の捜査官なんて言う偽物がいるか?」

0:17:50頃 初めての手入れが失敗して落ち込むネスの前に、パトロール中の警官・・・であるマローンが現れる。妻からもらったメモの紙を川に捨てたネスに注意するマローンは、ネスが銃を持っていることに気づく。その後のやり取り。マローンの優秀さが分かる。 ・・・
アンタッチャブル IMDb
セリフ・名言 2 アンタッチャブル

マローン「君は、法執行の最初のルールを達成したところだよ。勤務を終えて、生きて帰ること」

0:19:05頃 橋の上で偶然出会ったネスとマローン。初めての手入れに失敗して落・・・ち込むネスに、マローンがかける言葉。警官という危険な職業で一番大事なことを教えてくれる。だが、この後マローンは、アル・カポネを追い詰めるという危険な任務に、ネスとともに取り掛かることになる。 ・・・
アンタッチャブル IMDb
セリフ・名言 3 アンタッチャブル

マローン「これがシカゴでのやり方だ」

0:28:40頃 マローンを仲間に誘ったネスだったが、「10年前だったら」といっ・・・たんは断られる。だが、再びネスの前に現れたマローンが、ネスに語る言葉。シカゴに来たばかりで、カポネの恐ろしさを知らないネスに、戦いの厳しさを説き、覚悟を問うている。 ・・・
アンタッチャブル IMDb
セリフ・名言 4 アンタッチャブル

マローン「君は血の誓いを交わした」

0:29:30頃 アル・カポネを捕まえたいというネスの覚悟を見て、マローンは仲間・・・になることにする。ネスに握手を求めた後の、マローンとネスのやり取り。カポネと戦うことへのマローンの強い覚悟が分かる。対して、ネスがマローンの言葉の真の意味を知るのは、少し先のことになる。 ・・・
アンタッチャブル IMDb
セリフ・名言 5 アンタッチャブル

マローン「腐ったリンゴが嫌なら、木からもぎ取るんだ」

0:30:15頃 警察内部に信用できる人間がいない状況で、どのように仲間を見つけ・・・れば良いかわからないネス。そんなネスにマローンが語る言葉。この後マローンは、ネスを警察学校に連れていく。警官になる前の、まだ腐っていない男たちの中から仲間を探すのだった。 ・・・
ストーリー アンタッチャブル

ストーリー・あらすじ紹介

アンタッチャブルのストーリー・あらすじ紹介。
シーン アンタッチャブル

シーン紹介

アンタッチャブルのシーン紹介。
人物 アンタッチャブル

登場人物紹介

アンタッチャブルの登場人物紹介。
  • 作品

ジュラシック・パーク

公開年 1993年
製作国 アメリカ
監督  スティーヴン・スピルバーグ
出演  サム・ニール、ローラ・ダーン
  • 作品
  • 8.55

バック・トゥ・ザ・フューチャー

公開年 1985年
製作国 アメリカ
監督  ロバート・ゼメキス
出演  マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
  • 作品

市民ケーン

公開年 1941年
製作国 アメリカ
監督  オーソン・ウェルズ
出演  オーソン・ウェルズ、ジョゼフ・コットン
  • 作品

シャイニング

公開年 1980年
製作国 アメリカ
監督  スタンリー・キューブリック
出演  ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル
  • 作品

レベッカ

公開年 1940年
製作国 アメリカ
監督  アルフレッド・ヒッチコック
出演  ジョーン・フォンテイン、ローレンス・オリヴィエ
新着コンテンツ