ホロコーストの罪人

ホロコーストの罪人
公開年
2020年
製作国
ノルウェー
監督
エイリーク・スヴェンソン
出演
ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン
「ホロコーストの罪人」は、第二次大戦中のノルウェーを舞台にユダヤ人家族を描いた作品。ユダヤ人家族の悲劇を描くとともに、ホロコーストにノルウェー秘密国家警察が加担していたという、ノルウェー最大の罪を描いている。

出演は、「獣は月夜に夢を見る」のヤーコブ・オフテブロ、「ソフィーの世界」のシルエ・ストルスティン、「ミレニアム」シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスら。監督は、「HARAJUKU」のエイリーク・スヴェンソンが務める。

2021年8月27日(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開
配給:STAR CHANNEL MOVIES
©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.
ニュース ホロコーストの罪人

ノルウェー秘密警察がホロコーストに加担 実話を元にユダヤ人一家の悲劇描く 「ホロコーストの罪人」公開

 ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を、実話を元に描いた映画「ホロコー・・・ストの罪人」が、8月27日より劇場公開されることが決まった。  「ホロコーストの罪人」は、第二次大戦中のノルウェーを舞台にユダヤ人家族を描いた作品。ユダヤ人家族の悲劇を描くとともに、ホロコーストにノルウェー秘密国家警察が加担していたという・・・

第二次大戦中、ユダヤ人一家のブラウデ家族はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていたが、ナチス・ドイツがノルウェーに侵攻すると状況は一変する。チャールズらユダヤ人男性はベルグ収容所へと連れて行かれ、厳しい監視のもと強制労働を強いられる。一方、母とチャールズの妻は彼らの帰りを待ちながら、スウェーデンへの逃亡も準備する。しかし、1942 年 11 月、ノルウェー秘密国家警察とタクシー運転手によって、ユダヤ人全員がオスロ埠頭へと強制移送される。そこには、アウシュヴィッツへと向かう船が待ち構えている。
新着コンテンツ