ジュリエット・ビノシュが女性たちの革命を主導 「良妻の時代は終わった!」 「5月の花嫁学校」予告編  

映画スクエア

「5月の花嫁学校」の写真をもっと見る

 1967年のフランス・アルザス地方の花嫁学校(家政学校)を舞台にした、ジュリエット・ビノシュ主演のコメディ「5月の花嫁学校」の、予告編が公開された。

 公開された予告編では、夫の突然の死によって遺された家政学校が破産寸前であることが分かって戸惑うポーレット(ジュリエット・ビノシュ)の姿、元恋人との再会、フランス全土で抗議行動が広がった5月革命に影響を受けて「良妻の時代は終わった!」と叫ぶシーン。先生たちと「目を覚ませ、立ち向かおう」と歌い踊るシーンなどが切り取られている。

 「5月の花嫁学校」は、アカデミー賞や世界3大映画祭での受賞歴を持つジュリエット・ビノシュが主演し、「セラフィーヌの庭」でセザール賞主演女優賞を受賞したヨランド・モローや、セザール賞主演女優&助演女優賞に6度ノミネートされているノエミ・ルヴォウスキーらが共演。監督は、カトリーヌ・ドヌーブを起用した「ルージュの手紙」などで知られるマルタン・プロヴォが務める。今年度のセザール賞では、助演女優賞(ヨランド・モロー、ノエミ・ルヴォウスキー)、助演男優賞(エドゥアール・ベール)、衣装デザイン賞、美術賞にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

ジュリエット・ビノシュが女性たちの革命を主導 「良妻の時代は終わった!」 「5月の花嫁学校」予告編  

【作品情報】
5月の花嫁学校
2021年5月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開
配給:アルバトロス・フィルム
© 2020 - LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 3 CINÉMA - ORANGE STUDIO – UMEDIA

新着コンテンツ