登場人物・キャスト メン・イン・ブラック3

エージェントAA(ウィル・アーネット)

重要な部分に触れている場合があります。

エージェントAAは、MIBのエージェントである、映画「メン・イン・ブラック3」の登場人物。ボリスによって変えられてしまった現在で、Jの相棒を務めている。10時間の張り込みで話を聞いてくれたJに感謝し、悪いのは世の中ではなく自分と義理の母と気づいたことを語る。だがJは誰であるか認識していない。

キャスト

エージェントAAを演じているのは、カナダの俳優であるウィル・アーネット。公開時42歳頃。

その他の「メン・イン・ブラック3」の登場人物・キャスト

人物 12 メン・イン・ブラック3

ウィル・アーネット

俳優:ラニー・フラハーティ\t オバダイア・プライスは、月の刑務所に収監されている、映画「メン・イン・ブラック3・・・」の登場人物。ボリスにタイムジャンプの装置を開発したことを話し、脱獄する時には一緒に連れて行ってもらう約束をしていた。実際にボリスが脱獄する時に声をかけるが、ボリスに殺害されてしまう。 ・・・
人物 1 メン・イン・ブラック3

エージェントJ

俳優:ウィル・スミス エージェントJは、宇宙人を監視する秘密組織「MIB」のエージェントである、映画「・・・メン・イン・ブラック3」の登場人物。Kによってスカウトされてから時がたち、今やベテランのエージェントとなっている。以前と変わらずKが相棒。中華料理屋を襲撃したボリスについて、Kが隠し事をしていることに不満を抱く。翌日、Kが40年前にボリスに・・・
人物 2 メン・イン・ブラック3

エージェントK

俳優:トミー・リー・ジョーンズ/ジョシュ・ブローリン エージェントKは、宇宙人を監視する秘密組織「MIB」のベテランエージェントである・・・、映画「メン・イン・ブラック3」の登場人物。引き続きJとコンビを組んでいるが、相変わらず仏頂面で口数は少ない。長年の付き合いだったMIBのトップを務めたZの弔事では、「Zの私生活は何も知らない」と語る。中華料理屋で月の刑務所から脱獄したボリ・・・
人物 3 メン・イン・ブラック3

エージェントO

俳優:エマ・トンプソン/アリス・イヴ エージェントOは、亡くなったZに代わってMIBのトップとなる、映画「メン・イン・・・・ブラック3」の登場人物。フィニュシアン・ザイグロットからのZへの弔事をそのまま再現してみせる。Kがボリスを捕らえた1969年の事件を調べるJをたしなめる。Kが1969年に死んだ世界になってしまった時には、過去が変わってしまった可能性に気づき・・・
人物 4 メン・イン・ブラック3

ボリス・ジ・アニマル

俳優:ジェマイン・クレメント ボリス・ジ・アニマルは、月の刑務所に収監されたボルゴダイト星人である、映画「メン・・・・イン・ブラック3」の登場人物。虫型の生物を手のひらの中に飼っており、生物が発射する巨大なトゲで攻撃をする。ニックネームである「ボリス・ジ・アニマル」と呼ばれるのをいやがり、そう呼ばれると「ただのボリスと呼べ」と返す。1969年7月15日に・・・
ストーリー メン・イン・ブラック3

ストーリー・あらすじ紹介

メン・イン・ブラック3のストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 メン・イン・ブラック3

セリフ紹介

メン・イン・ブラック3のセリフ紹介。
音楽 メン・イン・ブラック3

音楽紹介

メン・イン・ブラック3の音楽紹介。
キーワード メン・イン・ブラック3

キーワード紹介

メン・イン・ブラック3のキーワード紹介。
シーン メン・イン・ブラック3

シーン紹介

メン・イン・ブラック3のシーン紹介。
  • 作品
  • 8.22

風の谷のナウシカ

公開年 1984年
製作国 日本
監督  宮崎駿
出演  (声) 島本須美、松田洋治、榊原良子
  • 作品

踊る大捜査線 THE MOVIE

公開年 1998年
製作国 日本
監督  本広克行
出演  織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介、水野美紀、ユースケ・サンタマリア
  • 作品
  • 8.14

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還

公開年 1983年
製作国 アメリカ
監督  リチャード・マーカンド
出演  マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー
  • 作品

SING/シング

公開年 2016年
製作国 アメリカ
監督  ガース・ジェニングス
出演  (声)マシュー・マコノヒー、トリー・ケリー、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン
  • 作品
  • 8.57

ボヘミアン・ラプソディ

公開年 2018年
製作国 イギリス、アメリカ
監督  ブライアン・シンガー
出演  ラミ・マレック、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョゼフ・マゼロ、ルーシー・ボイントン
新着コンテンツ