セリフ・名言 ムーンライト

フアン「そしたらばあさんが俺を止めて言った。“月明かりを浴びて走ってると、黒人の子どもたちは青に見える。あんたも青い”って」

重要な部分に触れている場合があります。

フアン「俺はフロリダが長い。キューバから来たんだ。キューバには黒人がたくさんいる。おまえは知らないだろうがな。俺はおまえみたいなチビのガキだった。月が出た時は裸足で駆け回ったよ。ある時、ばあさんの近くをバカやりながら走り回ってた。そしたらばあさんが俺を止めて言った。“月明かりを浴びて走ってると、黒人の子どもたちは青に見える。あんたも青い。だからあんたをブルーって呼ぶ”って」

リトル「ブルーって名前なの?」

フアン「違うさ」

Juan: I've been here a long time. I'm from Cuba. Lotta black folks in Cuba. You wouldn't know that from being here, though. I was a wild little shorty, man. Just like you. Running around with no shoes on, when the moon was out. This one time, I ran by this old... this old lady. I was runnin' and hollerin', and cuttin' a fool, boy. This old lady, she stopped me. She said... "Runnin' around, catching up all that light. In moonlight, black boys look blue. You blue, that's what I'm gon' call you. 'Blue'."
Little: So your name 'Blue'?
Juan: Nah.

Moonlight Movie CLIP - Decide for Yourself (2016) - Trevante Rhodes Movie

0:19:45頃
母がドラッグ中毒で家に居場所がない少年のシャロン(リトル)は、麻薬の売人の元締めであるフアンと知り合う。フアンはシャロンに黒人と月明かりについての話をする。映画のタイトルにもなっている「ムーンライト」の言葉が登場する。

「ムーンライト」の関連項目

人物 4 ムーンライト

フアン

俳優:マハーシャラ・アリ フアンは、ドラッグの売人の元締めである、映画「ムーンライト」の登場人物。キューバ・・・出身。恋人のテレサと暮らしている。いじめられて廃虚のアパートに逃げ込んだシャロンを見て、声をかける。食事をさせて家に連れていき、家に帰りたくないというシャロンを泊まらせる。翌日に家まで送るが、シャロンの母親であるポーラから冷たい態度を取られ・・・
人物 1 ムーンライト

シャロン

俳優:トレヴァンテ・ローズ/アシュトン・サンダース/アレックス・ヒバート シャロンは、映画「ムーンライト」の登場人物。少年、高校生、大人のシャロンが描かれ・・・る。 少年時代は、マイアミのスラムの公営住宅に母親と暮らす。無口でおとなしい性格。母親はドラッグ中毒で、体を売って生活している。歩き方などから「ホモ」といじめられているが、自分にゲイの自覚はない。いじめから逃げたところを見たフアンと知り合・・・
シーン 3 ムーンライト

フアンからリトルへのアドバイス

マイアミのスラム地区。麻薬の売人の元締めであるフアンは、いじめにあっている少年の・・・リトルと知り合う。だがリトルの母親であるポーラは、フアンに冷たい態度を取る。ある日、フアンはリトルに海で泳ぎを教えてやる。体の動かし方を教わったリトルは、1人で泳げるようになる。そんなリトルを見て、フアンは喜ぶ。フアンはリトルの父親代わりの・・・
キーワード 8 ムーンライト

ムーンライト(月明かり)

タイトルにもなっているムーンライト(月明かり)が、フアンが小さいときの話に登場す・・・る。夜に走り回って遊んでいたフアンは、老婆から「月明かりを浴びると肌の色が青に見える」と言われたという話である。その後、シャロンとケヴィンは、月明かりの下、砂浜で愛の交歓をする。また、シャロンとケヴィンが身を寄せ合うシーンのあと、少年時代の・・・
キーワード 3 ムーンライト

フロリダ州マイアミ

「ムーンライト」の舞台となるのはフロリダ州マイアミと、ジョージア州アトランタであ・・・る。マイアミでは、スラム化しているリバティ・シティ公営住宅で撮影が行われた。リバティ・シティは、監督のバリー・ジェンキンスと原案のタレル・アルヴィン・マクレイニーが育った場所である。撮影にあたって安全面の懸念があったが、ジェンキンスがリバテ・・・

その他の「ムーンライト」のセリフ・名言

セリフ・名言 4 ムーンライト

フアン「自分が何者であるかを自分で決める時が来る。その時は他人に決めさせちゃダメだ」

0:21:00頃 麻薬の売人の元締めであるフアンは、母がドラッグ中毒で家に居場所・・・がない少年のシャロンと知り合い、シャロンの父親代わりの存在となる。そんなシャロンが、フアンに伝える言葉。シャロンは周りから「ホモ」といじめられていたが、自分がゲイであるという認識はまだなかった。 ・・・
セリフ・名言 5 ムーンライト

ポーラ「あの子が歩くところを見たことある?どうして他の子にいつもいじめられるかを教えてあげられる?」

0:29:10頃 麻薬の売人の元締めであるフアンは、自分の組織が売った麻薬を吸う・・・シャロンの母ポーラの姿を見つける。シャロンの父親代わりのような存在になっていたフアンのことを、ポーラは気に入っていなかった。そんなポーラが、フアンに問いかける言葉。 ・・・
セリフ・名言 6 ムーンライト

フアン「俺もママが嫌いだった。今では心の底から恋しい。そんなもんだ」

0:32:45頃 シャロン(リトル)の母ポーラはドラッグ中毒で、ポーラが使用する・・・ドラッグはフアンが売ったものだった。母親に怒鳴られたリトルが、フアンの家にやってくる。母親についての思いを語るリトルにフアンが返す言葉。 ・・・
セリフ・名言 7 ムーンライト

フアン「おまえはホモじゃない。ゲイかもしれないが、誰にもホモなんて言われる筋合いはない」

0:33:25頃 少年時代のシャロン(リトル)には自覚がなかったが、歩き方などか・・・ら周囲にはゲイと認識されていた。「ホモ」と言われたシャロンが、フアンに意味を聞く。シャロンは言葉を選びながら、シャロンに言葉の意味と気にする必要がないことを話す。 ・・・
セリフ・名言 8 ムーンライト

リトル「ドラッグを売ってるの?」

0:34:55頃 シャロン(リトル)の父親代わりの存在となっていたフアン。だがそ・・・のフアンの母ポーラはドラッグ中毒者で、そのドラッグを売っているのはフアンの組織だった。シャロンから問われたフアンは、正直に答えるしかなかった。シャロンが帰ったあと、フアンは涙ぐむ。 ・・・
ストーリー ムーンライト

ストーリー・あらすじ紹介

ムーンライトのストーリー・あらすじ紹介。
音楽 ムーンライト

音楽紹介

ムーンライトの音楽紹介。
キーワード ムーンライト

キーワード紹介

ムーンライトのキーワード紹介。
人物 ムーンライト

登場人物紹介

ムーンライトの登場人物紹介。
シーン ムーンライト

シーン紹介

ムーンライトのシーン紹介。
Mommy/マミー

Mommy/マミー

「Mommy/マミー」は、発達障害児の親が経済的困難や身体的もしくは精神的な危機・・・に陥った時には、法的手続きなしで入院させる権利が保証されている、現実とは別の「とある世界のカナダ」を舞台に、ADHDの青年スティーヴと母親のダイアン、2人と親しくなっていく吃音のカイラの3人の姿を描いた作品。 アスペクト比が1対1の画・・・
羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

「羊たちの沈黙」は、トマス・ハリスの原作を映画化した作品。連続猟奇殺人事件の捜査・・・を軸に、FBIアカデミーの生徒であるクラリスと、クラリスにアドバイスをする精神病院に入れられている連続殺人犯レクターとの交流を描く。 高く評価され、アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚色賞、主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)、主演女優賞(ジ・・・
マイノリティ・リポート
  • 作品
  • 7.51

マイノリティ・リポート

「マイノリティ・リポート」は、フィリップ・K・ディックの短編小説を元にした作品。・・・だが、「犯罪予知が可能になった未来」「ジョンが殺人犯と予知される」という設定は踏襲しているものの、人物の設定や内容は大幅に改変されている。スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズが初めてコンビを組んだ作品。 サターン賞の10部門にノミネ・・・
インデペンデンス・デイ
  • 作品
  • 7.23

インデペンデンス・デイ

「インデペンデンス・デイ」は、宇宙人の攻撃に対する地球人の反撃を描いた作品。アメ・・・リカ大統領、海兵隊員、科学者、飛行機乗りといった人物の活躍を描く。物語は7月2日に始まり、アメリカの独立記念日である7月4日に終わる。 評価は分かれたものの、サターン賞ではSF映画作品賞や監督賞を受賞し、脚本賞、衣装賞、助演男優賞(ブレン・・・
アンタッチャブル

アンタッチャブル

「アンタッチャブル」は、禁酒法時代のアメリカの都市シカゴを舞台に、ギャングの大物・・・アル・カポネを、エリオット・ネス率いる通称「アンタッチャブル」が追い詰める姿を描いた作品。1959年にテレビドラマ化もされた、エリオット・ネスの自伝を元にしている。エリオット・ネスを演じたケビン・コスナーは、本作のヒットによりスターとなる。・・・
新着コンテンツ