登場人物・キャスト 007/慰めの報酬

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)

重要な部分に触れている場合があります。

Quantum of Solace Movie CLIP - Car Chase (2008) HD

ジェームズ・ボンドは、イギリスの諜報組織MI6のスパイである、映画「007/慰めの報酬」の登場人物。高い身体能力や性的な魅力を武器に活躍する。愛したヴェスパーを前作で失っており、表向きは平静を装っているものの、心の傷から立ち直っていない。手がかりとなる人物を次々と殺してしまい、MI6の局長のMに叱責される。一方で、Mの命を狙った組織を追いつめるために全力を尽くす。

ヴェスパーの死の原因であるミスター・ホワイトをイタリアで捕らえ、アストン・マーチンでMI6の隠れ家に連行する。ヴェスパーを尋問しようとするが、Mの護衛を務めるエージェントの裏切りによってホワイトに逃げられる。スレートという男が組織に関与していることがわかり、スレートのいるハイチに向かう。

スレートの泊まるハイチのホテルで、襲ってきたスレートを殺害。スレートのブリーフケースを持って外に出たところを、スレートと勘違いした女性カミーユの車に乗せられる。だが、カミーユの命を狙っていると思われ、車から降ろされる。その後、グリーンという男の元に向かったカミーユの後を追い、将軍のボートに乗せられたカミーユを助け出す(実際にはカミーユは将軍を殺そうとしていた)。

グリーンを追って、オーストリアのブレゲンツにやって来る。オペラを鑑賞するグリーン一味が持つ通信機を入手。オペラを鑑賞しながら打ち合わせをするグリーンの一味の話を聞く。わざと通信機を通じて声をかけ、席を立った人物の写真を撮影して身元を特定する。建物を出る途中にイギリス政府の特別警護部員を殺害したと思われたこともあり(実際にはグリーンの部下が殺害)、Mによってカードやパスポートを停止されてしまう。

前作でボンドが裏切りを疑ったために拷問されたMI6の元エージェントであるマティスのいるイタリアを訪れる。グリーンが土地を購入したボリビアに知人のいるマティスに協力を求め、マティスとともにボリビアに向かう。ボリビアでは、MI6のエージェントの女性フィールズと関係を持ち、グリーンのパーティを訪れる。パーティで、グリーンに2階から落とされそうになったカミーユを助ける。カミーユと車でパーティ会場を後にしたところを警察に止められ、トランクを開けるように命じられる。トランクには気を失ったマティスがおり、マティスを撃った警官を射殺し、マティスの死に立ち会う。

カミーユの案内で、グリーンの購入した砂漠に向かうために飛行機を操縦する。戦闘機とヘリコプターに撃たれ、カミーユとパラシュートで脱出。落ちた洞窟で、グリーンの狙いが水資源であることを知る。ホテルに戻るとMが待ち受けており、停職を言い渡されるものの逃げ出す。CIAのフィリック・ライターを呼び出し、グリーンと将軍の取引が砂漠の中に建てられたラ・デュナス・ホテルで行われることを知る。

ホテルでは、マティスを裏切った大佐を射殺し、グリーンを追う。火事となったホテルからカミーユを助け出し、砂漠を逃げるグリーンを捕らえて尋問。グリーンを砂漠に放置する。その後、ヴェスパーの恋人でボンドの追う組織の一員であるユセフの前に現れ、ユセフをMI6に引き渡す。

・イタリアでのカーチェイスや裏切者のエージェントの追跡、ハイチでのボートによるチェイス、オーストリアでのオペラ会場での銃撃戦、ボリビアでのパラシュートでの落下や火事となったホテルでの格闘など、アクションシーンが多い。

・マティスとボリビアに向かう飛行機では、前作で自ら「ヴェスパー」と名づけたカクテルを6杯も飲むが寝つけない姿を見せる。ヴェスパーとの事情を知るマティスはボンドに気づかわれており、マティスが死にゆく際にはヴェスパーとボンド自身を許すように言われる。

キャスト

ジェームズ・ボンドを演じているのは、前作に引き続き、イギリスの俳優であるダニエル・クレイグ。公開時40歳頃。製作中に、軽度の整形手術が必要な顔のケガ、腕のケガ、指先を切るケガを負ったという。同時期の映画出演作には、製作総指揮を務めた「フラッシュバック」(2008)のほか、「ディファイアンス」(2008)、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(2007)などがある。

関連項目

シーン 1 007/慰めの報酬

イタリアでのカーチェイス

「007/慰めの報酬」は、カーチェイスのシーンからスタートする。イタリアのシエナ・・・で、ジェームズ・ボンドの乗るアストン・マーチンが、複数のアルファロメオに追われている。走行するトラックも巻き添えとなり、アストン・マーチンにぶつかる。アストン・マーチンはスピンするものの、態勢を立て直して逃げる。1台のアルファロメオが対向車・・・
シーン 2 007/慰めの報酬

ボンドとミッチェルの戦い

ミスター・ホワイトをMI6の隠れ家に連行したボンドは、Mとともにホワイトの尋問を・・・始める。ホワイトは高笑いをして余裕を見せる。余裕には理由があった。Mのボディガードを務めているミッチェルは、ホワイトの仲間だったのだ。ミッチェルがMに銃を向けるが、ボンドが止める。逃げるミッチェルをボンドが追う。 馬によるパーリオ(競争)・・・
セリフ・名言 1 007/慰めの報酬

ボンド「魂が欲しいなら、司祭に相談すべきですよ」

0:07:45頃 ミスター・ホワイトをMI6の隠れ家に連れて来たボンド。そこには・・・上司のMが待っていた。CIAのフィリック・ライターから、ル・シッフルの身柄を渡す代わりに資金援助を受けたボンドだったが、ル・シッフルはミスター・ホワイトに殺害されてしまったのだった。・・・
セリフ・名言 4 007/慰めの報酬

ボンド「友だちはいない」

0:21:10頃 スレートという男を追ってハイチへとやって来たボンドは、襲ってき・・・たスレートを殺害してしまう。スレートのスーツケースを持ってホテルを出たボンドを、謎の女性カミーユが車に乗せる。バイクに乗った男があとをつけていることに気づいたカミーユとボンドのやりとり。スパイの職業上から、ボンドには気を許せる友人はいなかっ・・・
セリフ・名言 8 007/慰めの報酬

ボンド「あんたらは打ち合わせするのに、もっといい場所を探すべきだ」

0:43:05頃 オーストリアのブレゲンツで上演されるオペラ「トスカ」の会場にや・・・って来たグリーン。ボンドも会場に入り込む。「トスカ」を見ながら通信機を使って打ち合わせをするグリーンと仲間。通信機を手に入れたボンドが声をかける。ボンドは、驚いて席を立った人物たちの写真を撮影するのだった。・・・
セリフ・名言 10 007/慰めの報酬

ボンド「人は敵の強さによって判断される」

0:50:20頃 イタリアにいるマティスの元を訪れたボンドは、グリーンの仲間と思・・・われる人物たちの写真をマティスに見せる。仲間たちは大物ぞろいで、イギリス首相の側近の1人の姿もあった。そのことを知ったボンドの言葉。・・・
セリフ・名言 11 007/慰めの報酬

ボンド「私たちは休暇中の教師だ。宝くじに当たったんだ」

0:54:35頃 ボリビアへとやって来たボンドとマティスを、MI6の職員であるフ・・・ィールズが迎える。フィールズはボンドを翌朝のロンドン行きの飛行機に乗せるように命じられていた。ボンドの設定は休暇中の教師で、泊まるホテルも用意されていたが、安ホテルのためにボンドは気に入らない。高級ホテルに向かったボンドが、フロントに話す言・・・
セリフ・名言 15 007/慰めの報酬

ボンド「深呼吸をして。1発でいい。1発で仕留めろ」

1:25:45頃 グリーンとメドラーノ将軍は、砂漠にポツンと建つホテルで取引をす・・・る。メドラーノ将軍に復讐しようとしているカミーユが、ホテルの近くで銃のチェックをする。そんなカミーユに対して、ボンドが送るアドバイス。このあと、カミーユは格闘の末にメドラーノ将軍を撃ち殺す。・・・
セリフ・名言 17 007/慰めの報酬

ボンド「それを飲もうとする前に30キロは歩ける」

1:35:50頃 グリーンを捕らえたボンドは、車の中で尋問をした後、砂漠の真ん中・・・にグリーンを置いていく。立ち去る前に、エンジンオイルの缶をグリーンに渡して言うボンドのセリフ。グリーンは、MI6のエージェントであるフィールズを殺害させ、遺体を全身オイルまみれにしていた。・・・
セリフ・名言 18 007/慰めの報酬

ボンド「死者は復讐など求めない」

1:37:05頃 家族の復讐のためにメドラーノ将軍を殺害したカミーユ。カミーユを・・・連れて車で町に戻ってきたボンドに、カミーユが「死者は安らぎを得たか」と聞く。その質問へのボンドの答え。カミーユはボンドの心の安らぎを願い、ボンドにキスをして別れる。・・・
セリフ・名言 19 007/慰めの報酬

ボンド「似た物を持ってる。そいつが僕の友人に贈ったものだ。僕の親しい友人に」

1:39:00頃 ヴェスパーを利用するために恋人となり、結果としてヴェスパーの死・・・の原因となったルセフは、ロシアのカザンにいた。ルセフはカナダのエージェントの女性のコリーヌを、ヴェスパーと同じように自分のとりこにしていた。ルセフとコリーヌが自宅に帰ると、ボンドが待っている。コリーヌのネックレスを見たボンドの言葉。コリーヌ・・・

その他の「007/慰めの報酬」の登場人物・キャスト

人物 2 007/慰めの報酬

カミーユ

俳優:オルガ・キュリレンコ カミーユは、家族の復讐のためにメドラーノ将軍の命を狙う女性である、映画「007/・・・慰めの報酬」の登場人物。ボリビアの軍事政権の一員で残酷な性格だったエルネスト・モンテスを父に持ち、家族をメドラーノ将軍によって殺された過去を持つ。父は射殺され、ロシア人の母と姉はレイプされた上に絞殺された。さらに、将軍は笑いながら家に火をつ・・・
人物 3 007/慰めの報酬

ドミニク・グリーン

俳優:マチュー・アマルリック ドミニク・グリーンは、国際的犯罪組織クアンタムの一員である、映画「007/慰めの・・・報酬」の登場人物。表向きはNPO「グリーン・プラネット」のCEOで、慈善事業として環境保全のために土地を購入している。実際には、クアンタムの利益のために行動している。 ボリビアのクーデターを企てているメドラーノ将軍を資金援助する見返りに、・・・
人物 4 007/慰めの報酬

M

俳優:ジュディ・デンチ Mは、MI6の局長である、映画「007/慰めの報酬」の登場人物。ボンドの独断専行・・・をたしなめる一方で、ボンドのことを信頼している。また、前作で愛するヴェスパーを失ったボンドが、任務よりも復讐を優先することを心配している。また、相手を選ばずに利益のために手を組む政府の姿勢に批判的である。 イタリアのシエナで、ボンドが連行・・・
人物 5 007/慰めの報酬

ルネ・マティス

俳優:ジャンカルロ・ジャンニーニ ルネ・マティスは、MI6の元エージェントである、映画「007/慰めの報酬」の登場・・・人物。前作でボンドから裏切り者と疑われたことからMI6の拷問を受けた。無実とわかり、償いとして提供されたイタリアのタラモーネの別荘で、恋人のジェンマと暮らしているところを、ボンドの訪問を受ける。ヴェスパーとボンドの関係について知っており、ボ・・・
人物 6 007/慰めの報酬

ストロベリー・フィールズ

俳優:ジェマ・アータートン ストロベリー・フィールズは、MI6のエージェントである、映画「007/慰めの報酬・・・」の登場人物。ボンドを翌朝の飛行機に乗せるように、MI6から命令を受ける。ボリビアでボンドの到着を待ち受け、安ホテルに連れていくが、ボンドが気に入らなかったために高級ホテルに移る。ボンドの魅力にひかれて関係を持ち、「自分自身に腹が立つ」と話・・・
ストーリー 007/慰めの報酬

ストーリー・あらすじ紹介

007/慰めの報酬のストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 007/慰めの報酬

セリフ紹介

007/慰めの報酬のセリフ紹介。
音楽 007/慰めの報酬

音楽紹介

007/慰めの報酬の音楽紹介。
キーワード 007/慰めの報酬

キーワード紹介

007/慰めの報酬のキーワード紹介。
シーン 007/慰めの報酬

シーン紹介

007/慰めの報酬のシーン紹介。
  • 作品

シックス・センス

公開年 1999年
製作国 アメリカ
監督  M・ナイト・シャマラン
出演  ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、オリヴィア・ウィリアムズ、トニ・コレット
  • 作品

ハリー・ポッターと賢者の石

公開年 2001年
製作国 アメリカ
監督  クリス・コロンバス
出演  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント
  • 作品

ブリット

公開年 1968年
製作国 アメリカ
監督  ピーター・イェーツ
出演  スティーブ・マックイーン、ジャクリーン・ビセット
  • 作品
  • 8.95

ショーシャンクの空に

公開年 1994年
製作国 アメリカ
監督  フランク・ダラボン
出演  ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン
  • 作品

スタンド・バイ・ミー

公開年 1986年
製作国 アメリカ
監督  ロブ・ライナー
出演  ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン
新着コンテンツ