魔女の宅急便 セリフ・名言

重要な部分に触れている場合があります。

セリフ・名言 1 魔女の宅急便

キキ「ひと月のばして、ステキなボーイフレンドが現れたらどうするの?それこそ出発できやしないわ」

0:02:50頃 夜は晴れて満月になるとラジオの天気予報で聞いた魔女のキキは、出・・・発することに決める。魔女には、13歳になると見知らぬ土地で1年間修行をするというしきたりがあったのだった。大急ぎで出発の準備をするキキと、黒猫のジジのやりとり。魔女のキキは、黒猫のジジと会話ができる。文句を言っているジジだが、キキと一緒に出・・・
セリフ・名言 2 魔女の宅急便

キキ「笑顔よ。第一印象を大事にしなきゃ」

0:15:45頃 魔女のしきたりにしたがって、見知らぬ土地で暮らす修行に出たキキ・・・は、港町のコリコを気に入る。多くの人が行き交う道の上を、ホウキでゆっくりと飛ぶキキとジジのやりとり。キキはニッコリと笑顔を見せる。魔女を見慣れないコリコの町の人々は、驚きの表情でキキを見ていた。その中には、このあとキキに声をかけてくるトンボ・・・
セリフ・名言 3 魔女の宅急便

キキ「でも、私は魔女です。魔女は飛ぶものです」

0:17:00頃 コリコの町を飛ぶキキは、バスにぶつかりそうになる。キキをよけよ・・・うとしたバスや車は、危うく事故を起こしかける。地面に降りたキキに警官が近づいてきて叱る。その時のやり取り。町の人たちや警官の冷たい態度に、キキは不機嫌になる。・・・
セリフ・名言 4 魔女の宅急便

トンボ「さすが魔女だな。僕のばあちゃんみたいだ」

0:18:20頃 交通事故を起こしそうになったため、警官にしかられるキキ。トンボ・・・が「泥棒!」と大声をあげたおかげで、キキは警官から離れることができた。その後、トンボがキキに話しかけてくるが、町の人たちや警官に冷たくされたキキは、冷たい態度を取る。だが、トンボはめげずに話しかける。・・・
セリフ・名言 5 魔女の宅急便

オソノ「大きな町だからね。いろんな人がいるさ。でも私は、あんたが気に入ったよ」

0:23:35頃 コリコの町の人々に冷たくされたキキは落ち込む。だが、客の忘れ物・・・を届けてあげたことから、グーチョキパン店のおかみであるオソノと知り合いになる。オソノは優しい人物で、忘れ物を届けてくれたキキを家に入れて、コーヒーをごちそうしてくれる。その時の2人の会話。・・・
セリフ・名言 6 魔女の宅急便

ジジ「僕、明日になると白猫になってると思うよ」

0:24:55頃 グーチョキパン店のオソノは、キキが見知らぬ土地で1年間修行をし・・・なければならないことを聞いて、2階の空き部屋を提供してくれる。キキは、窓から港が見える部屋を気に入ったが、しばらく人が使っていなかったためにホコリだらけだった。ホコリが気になるジジの言葉。・・・
セリフ・名言 7 魔女の宅急便

ジジ「あーあ、魔女も落ちぶれたものだよ。カラスは魔女の召し使いだったのにさ」

0:38:05頃 宅急便を始めたキキ。初めての仕事は、鳥カゴを配達することだった・・・。荷物を持って空を飛んでいると、突風にあおられて、カラスの巣の上に落ちてしまう。落ちた時に、カゴに入っていた黒猫のぬいぐるみを落としてしまったことに気づいたキキとジジ。探しに戻ろうとするが、巣を襲われたと思ったカラスたちが近づけてくれない。・・・
セリフ・名言 8 魔女の宅急便

ジジ「息は?」 キキ「できるだけしないで」

0:38:35頃 宅急便を始めたキキ。初めての仕事は、鳥カゴを配達することだった・・・。だが、鳥カゴに入っていた黒猫のぬいぐるみを落としてしまう。とりあえず間に合わせるため、ぬいぐるみに似ているジジがぬいぐるみのフリをすることになる。配達先の家が近づいてきた時のジジとキキのやりとり。・・・
セリフ・名言 9 魔女の宅急便

ジジ「ヌード?」 キキ「バカ」

0:46:05頃 森に落とした黒猫のぬいぐるみは、絵描きのウルスラが拾っていた。・・・ぬいぐるみは首の部分が破れていたが、ウルスラが縫って直してくれた。ぬいぐるみのフリをして配達されていたジジとぬいぐるみを無事に取り換えた帰り道での、キキとジジのやりとり。・・・
セリフ・名言 10 魔女の宅急便

オソノ「それ、とってもいいよ。黒は女を美しく見せるんだから」

0:50:40 キキは魔女の黒いワンピースが不満で、おしゃれな服装をしている少女・・・たちに劣等感を抱いていた。トンボからパーティに誘われたキキとオソノのやりとり。このあと、飛行船から落ちそうになったトンボを助けて有名になったキキの格好は、小さな女の子にまねされるようになる。・・・
セリフ・名言 11 魔女の宅急便

トンボ「才能を生かした仕事だろ?ステキだよ」

1:12:10頃 トンボは、人力飛行機を仲間と作るほど、飛ぶことに興味を持ってい・・・た。そんなトンボとキキのやりとり。キキはトンボを邪険に扱っていたが、トンボと話すようになり、親しくなる。だが、トンボが他の友だちと楽しそうに話すのを見ると、冷たくしてしまうのだった。・・・
セリフ・名言 12 魔女の宅急便

キキ「せっかく友だちができたのに、急に憎らしくなっちゃう。素直で明るいキキはどこかへ行っちゃったみたい」

1:15:30頃 トンボと仲良くなったキキ。だが、トンボが他の友だちと楽しそうに・・・話すのを見て、冷たくしてしまう。家に帰ってきたキキが、ベッドに倒れ込んでつぶやく言葉。この後、キキは魔力が弱くなってしまい、さらに落ち込むことになる。・・・
セリフ・名言 13 魔女の宅急便

キキ「魔法がなくなったら、私、何の取り柄もなくなっちゃう」

1:19:50頃 ジジの言葉が分からなくなってしまったキキ。ホウキに乗って飛ぶこ・・・ともできなくなってしまい、母親からもらったホウキも飛ぶ練習中に折ってしまう。ショックを受けたキキとオソノの言葉。キキは、宅急便の仕事を休まなければならなくなる。・・・
セリフ・名言 14 魔女の宅急便

ウルスラ「あーあ、この脚線美が分からないとはね」

1:23:50頃 町に買い出しにやって来たウルスラが、キキを訪ねる。キキの魔力が・・・弱くなったこと聞いたウルスラは、丸太小屋に泊まりに来るように誘う。ヒッチハイクをして森に向かうウルスラとキキ。乗せてくれた男性とウルスラのやりとり。ウルスラはタンクトップにショートパンツといった服装をしていた。・・・
セリフ・名言 15 魔女の宅急便

ウルスラ「あんたの顔いいよ。この前よりずっといい顔してる」

1:25:30頃 ウルスラの丸太小屋についたキキは、ウルスラが描いている大きな絵・・・を見る。そこにはペガサスや女性の顔が描かれていた。ウルスラは、女性の顔がうまく描けずにいたが、キキの顔を見てぴったりだとひらめいたのだという。・・・
セリフ・名言 16 魔女の宅急便

ウルスラ「そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる」

1:26:10頃 魔力が弱くなってしまい、ホウキで空を飛べなくなったキキ。そんな・・・キキの話を聞いた絵描きのウルスラは、キキに丸太小屋に泊まりに来るように誘う。寝る前のキキとウルスラの会話。ウルスラの話を聞いて、キキは少し元気を取り戻す。・・・
セリフ・名言 17 魔女の宅急便

ウルスラ「それは今も同じ。でもね、そのあと、少し絵を描くってこと、わかったみたい」

1:27:05頃 魔力が弱くなってしまったため、ホウキで空を飛べなくなったキキ。・・・そんなキキの話を聞いた絵描きのウルスラは、キキに自分の丸太小屋に泊まりに来るように誘う。寝る前のキキとウルスラの会話。ウルスラの話を聞いて、キキは少し元気を取り戻す。・・・
セリフ・名言 18 魔女の宅急便

ウルスラ「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ」

1:27:45頃 魔力が弱くなってしまい、ホウキで空を飛べなくなったキキは落ち込・・・んでいた。そんなキキの話を聞いた絵描きのウルスラは、キキに自分の丸太小屋に泊まりに来るように誘う。寝る前のキキとウルスラの会話。ウルスラの話を聞いて、キキは少し元気を取り戻す。・・・
セリフ・名言 19 魔女の宅急便

老婦人「それをキキという人に届けて欲しいの。この前、とってもお世話になったから」

1:30:45 魔力が弱くなって、ホウキで飛べなくなったキキは落ち込んでいたが、・・・ウルスラの丸太小屋に泊まって、少し元気になっていた。帰りに寄るように言われた老婦人から、キキがデザインされたチョコレートケーキをプレゼントされる。その時のやりとり。・・・
セリフ・名言 20 魔女の宅急便

キキ「飛べ」

1:35:20頃 老婦人の家のテレビで、トンボがロープからぶら下がったまま、飛行・・・船が飛んでしまったのを見たキキは、トンボを助けに向かう。魔力が弱まってホウキで飛べなくなっていたキキだったが、おじさんから借りたデッキブラシにまたがってつぶやく言葉。思うとおりには飛べないものは、キキはデッキブラシで空を飛ぶ。・・・
セリフ・名言 21 魔女の宅急便

キキ「まっすぐ飛びなさい。燃やしちゃうわよ!」

1:35:55頃 トンボを助けるために、おじさんから借りたデッキブラシにまたがっ・・・て飛ぶキキ。デッキブラシは思うように飛んでくれず、ショッピングモールを突っ切ったり、急に急降下したりする。そんなデッキブラシにしっかりするようにかけるキキの言葉。・・・
セリフ・名言 22 魔女の宅急便

キキの手紙「落ち込むこともあるけれど、私、この町が好きです」

1:42:22頃 エンドロールの後に、キキから両親に届けられた手紙の文面。はじめ・・・は父親のオキノが読み上げ、途中からキキの声に代わる。トンボを助けたキキは、魔力も戻って再び飛べるようになり、トンボを始めとする友人たちとも仲良くやっていることが、エンドロールで描かれていた。・・・
新着コンテンツ