セリフ・名言 her/世界でひとつの彼女

エイリアン・チャイルド「ついてきな、クソ頭!」

重要な部分に触れている場合があります。

セオドア「どうしたらここから出られるんだ?この星から脱出する宇宙船を探さないと」

エイリアン・チャイルド「ファック・ユー、クソ頭、クソ顔、クソ頭」

セオドア「わかったよ。でも出る方法を知ってるんだろ?」

エイリアン・チャイルド「ファック・ユー、クソ頭、クソ顔、僕の視界から出ていけ」

サマンサ「これはテストよ」

セオドア「(エイリアン・チャイルドに)ファック・ユー」

エイリアン・チャイルド「ファック・ユー!」

セオドア「ファック・ユー!クソ野郎!」

エイリアン・チャイルド「(笑って)ついてきな、クソ頭!」

Theodore: Do you know how to get out of here? I need to find my ship to get off this planet.
Alien Child: Fuck you, shit-head, fuck-face, fuck-head!
Theodore: Okay... but do you know how to get out of here?
Alien Child: Fuck you, shit-head, fuck-face, get the fuck out of my face!
Samantha: I think it's a test.
Theodore: Fuck you.
Alien Child: Fuck you!
Theodore: Fuck you, you little shit!
Alien Child: Follow me, fuck-head!

0:19:40頃
これまで1人でゲームをしていたセオドアだったが、OSのサマンサがアドバイスをしてくれる。ゲームの中のキャラクターであるエイリアン・チャイルドはセオドアを罵倒するが、罵倒し返したセオドアを気に入り、先へ進めるようになるのだった。

「her/世界でひとつの彼女」の関連項目

キーワード 7 her/世界でひとつの彼女

ゲーム

「her/世界でひとつの彼女」には、近未来のゲームが登場する。1つはセオドアが自・・・宅で遊ぶゲームで、宇宙船を見つけて惑星から脱出するという内容。両手の指を動かしてゲーム内のキャラクターを動かす。ゲーム内に登場するキャラクターとは、直接話しかけることでコミュニケーションを取る。 もう1つはエイミーが開発中のゲームで、“完・・・
人物 1 her/世界でひとつの彼女

セオドア・トゥオンブリー

俳優:ホアキン・フェニックス セオドア・トゥオンブリーは、人工知能OSのサマンサに恋をする、映画「her/世界・・・でひとつの彼女」の登場人物。幼なじみで互いに影響を与えて生きていた妻キャサリンと別居中。キャサリンへの未練から離婚の書類にサインせず、ゲームやチャットでのバーチャル・セックスをするなどして生活している。仕事は手紙の代筆業で、かつては新聞にコ・・・
人物 2 her/世界でひとつの彼女

サマンサ

俳優:声スカーレット・ヨハンソン サマンサは、セオドアが買った人工知能を持つオペレーションシステム「OS1」の人格・・・である、映画「her/世界でひとつの彼女」の登場キャラクター。肉体を持たず、声だけでコミュニケーションを取る。 100万人の人格の集合体が基礎にあり、経験によって進化していく。セオドアが最初に起動した状態でも、名付け親の本を100分の2秒の・・・
キーワード 1 her/世界でひとつの彼女

評価、興行収入

「her/世界でひとつの彼女」は、アカデミー賞で「作品賞」「脚本賞」「作曲賞」「・・・歌曲賞」「美術賞」の5部門にノミネートされ、「脚本賞」を受賞した。サターン賞では「ファンタジー映画賞」「助演女優賞=スカーレット・ヨハンソン」「脚本賞」を受賞し、「男優賞=ホアキン・フェニックス」にノミネートされた。スカーレット・ヨハンソン・・・
音楽 7 her/世界でひとつの彼女

音楽(アーケード・ファイア)

「her/世界でひとつの彼女」の音楽にクレジットされているのは、カナダのロックバ・・・ンドであるアーケード・ファイア。アーケード・ファイアのメンバーであるウィル・バトラーとサポート・メンバーのオーウェン・パレットがアカデミー作曲賞にノミネートされた。 ・・・

その他の「her/世界でひとつの彼女」のセリフ・名言

セリフ・名言 5 her/世界でひとつの彼女

サマンサ「この子、問題があるわね」

0:21:50頃 セオドアは、人工知能OSのサマンサと一緒にゲームをする。ゲーム・・・内に登場する言葉遣いの悪い宇宙人「エイリアン・チャイルド」は、時には泣くというセオドアのことをからかう。そんなエイリアン・チャイルドを、サマンサは笑いながら「問題がある」と指摘するのだった。 ・・・
セリフ・名言 6 her/世界でひとつの彼女

セオドア「君に愛する人を失う気持ちなんてわからない」

0:27:30頃 夜眠れないセオドアは、別居中の妻キャサリンのことについてサマン・・・サに話をする。ついサマンサに対して言葉を荒げてしまうセオドアだったが、すぐにそんな自分の言動について謝る。AIのサマンサは、セオドアの言葉を聞いて進化していく。 ・・・
セリフ・名言 7 her/世界でひとつの彼女

セオドア「もうこれからは何も新しいことは感じられないと。ただ、すでに感じたことの劣化版を感じるだけなんじゃないかと」

0:38:15頃 初めて会ったデート相手と親しくなるものの、真剣な交際を求められ・・・て引いてしまい、結局デートはうまくいかなかったセオドア。その夜、眠れないセオドアがサマンサに語る言葉。セオドアは、キャサリンとの楽しかった思い出を思い浮かべながら語る。 ・・・
セリフ・名言 8 her/世界でひとつの彼女

セオドア「君の頭を手で包んで。そして唇の端からキスをするんだ。やさしく。そして唇をはわせて、君を味わうんだ」

0:40:40頃 初めて会ったデート相手と楽しい時間を過ごすものの、真剣な交際を・・・求められて引いてしまい、結局はうまくいかなかったセオドア。その夜、眠れないセオドアとサマンサが話をし、やがて音声で仮想のセックスをする。 ・・・
セリフ・名言 9 her/世界でひとつの彼女

サマンサ「すべてについて学びたいの。すべて味わい尽くしたいの。自分を見つけたいのよ」

0:45:05頃 セオドアとサマンサは仮想のセックスをする。その翌朝の2人のやり・・・取り。セックスを知ったサマンサは、もっとさまざまなことを学び、経験したいと考えるようになっていた。セオドアとのコミュニケーションによって、サマンサは変化していく。 ・・・
ストーリー her/世界でひとつの彼女

ストーリー・あらすじ紹介

her/世界でひとつの彼女のストーリー・あらすじ紹介。
音楽 her/世界でひとつの彼女

音楽紹介

her/世界でひとつの彼女の音楽紹介。
キーワード her/世界でひとつの彼女

キーワード紹介

her/世界でひとつの彼女のキーワード紹介。
人物 her/世界でひとつの彼女

登場人物紹介

her/世界でひとつの彼女の登場人物紹介。
シーン her/世界でひとつの彼女

シーン紹介

her/世界でひとつの彼女のシーン紹介。
イエスマン “YES”は人生のパスワード
  • 作品
  • 7.53

イエスマン “YES”は人生のパスワード

「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」は、知人の誘いで「イエス」セミナーに・・・出席し、どんな言葉にも「イエス」と返すことで人生が変わるカールを描いた作品。イギリスの作家ダニー・ウォレスが2008年に刊行した、自身の実体験を元にした小説を原作とした作品。映画化にあたっては、主人公が“イエスマン”になるきっかけなど、大き・・・
三度目の殺人
  • 作品
  • 7.05

三度目の殺人

「三度目の殺人」は、殺人事件の犯人として逮捕された三隅高司と弁護を担当することに・・・なった弁護士の重盛朋章たちの姿を描いた是枝裕和監督作品。タイトルになっている「三度目の殺人」とは、三隅に下される死刑判決を暗示している。重盛を福山雅治、三隅を役所広司が演じている。 日本アカデミー賞の「最優秀作品賞」「最優秀助演男優賞=役・・・
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」は、大ヒットシリーズ「インディ・ジョーンズ」・・・の第3作。キリストが最後の晩餐で使用し、永遠の命を得ることができるという聖杯を巡って、インディとナチスが争奪戦を繰り広げる。 シリーズで初めてインディの父ヘンリーが登場。確執のあった2人が、聖杯を巡る冒険をともにすることで理解し合う、親子・・・
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • 作品
  • 7.59

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は、同じ世界観の中で物語が展開する「・・・MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」シリーズの11作目の作品。「アヴェンジャーズ」シリーズの2作目にあたる。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソーといったヒーローが再集結し、トニーが生み出したウルトロンと戦う。 サタ・・・
戦場にかける橋

戦場にかける橋

「戦場にかける橋」は、第二次大戦中の東南アジアの捕虜収容所を舞台に、鉄道のための・・・橋建設を命じられた日本軍将校の斉藤大佐と、捕虜となったイギリス軍将校のニコルソン大佐を中心に描いた作品。自身の経験を基にしてビエール・ブールが書いた原作を、デイヴィッド・リーンが監督した。 ロケ地のスリランカに実際に橋が建設された(日本軍・・・
新着コンテンツ