ユー・ガット・メール 名シーン紹介

重要な部分に触れている場合があります。

ユー・ガット・メール
シーン1 ユー・ガット・メール

ののしりの言葉をジョーにぶつけるキャスリーン

大型書店チェーン一族のジョーと、小さな児童書専門店を経営するキャスリーンは、商売・・・敵だった。一方で、相手の素性を知らずにメールのやりとりをし、心を許す関係にあったが、2人はそのことに気づいていない。2人は会うことになる。先に来ているキャスリーンの姿を見たジョーは、メールの相手が商売敵と知る。立ち去ろうとしたジョーだったが・・・
ユー・ガット・メール
シーン2 ユー・ガット・メール

ジョーを責め続けるキャスリーン

商売敵であるジョーとキャスリーンは、相手の素性を知らずにメールのやりとりをし、メ・・・ールでは心を許す関係にあった。2人はメールで会う約束をし、ジョーはメール相手がキャスリーンであることに気づく。ジョーはメール相手であることは告げずにキャスリーンと話をし、キャスリーンからののしりの言葉をぶつけられる。 話を続けるキャスリー・・・
ユー・ガット・メール
シーン3 ユー・ガット・メール

NY152の意味

ジョーが経営する大型書店チェーンが出店したことによって、キャスリーンが経営してい・・・た小さな児童書専門店は閉店を余儀なくされる。一方で、素性を隠したままメールをするうちにキャスリーンを好きになっていたジョーは、自分がメール相手であることをキャスリーンには告げないまま、なんとか仲良くなろうとする。 話をするようになったジョ・・・
ユー・ガット・メール
シーン4 ユー・ガット・メール

ジョーの告白と謝罪

ジョーが経営する大型書店チェーンが出店したことによって、キャスリーンが経営してい・・・た小さな児童書専門店は閉店を余儀なくされる。一方で、素性を隠したままメールをするうちにキャスリーンを好きになっていたジョーは、自分がメール相手であることをキャスリーンには告げないまま、なんとか仲良くなろうとする。 キャスリーンがメール相手・・・
ユー・ガット・メール
シーン5 ユー・ガット・メール

「あなただったらって思ってた」

キャスリーンが経営していた小さな児童書専門店は、ジョーが経営する大型書店チェーン・・・の影響で閉店を余儀なくされる。一方で、素性を隠したままメールをするうちにキャスリーンを好きになっていたジョーは、自分がメール相手であることをキャスリーンには告げないまま、なんとか仲良くなろうとする。メール相手と会うことになったキャスリーンは・・・

ユー・ガット・メールの関連コンテンツ

人物 ユー・ガット・メール

登場人物紹介

ユー・ガット・メールの登場人物紹介。
セリフ・名言 ユー・ガット・メール

セリフ紹介

ユー・ガット・メールのセリフ紹介。
音楽 ユー・ガット・メール

音楽紹介

ユー・ガット・メールの音楽紹介。
キーワード ユー・ガット・メール

キーワード紹介

ユー・ガット・メールのキーワード紹介。
ストーリー ユー・ガット・メール

ストーリー・あらすじ紹介

ユー・ガット・メールのストーリー・あらすじ紹介。
ユー・ガット・メール
  • 作品
  • 7.46

ユー・ガット・メール

「ユー・ガット・メール」は、エルンスト・ルビッチ監督、ジェームズ・スチュアート出・・・演の「桃色の店」(1940)のリメイクである。ちなみに「桃色の店」は、ハンガリーの劇作家ミクローシュ・ラースローによる、1937年に初演された戯曲を元にしている。「桃色の店」の登場人物たちは手紙で文通をしているが、「ユー・ガット・メール」で・・・
新着コンテンツ