海街diary

重要な部分に触れている場合があります。

海街diary
公開年
2015年
製作国
日本
監督
是枝裕和
出演
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、風吹ジュン、リリー・フランキー
「海街diary」は、吉田秋生によるマンガが原作である。映画化にあたっては登場人物や内容に改変が加えられている。また、撮影の際、すずを演じた広瀬すずは、あえて台本を読まないでその場で演技を決めていく手法で演出された。すずの姉にあたる三姉妹を、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆が演じた。

日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞を受賞した。また優秀脚本賞、優秀主演女優賞(綾瀬はるか)、優秀助演女優賞(長澤まさみ、夏帆)、新人俳優賞(広瀬すず)、優秀音楽賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞にも選ばれた。カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品にも選ばれた。興行的には約16億円の興行収入となった。

父の死

鎌倉に住む、香田幸、佳乃、千佳の三姉妹。15年前に家を出た父が3人目の妻と暮らしていた山形で亡くなったという連絡を受ける。また、2人目の妻との間に生まれた妹がいることを知る。佳乃と千佳が葬式に出席するために山形にやって来る。妹のすずが2人を迎える。遅れて幸もやって来る。父の妻ではなくすずが入院中の父の世話をしたと、幸は感じ取る。

  

妹への感謝

斎場から駅に向かう幸たちを、父の持っていた写真を渡すためにすずが追いかけてくる。幸から「一番好きな場所に連れて言って欲しい」と言われたすずは、父と一緒に訪れたという高台に案内する。高台からの景色は、どこか鎌倉に似ている。父の世話をしてくれたすずに、幸たちは感謝を述べる。駅での別れ際に、幸はすずに「一緒に暮らそう」と持ちかける。すずは「行きます」と即答し、血のつながりのない義母と暮らすよりも、姉たちと暮らすことを選ぶ。

  

すずが鎌倉へ

すずが鎌倉の家に引っ越してくる。幸たちの大叔母の史代は、すずのことを父が家族を捨てるきっかけとなった女性の子であることを指摘するが、幸は気にしない。サッカーチーム「オクトパス」に入団したすずは、仲間と打ち解けていく。「海猫食堂」のさち子もすずを気に入る。一方、つき合っている若い彼氏を甘やかす佳乃を幸がたしなめ、佳乃とケンカになる。

  

人物 海街diary

香田 幸

俳優:綾瀬 はるか 香田幸は、四人姉妹の長女である、映画「海街diary」の登場人物。妹たちと鎌倉の・・・古い一軒家に住んでいる。両親が離婚して家を出たあと、母方の祖母に育てられた。祖母の死後は長女として妹の面倒を見てきたため、しっかりしている。 母親とはそりが合わず、顔を会わせるとケンカとなる。また、愛人と家を出た父に対しては、両親のケンカ・・・
人物 海街diary

香田 佳乃

俳優:長澤 まさみ 香田佳乃は、四姉妹の次女である、映画「海街diary」の登場人物。姉や妹と鎌倉の・・・古い一軒家に住んでいる。両親が離婚して家を出たあと、母方の祖母に育てられた。酒好きで、酒ぐせが悪い。しっかり者の姉とは異なり、チャラチャラしたところがある。信用金庫に勤めている。男性を甘やかしてしまう面があり、幸にたしなめられたりもする。 ・・・
人物 海街diary

香田 千佳

俳優:夏帆 香田千佳は、四姉妹の三女である、映画「海街diary」の登場人物。姉たちと鎌倉の・・・古い一軒家に住んでいる。両親が離婚して家を出たあと、母方の祖母に育てられた。幼い頃に父が家を出たために、父との思い出はほとんどない。「趣味が変わってる」と言われている。ご飯をかきこんだり、何でもしょう油をかけたりすることで幸に怒られる姿を見・・・
セリフ 海街diary

佳乃「いやー、流れで何となくさあ。あるのよ。大人にはそういうことが」

0:02:45頃 年下の恋人のアパートで一夜を過ごした佳乃が朝帰りをする。連絡も・・・なく外泊した佳乃に幸は怒っていた。佳乃をたしなめる千佳だったが、佳乃は軽く受け流す。佳乃は男を好きになると夢中になるタイプだった。 ・・・
セリフ 海街diary

陽子「大丈夫よ、おじさん。私、妻ですから」

0:10:10頃 家を出ていた幸たちの父が山形で亡くなる。葬式に出席した幸たちは・・・、父の3番目の妻である陽子や、腹違いの妹であるすずと会う。すすり泣く陽子は出棺前のあいさつをすずにやらせようとし、幸が止める。幸に自分がやると言われた陽子は、妻としての意地を見せる。 ・・・
セリフ 海街diary

幸「優しくて、ダメな人だったのよ」

0:11:05頃 家を出ていた父の葬式に出席するため、山形へやって来た幸、佳乃、・・・千佳の三姉妹。斎場を出たあとの3人の会話。父は、人の借金の保証人になって逃げられ 女性に同情してくっついてしまうタイプの人物だった。 ・・・
音楽 海街diary

音楽、サウンドトラック

「海街diary」の音楽を担当しているのは菅野よう子。佳乃を演じた長澤まさみの推・・・薦もあって起用されたという。本作で日本アカデミー賞優秀音楽賞に選ばれた。発売されているサウンドトラック(サントラ)には、以下の曲が収録されている。 1. 夏の表紙 2. 海街diary 3. 河鹿沢行き 4. いもうと 5. すずのテーマ・・・
キーワード 海街diary

評価、興行収入

「海街diary」は、日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀撮影賞・・・、最優秀照明賞を受賞した。また優秀脚本賞、優秀主演女優賞(綾瀬はるか)、優秀助演女優賞(長澤まさみ、夏帆)、新人俳優賞(広瀬すず)、優秀音楽賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞にも選ばれた。また、カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作・・・
キーワード 海街diary

原作、制作

「海街diary」は、吉田秋生によるマンガが原作である。映画化にあたっては登場人・・・物や内容に改変が加えられている。また、撮影の際、すずを演じた広瀬すずは、あえて台本を読まないでその場で演技を決めていく手法で演出された。 ・・・
キーワード 海街diary

父、母、不倫

幸、佳乃、千佳は母親の都と父親の間に生まれた娘である。父親は女性を作って家を出て・・・しまい、その後母親も家を出たために、母方の祖母によって育てられた。すずは、父親の2番目の妻との間の娘で、仙台で育つものの母親は亡くなった。その後すずと父親は、3番目の妻のいる山形に移り住んでいた。 幸たちと住むようになったすずは、母親が幸・・・
新着コンテンツ