舟に鯨がぶつかる臨場感 鯨漁を捉えた空撮 自然とともに生きるインドネシアの人々追う「くじらびと」予告

映画スクエア

「くじらびと」の写真をもっと見る

 9月3日より劇場公開される、伝統の捕鯨を続けながら暮らすインドネシア・ラマレラ村の⼈々を追ったドキュメンタリー映画「くじらびと」の、予告編が公開された。

 公開された予告編は、「東からの風に乗って村に鯨の季節がやってくる」というベテランのラマファ(モリ打ち)の声から始まる。そして、手作り・手こぎの小さな舟に乗り込み、モリ一本と経験を武器に巨大なマッコウクジラに向かっていくラマレラ村の鯨漁が説明され、鯨は村人の胃を満たすだけでなく、油は灯りとなり、物々交換の市場では肉が貨幣となることなどが描かれる。さらには、
男たちによる鯨漁の様子が、舟に鯨が体当たりして生じる水しぶきや轟音による臨場感あふれる映像や、水中の鯨と飛び込むラマファらを捉えた空撮映像などで映し出されている。

 「くじらびと」は、人口1500人のインドネシア・ラマレラ村で、400年も変わらぬ伝統の捕鯨を続け、自然とともに生きる人々の姿を収めたドキュメンタリー映画。人々から尊敬を集める巨大クジラに挑むラマファ(モリ打ち)の姿などを、臨場感あふれる映像で捉えている。写真家で映画監督の石川梵が、ライフワークとして30年間に渡りラマレラ村の人々を追い続け、彼らの生き方への深い理解と互いの信頼関係を長い時間をかけて築き、2017年から2019年までの3年間に撮影した映像を、ドキュメンタリー映画に結実させた。世界で初めてラマレラでの鯨漁の空撮と水中撮影に成功している。

舟に鯨がぶつかる臨場感 鯨漁を捉えた空撮 自然とともに生きるインドネシアの人々追う「くじらびと」予告

【作品情報】
くじらびと
2021年9月3日(⾦)より新宿ピカデリーほか全国公開
配給:アンプラグド
©Bon Ishikawa

  • 作品

くじらびと

公開年 2021年
製作国 日本
監督  石川梵
出演  
新着コンテンツ