水を抱く女

水を抱く女
公開年
2020年
製作国
ドイツ、フランス
監督
クリスティアン・ペッツォルト
出演
パウラ・ベーア、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ
「水を抱く女」は、「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して、水に還らなければならない」という宿命を背負ったウンディーネの神話を、現代のベルリンにして幻想的に蘇らせた作品。監督・脚本を務めるのは、ドイツの歴史を描き続けてきたクリスティアン・ペッツォルト。ともにペッツォルト監督の前作「未来を乗り換えた男」に出演したパウラ・ベーアとフランツ・ロゴフスキが出演している。ウンディーネを演じたベーアは、ベルリン国際映画祭とヨーロッパ映画賞で女優賞を受賞する評価を受けている。

2021年3月26日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

配給:彩プロ

© SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020
ニュース 水を抱く女

別れを告げる男に「私を捨てたら殺すわよ」 宿命背負う女性の切ない言葉 映画「水を抱く女」冒頭本編映像

「水を抱く女」の写真をもっと見る  水の精・ウンディーネの神話をモチーフに・・・、「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して、水に還らなければならない」という切ない宿命を背負った女の物語した映画「水を抱く女」から、冒頭の本編映像が公開となった。  公開となった冒頭映像の舞台はカフェ。恋人ヨハネスから別れ話を切り出され・・・
ニュース 水を抱く女

黒沢清監督「ベルリンの地縛霊が忽然とよみがえり、官能も恐怖も申し分なし」 「水を抱く女」鑑賞コメント

「水を抱く女」の写真をもっと見る  3月26日に公開される、水の精・ウンデ・・・ィーネの神話をモチーフにした映画「水を抱く女」を鑑賞した著名人によるコメントが公開となった。  黒沢清監督は「これは驚いた。ドイツ製ダーク・ファンタジーだ。ベルリンの地縛霊が忽然とよみがえり、官能も恐怖も申し分なし。こんなのがあったんだ」・・・
ニュース 水を抱く女

パウラ・ベーア演じる悲しき宿命背負ったウンディーネ 「水を抱く女」場面写真 ベルリン映画祭で女優賞

「水を抱く女」の写真をもっと見る  3月26日に公開される、水の精・ウンデ・・・ィーネの神話をモチーフにした映画「水を抱く女」の場面写真が公開となった。  公開された場面写真は、本作でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞したパウラ・ベーア演じる主人公ウンディーネの美しさ際立つカットや、数奇な運命に導かれるようにウンデ・・・

ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人のヨハネスが別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。数奇な運命に導かれるように、惹かれ合うふたりだったが、次第にクリストフはウンディーネが何かから逃れようとしているような違和感を覚え始める。
新着コンテンツ