インターステラー セリフ・名言

重要な部分に触れている場合があります。

セリフ・名言 1 インターステラー

クーパー「それはたぶん、おじいちゃんは幽霊にちょっと近い存在だからだよ」

0:02:05頃 部屋の本が勝手に落ちるなど、不思議な現象に見舞われていたマーフ・・・は、部屋に幽霊がいると考える。だが、科学者であるクーパーは幽霊の存在を信じていない。そんな2人のやり取り。マーフの祖父は2人よりも高齢だった。 ・・・
セリフ・名言 2 インターステラー

クーパー「マーフィーの法則は、起こり得ることは起こるって意味なんだ。それはすばらしいことだと思ったんだ」

0:05:55頃 マーフの本名はマーフィーで、マーフはニックネームだった。「マー・・・フィーの法則」を引き合いに出してからかわれるマーフは、自分の名前を嫌っていた。クーパーと妻は、良い名前だと思ってつけたことを説明する。このあと、アメリアがマーフィーの法則に言及するシーンもある。 ・・・
セリフ・名言 3 インターステラー

クーパー「あんたのケツについてさえ2つも測り方があるのに、俺の息子の未来には1つしか道がないと言うのか?」

0:10:55頃 トムとマーフの通う学校の面談に訪れたクーパー。トムを大学に通わ・・・せたいと考えるクーパーだったが、食糧難の時代に大学に行ける者は一握りで、トムの学力では難しかった。そのため、農業の道に進むようにアドバイスする校長に、クーパーは反論する。 ・・・
セリフ・名言 4 インターステラー

クーパー「いいか。役立たずの機械には、MRIと呼ばれていたものがあった」

0:12:15頃 クーパーは、マーフの担任の先生であるハンリーと話をする。マーフ・・・がアポロ計画による月面着陸の写真を他の生徒に見せていたことを、ハンリーは問題視していた。アポロ計画は冷戦を勝つための政府によるプロパガンダで、実際には着陸は行われていないことになっていたのだった。そんなハンリーに、クーパーは妻の死を引き合い・・・
セリフ・名言 5 インターステラー

クーパー「僕たちはかつて、空を見上げて星に思いを馳せた。今では僕たちは、地面を見下ろして砂の心配ばかりしている」

0:16:40頃 気候変動によって食糧難の時代が訪れ、砂ぼこりに苦しまされる時代・・・を生きるクーパーだったが、かつてはNASAのエンジニアでテスト機のパイロットでもあった。そんなクーパーが、かつての時代を思い出しながら、時代の変化を語る。 ・・・
セリフ・名言 6 インターステラー

クーパー「われわれの物ではない。だが、われわれの故郷だ」

0:29:00頃 地球は滅びゆこうとしていた。NASAは、人類が生き残るために2・・・つのプランを実行に移していた。そのことを知ったクーパーとブランド教授の会話。クーパーは、人類を救うために宇宙に行くように求められる。 ・・・
セリフ・名言 7 インターステラー

ブランド教授「宇宙へ行け。そして子どもたちを救うんだ」

0:31:15頃 人類を救うために、宇宙船のパイロットを頼まれるクーパー。だが、・・・クーパーにはトムとマーフという2人の子どもがいた。ためらうクーパーに対して、ブランド教授は子どもの未来のためにも宇宙に向かうように説得する。 ・・・
セリフ・名言 8 インターステラー

クーパー「人類は地球で生まれた。だからといって地球で死ぬ必要はない」

0:37:00頃 滅びゆこうとしている人類を助けるため、クーパーは宇宙に向かう決・・・断をする。NASAが実行に移していた計画は、地球を捨てて別の星で生き延びられる方法を見つけるというものだった。クーパーはそのために、危険を承知で宇宙に向かう。 ・・・
セリフ・名言 9 インターステラー

クーパー「親になるというのは、子どもたちの未来の幽霊になることなんだ」

0:37:35頃 人類を助けるために宇宙に向かう決断をしたクーパー。だが、10歳・・・の娘マーフは、いつ戻ってくるかわからないクーパーの任務に反対する。そんなマーフにクーパーが語りかける言葉。だがマーフは納得せずに泣きじゃくる。 ・・・
セリフ・名言 10 インターステラー

クーパー「愛してるよ、永遠に。聞いてるか?ずっと愛してる。戻ってくる。必ず戻ってくる」

0:40:25頃 人類を助けるために宇宙に向かう決断をしたクーパーだが、10歳の・・・娘のマーフはいつも戻ってくるかわからないクーパーの任務に反対する。何とか和解して旅立ちたいクーパーだったが、泣きじゃくるマーフは顔を上げてくれない。そんなマーフに、クーパーは「必ず戻ってくる」と約束する。 ・・・
セリフ・名言 11 インターステラー

TARS「無欠の正直さでは、そつなく対応できない。感情を持つ存在とのコミュニケーションにおいて、安全な方法ではない」

0:44:25頃 人工知能ロボットであるTARSは、地球を救うための宇宙の旅にお・・・ける力強い乗組員の1人だった。クーパーに対して正直な意見を述べるアメリアと話をした後に、クーパーはTARSと話をする。TARSは人間とうまくコミュニケーションを取る方法も学んでいた。 ・・・
セリフ・名言 12 インターステラー

ブランド教授「穏やかな夜に身を任せるな。老いた魂を燃やし、終わりゆく日に怒りをたぎらせろ。怒れ。怒れ。消えゆく光に」

0:49:35頃 地球を救う宇宙の旅に出たエンデュランス号の乗組員に対して、ブラ・・・ンド教授が送る詩。この詩は、1914年生まれのウェールズの詩人であるディラン・トマスの書いたものである。このあと、この詩は何度か登場する。 ・・・
セリフ・名言 13 インターステラー

クーパー「あれは山じゃない・・・あれは波だ」

1:09:50頃 人類が移住できる星を求めて、ミラー博士が信号を送る星に到着した・・・クーパーたち。重力の影響でこの星の1時間は7年分に相当するため、急いで調査を行う必要がある。ミラーの宇宙船の残骸を見つけたアメリアたちは、山のように巨大な津波に襲われ、貴重な時間を無駄にしてしまう。 ・・・
セリフ・名言 14 インターステラー

クーパー「君も親になったら分かるよ。子どもを安心させてやりたいと。10歳の子どもに世界が終わるなんてことは言えないよ」

1:16:10頃 ミラーの星で23年の月日を無駄にしてしまったクーパーたち。出発・・・する時に10歳だった娘のマーフは35歳になっており、クーパーが旅立った時と同じ年齢になっていた。そんなマーフについてのアメリアとクーパーのやりとり。クーパーは10歳のマーフに、必ず戻ると約束していた。 ・・・
セリフ・名言 15 インターステラー

トム「ロイスに言われたよ。もうあきらめろって。だから・・・あきらめることにする」

1:20:45頃 クーパーたちの乗る宇宙船「エンデュランス号」は、地球からの受信・・・はできるものの、地球への発信はできなくなっていた。地球では25年の月日が経過し、トムはロイスという女性と結婚していた。だが、返事のないビデオメッセージを一方的に送り続けてきたトムは、ついにクーパーのことを諦めてしまう。 ・・・
セリフ・名言 16 インターステラー

アメリア「多分、愛は何かを意味してるのよ。私たちの理解を超えた何かを」

1:27:55頃 人類が移住可能な星を調べるクーパーたち。可能性があるのは、マン・・・博士が向かった星とエドマンズ博士が向かった星だった。エドマンズ博士の星の調査を主張するアメリアだったが、エドマンズ博士が恋人だったことを話していなかった。クーパーが2人の関係を指摘したあとのやりとり。クーパーはこの時は間違いだと言うが、あと・・・
セリフ・名言 17 インターステラー

マン博士「共感が身の回りの領域を超えることはまれだ」

1:43:15頃 ブランド教授が進めていた人類の移住計画は、最初から実現不可能だ・・・った。そのことを知らなかったクーパーやアメリアは、ショックを受ける。知っていたマン博士は、ブランド教授が秘密にしていた理由をクーパーたちに語る。 ・・・
セリフ・名言 18 インターステラー

マーフ「感じるのよ。地球上に答えがあるとしたら、あそこよ。あの部屋よ」

1:45:20頃 ブランド教授は、人類の移住計画を実現させるための方程式は解けな・・・いことを語って死んでいった。ショックを受けたマーフだったが、自分が方程式を解いてみせると意気込む。そして、方程式を解く鍵は幼い頃に自分が住んでいた部屋にあると直感していた。 ・・・
セリフ・名言 19 インターステラー

TARS「涙がこぼれるまえに言っておきますが、私はロボットだということを思い出してください。命令には従わなければならない」

1:47:10頃 人類の移住計画が不可能であることを知り、地球に戻ることに決めた・・・クーパー。戻る途中で、移住計画を実現する方程式に必要なブラックホールのデータを集めることになり、決死の作業はTARSが担当する。だが、人工知能ロボットのTARSは淡々としていた。 ・・・
セリフ・名言 20 インターステラー

クーパー「50%の確率であんたも死ぬぞ」 マン博士「ここ最近だと最も高い確率だ」

1:54:55頃 クーパーが地球に戻るのを止めようとするマン博士。宇宙服を着た2・・・人は取っ組み合いとなる。マン博士は、自分のヘルメットをクーパーのヘルメットにぶつけて割ろうとする。その時の2人のやりとり。マン博士は50%の勝負に勝ち、クーパーのヘルメットが割れる。 ・・・
セリフ・名言 21 インターステラー

マン博士「感じるか?生存本能ってやつを。生存本能が俺を突き動かす。そして、われわれを救うんだ。私は人類を救う」

1:55:45頃 クーパーが地球に戻るのを止めようとしたマン博士は、クーパーのヘ・・・ルメットを割る。呼吸困難に陥るクーパーに対して、マン博士が語る言葉。マン博士は、生存本能から地球にウソの信号を送って、助けが来るように仕向けていた。 ・・・
セリフ・名言 22 インターステラー

マン博士「私のためではない。クーパーのためでもない。人類のためだ」

2:07:05頃 生き延びたいという欲求から、マン博士は着陸した星から人類が生存・・・できるというウソの信号を送っていた。そんなマン博士は、星にやって来たクーパーたちが乗って来た宇宙船「エンデュランス号」を奪おうとする。だが、エンデュランス号とシャトルのドッキングがしっかりとされておらず、その状態でハッチを開けたマン博士は爆・・・
セリフ・名言 23 インターステラー

クーパー「不可能でも、必要なんだ」

2:08:05頃 マン博士がエンデュランス号の一部を爆発させてしまったことから、・・・エンデュランス号は高速で回転を始める。シャトルを操縦するクーパーは、何とかエンデュランス号とドッキングしようとし、同じ速度で回転するように人工知能ロボットのCASEに命じる。不可能でも、やらなければクーパーたちは永遠に宇宙をさまようことにな・・・
セリフ・名言 24 インターステラー

アメリア「120歳にしては悪くない声をしてるわ」

2:16:10頃 燃料や酸素が少なくなったエンデュランス号は、ブラックホールの重・・・力を利用して、最後の希望であるエドマンズのいる星に向かう。ブラックホールの重力の影響で地球での51歳分の時間が進むものの、2人の肉体的年齢は変わらないのだった。 ・・・
セリフ・名言 25 インターステラー

クーパー「そうだな。俺の正直度は90%だ」

2:17:10頃 燃料や酸素が少なくなったエンデュランス号は、ブラックホールの重・・・力を利用してエドマンズのいる星に向かう。だが、クーパーは少しでもエンデュランス号にかかる負荷を減らすために、自分の乗るシャトルを切り離す。聞かされていなかったアメリアは止める。「正直度90%」は、人工知能ロボットのTARSに設定された正直度・・・
セリフ・名言 26 インターステラー

マーフ「パパだったのね。パパが幽霊だった」

2:26:10頃 人類を宇宙に移住させるために必要な方程式を解くためには、ブラッ・・・クホールのデータが不足していた。マーフは方程式を解く鍵が、幼い頃に自分が住んでいた部屋にあると考える。そして、かつて本が勝手に落ちる現象を幽霊のしわざだと考えていたマーフは、幽霊の正体が父であることに気づくのだった。 ・・・
セリフ・名言 27 インターステラー

クーパー「俺が選ばれたと思ってたけど、違った。選ばれたのはマーフだったんだ」

2:29:25頃 TARSとともにブラックホールに飲み込まれたクーパーは、時空を・・・超えて娘のマーフの部屋が立方体状に積み重なかった空間に導かれる。そこでクーパーは、自分がマーフにブラックホールのデータを送り、マーフが地球を救う役割を果たすために導かれてきたことに気づくのだった。 ・・・
セリフ・名言 28 インターステラー

クーパー「愛だよ、愛。アメリアが言っていたように。俺とマーフはつながっている。測定可能な方法で。それこそが鍵だ」

2:30:10頃 TARSとともにブラックホールに飲み込まれたクーパーだったが、・・・時空を超えて娘のマーフの部屋が立方体状に積み重なかった空間に導かれる。そこでクーパーは、マーフとコミュニケーションを取る方法を考える。クーパーはマーフとの別れの時に、腕時計を贈っていた。 ・・・
セリフ・名言 29 インターステラー

マーフ「パパが戻ってきたわ!この時計がそうよ!ずっとパパだって気づかなかった。パパは私たちを守ってくれたのよ!」

2:32:05頃 人類を宇宙に移住させるために必要な方程式を解くための鍵が、幼い・・・頃に自分が住んでいた部屋にあると考えたマーフ。自分の部屋にやって来たマーフは、幼い頃に幽霊だと思った存在が父であることに気づく。そして、父は何らかの方法で自分にコミュニケーションを取ろうとしていると考える。父が宇宙に旅立つ時に贈られた腕時計・・・
セリフ・名言 30 インターステラー

マーフ「ユリイカ!伝統よ」

2:32:55頃 父から腕時計の秒針を通じて送られて来たブラックホールのデータを・・・分析したマーフは、ついに人類が宇宙に移住するために必要な方程式を解く。「ユリイカ」は、アルキメデスが叫んだとされるギリシャ語の感嘆詞で、「分かった!」といった意味である。 ・・・
セリフ・名言 31 インターステラー

クーパー「まだわからないのか?彼らじゃない、俺たちなんだ。俺がマーフにしたように、俺のためにしてくれたんだ。人類のために」

2:33:25頃 ブラックホールに飲み込まれたクーパーは、時空を超えて娘のマーフ・・・の部屋が立方体状に積み重なかった空間で、マーフの腕時計の秒針を使って、モールス信号でブラックホールのデータを送る。人工知能ロボットのTARSは状況を理解していないが、クーパーは未来の人類が立方体の空間を作ったのだと考える。 ・・・
セリフ・名言 32 インターステラー

マーフ「分かってた。みんな信じなくて、私がすべてを考えたことにされた。でも、私は分かってた」

2:40:25頃 ブラックホールからマーフにデータを送ったクーパーは、光に包まれ・・・る。目覚めたクーパーは土星の軌道上にあるスペースコロニーに収容される。そして、80歳を超えて死期の迫るマーフと再会する。2人は互いにしたことを理解していた。 ・・・
セリフ・名言 33 インターステラー

マーフ「だって、私のパパがそう約束したからよ」

2:40:50頃 80歳を超えて死期の迫るマーフと再会したクーパー。クーパーが宇・・・宙へと旅立つ時、嫌がって泣きじゃくるマーフに対し、「必ず戻る」とクーパーは約束していた。マーフはクーパーの言葉を信じ、クーパーは約束通り戻ってきた。 ・・・
セリフ・名言 34 インターステラー

マーフ「アメリアのところに。新しい太陽の光が降り注ぐ。私たちの新しい星よ」

2:41:15頃 「インターステラー」の最後のセリフ。クーパーは宇宙へと旅立った・・・時からそれほど年齢を重ねていなかった。だが、人類には70年以上の時が流れ、80歳を超えたマーフには死期が迫っていた。そんなマーフは、クーパーにアメリアの元に向かうように話す。クーパーはシャトルで、アメリアのいる星に向かうのだった。 ・・・
新着コンテンツ