やすらぎの森

やすらぎの森
公開年
2019年
製作国
カナダ
監督
ルイーズ・アルシャンボー
出演
アンドレ・ラシャペル、ジルベール・スィコット、レミー・ジラール
「やすらぎの森」は、80代の男女を主人公に、人生の晩年の生き方をテーマにした映画。マリーを演じるのは、 金髪とクラシックな美貌から“ケベックのカトリーヌ・ドヌーヴ”とも称されたアンドレ・ラシャペル。約70年に渡って活躍したラシャペルは2019年11月に他界し、本作が遺作となった。世捨て人のひとりであるチャーリー役には、本作でカナダ・アカデミー賞(カナダ・スクリーン・アワード)の主演男優賞にノミネートされたジルベール・スィコット。親友のトム役をドゥニ・アルカン監督作品「みなさん、さようなら」の主演俳優として知られるレミー・ジラールが演じ、カナダ・アカデミー賞の助演男優賞を受賞した。監督は、本作が3本目の長編劇映画となったケベック出身のルイーズ・アルシャンボーが務めている。

2021年5月下旬、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
配給:エスパース・サロウ
© 2019 les films insiders inc. une filiale des films OUTSIDERS inc.
ニュース やすらぎの森

カナダの人里離れた森 世捨て人の老人たち描く 「やすらぎの森」監督メッセージ&本編映像公開

 80代の男女を主人公に、人生の晩年の生き方をテーマにした映画「やすらぎの森・・・」から、ケベックを拠点に活躍するジョスリーヌ・ソシエの原作小説に感銘を受け、繊細な世界観を映画として作り上げたルイーズ・アルシャンボー監督のメッセージ映像と、本編映像が公開された。  メッセージ映像でアルシャンボー監督は、「こんにちは」と・・・
ニュース やすらぎの森

60年に渡り精神科療養所で生きた女性 老人たちとの森での共同生活で癒やされる 「やすらぎの森」予告編

 80代の男女を主人公に、人生の晩年の生き方をテーマとした映画「やすらぎの森・・・」の、予告編が公開となった。  公開された予告編では、冒頭で神秘的なカナダ・ケベックの森が映し出され、存在を隠して森で暮らすチャーリーとトムの暮らしが描き出される。そこに、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60 年以上も・・・
ニュース やすらぎの森

60年以上も精神科療養所生活を送った80歳女性 カナダの森で新しい共同生活 「やすらぎの森」公開決定

 80代の男女を主人公に、人生の晩年の生き方をテーマにした映画「やすらぎの森・・・」が、5月に劇場公開されることが決まった。  映画の舞台となるのは、カナダ・ケベック州の人里離れた深い森。湖のほとりにたたずむ小屋で暮らす年老いた世捨て人たちの元に、80歳の女性ジェルトルードが訪れる。少女時代に不当な措置によって精神科療・・・

カナダ・ケベック州、人里離れた深い森。湖のほとりにたたずむ小屋で、年老いた3人の男性が愛犬たちと一緒に静かな暮らしを営んでいる。それぞれの理由で社会に背を向け、世捨て人となった彼らの前に、思いがけない来訪者が現れる。来訪者は、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60 年以上も外界と隔絶した生活を強いられてきた80歳の女性ジェルトルード。世捨て人たちに受け入れられたジェルトルードは、マリー・デネージュという新たな名前で新たな人生を踏み出し、澄みきった空気を吸い込みながら、日に日に活力を取り戻していく。しかし、その穏やかで温かな森の日常を揺るがす緊急事態が巻き起こり、彼らは重大な決断を迫られていく。
新着コンテンツ