登場人物・キャスト パシフィック・リム

森マコ(菊地凛子/芦田愛菜)

重要な部分に触れている場合があります。

Pacific Rim (2013) - A Worthy Opponent Scene (3/10) | Movieclips

森マコは、ローリーとともにイェーガー「ジプシー・デンジャー」の操縦を担当することになる日本人女性である、映画「パシフィック・リム」の登場人物。2016年に、日本を襲った怪獣「オニババ」に襲われて命を落としかけたところを、ペントコストが操縦するイェーガー「コヨーテ・タンゴ」に助けられる。家族を失ったため、ペントコストによって育てられる。

2025年には、香港のシャッタードーム(基地)におり、ペントコストの補佐を務めている。高い身体能力を持ち、シミュレーターでは51回中51回も怪獣を倒しており、イェーガーを操縦する資質は持ち合わせている。ローリーとのコンビを希望するものの、マコのことを心配するペントコストによっていったんは却下される。だが、結局はペントコストに操縦を認められる。

ローリーとの「ジプシー・デンジャー」の操縦テストでは、「オニババ」に襲われた時の記憶がよみがえってしまい、基地内でプラズマ砲を発射しかける失態を犯す。任務から一時外されるが、「ジプシー・デンジャー」を除くイェーガーが怪獣によって破壊され、香港の町が危機に陥った際に、ローリーとのコンビで出撃し、怪獣を倒す。

裂け目に核攻撃をする作戦に、ローリーとともに「ジプシー・デンジャー」に乗って参加。裂け目に入り込んだあとに、ローリーによって一足先にカプセルで水上に送り出される。続いて浮上したローリーが呼吸をしていないために死んだと思うが、息を吹き替えしたローリーの姿に喜ぶ。

・ペントコストのことは尊敬しており、ローリーとのコンビを認めない時にも従う。ペントコストが怪獣を倒すために自爆する時には、「愛してます、先生」と声をかける。

キャスト

森マコを演じているのは、日本の俳優である菊地凛子。公開時32歳頃。アカデミー助演女優賞にノミネートされた「バベル」(2006)などでも知られる。同時期の出演作には、「47RONIN」(2013)などがある。

幼少期の森マコを演じているのは、日本の俳優である芦田愛菜。公開時9歳頃。同時期の映画出演作には「くじけないで」(2013)、「のぼうの城」(2012)、「LIAR GAME -再生-」(2012)などがある。

「パシフィック・リム」の関連項目

シーン 3 パシフィック・リム

ローリーとマコの棒術の試合

より強力化する怪獣に対し、イェーガーは苦戦を強いられるようになる。環太平洋防衛軍・・・(PPDC)は、イェーガー作戦を放棄し、沿岸に巨大な「命の壁」を作る作戦に方針を変更する。残されたイェーガーは香港に集められ、怪獣が現れる裂け目を総攻撃することになる。かつてイェーガー「ジプシー・デンジャー」の操縦士だったローリーも呼び寄せ・・・
セリフ・名言 5 パシフィック・リム

マコ「従っているのではないわ。尊敬しているのよ」

0:42:15頃 イェーガーの操縦士になりたいと考えており、操縦士としての資質も・・・兼ね備えているマコ。だが、マコを育ててきた司令官のペントコストは、マコを操縦士とすることを認めない。そのことについてのやりとり。マコには幼い頃にペントコストに命を助けられた過去があった。 ・・・
セリフ・名言 17 パシフィック・リム

ローリー「きつく抱き締め過ぎだ」

2:00:35頃 裂け目の中に入り込んだイェーガーの「ジプシー・デンジャー」は、・・・自らの原子炉を爆発させることで裂け目を破壊する。一足先にカプセルで「ジプシー・デンジャー」から脱出して水上に浮上していたマコは、続いてカプセルで浮上したローリーが呼吸をしていないことに気づく。ローリーを抱きしめて泣くマコ。だが、ローリーは生・・・
キーワード 5 パシフィック・リム

イェーガー

イェーガーは、怪獣に対抗するためにPPDC(環太平洋防衛軍)が作り出した巨人兵器・・・のこと。「イェーガー」とはドイツ語で「ハンター」を意味している。原子力がエネルギー源。 神経回路をつないで操縦する(「ドリフト」と呼ばれる)ために操縦士の負担が大きい。当初は1人で操縦することが想定されていたが、1人では神経に与えるダメー・・・
キーワード 8 パシフィック・リム

ドリフト、ブレイン・ハンドシェイク

イェーガーを操縦するためには、脳神経系を直接イェーガーにつなぐ必要がある。このこ・・・とを「ドリフト」と呼ぶ。1人の人間だけでは脳への負担が大きすぎるため、2人の操縦士が右脳と左脳を分担する。2人の操縦士は意識をシンクロさせる必要があり、シンクロさせることを「ブレイン・ハンドシェイク」と呼ぶ。2人の操縦士には親密さが求められ・・・

その他の「パシフィック・リム」の登場人物・キャスト

人物 3 パシフィック・リム

スタッカー・ペントコスト

俳優:イドリス・エルバ スタッカー・ペントコストは、PPDC(環太平洋防衛軍)の司令官である、映画「パシ・・・フィック・リム」の登場人物。人類と怪獣の初期では第1世代のイェーガーを1人で操縦したこともある(ペントコスト以外に1人で怪獣を倒したのはローリーのみである)。2016年には、怪獣「オニババ」に襲われた幼い頃の森マコを、イェーガー「コヨーテ・・・・
人物 4 パシフィック・リム

ハーク・ハンセン

俳優:マックス・マーティーニ ハーク・ハンセンは、イェーガー「ストライカー・エウレカ」の操縦士である、映画「パ・・・シフィック・リム」の登場人物。息子のチャックを相棒にオーストラリアを守り、これまでに10体にのぼる怪獣を倒してきた。最終決戦のために、香港に呼び寄せられる。 2体の怪獣が現れた時に沿岸を警備する役割を与えられるが、イェーガーの「クリムゾン・・・
人物 5 パシフィック・リム

チャック・ハンセン

俳優:ロバート・カジンスキー チャック・ハンセンは、イェーガー「ストライカー・エウレカ」の操縦士である、映画「・・・パシフィック・リム」の登場人物。父のハークを相棒に、オーストラリアを守っている。これまでに10体にのぼる怪獣を倒してきた。最終決戦のために、香港に呼び寄せられる。多くの怪獣を倒したことを誇りに思う一方で、他人に対して傲慢な態度を取り、イェー・・・
人物 6 パシフィック・リム

ニュートン・ガイズラー

俳優:チャーリー・デイ ニュートン・ガイズラーは、怪獣の研究者である、映画「パシフィック・リム」の登場人・・・物。香港のシャッタードーム(基地)で、ハーマン・ゴットリーブとともに研究を行っている。ゴットリーブとは意見が合わないため口論が絶えないものの、ともに怪獣の研究に対する情熱を持っている。腕に怪獣「ヤマアラシ」の入れ墨をしており、ハーマンから「・・・
人物 7 パシフィック・リム

ハーマン・ゴットリーブ

俳優:バーン・ゴーマン ハーマン・ゴットリーブは、怪獣の研究者である、映画「パシフィック・リム」の登場人・・・物。香港のシャッタードーム(基地)で、ニュートン・ガイズラーとともに研究を行っている。ガイズラーとは意見が合わないため口論が絶えないものの、ともに怪獣の研究に対する情熱を持っている。ガイズラーからはファーストネームの「ハーマン」と呼ばれてい・・・
ストーリー パシフィック・リム

ストーリー・あらすじ紹介

パシフィック・リムのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 パシフィック・リム

セリフ紹介

パシフィック・リムのセリフ紹介。
音楽 パシフィック・リム

音楽紹介

パシフィック・リムの音楽紹介。
キーワード パシフィック・リム

キーワード紹介

パシフィック・リムのキーワード紹介。
シーン パシフィック・リム

シーン紹介

パシフィック・リムのシーン紹介。
  • 作品

ハウルの動く城

公開年 2004年
製作国 日本
監督  宮崎駿
出演  (声) 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏
  • 作品
  • 8.22

風の谷のナウシカ

公開年 1984年
製作国 日本
監督  宮崎駿
出演  (声) 島本須美、松田洋治、榊原良子
  • 作品

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

公開年 1999年
製作国 アメリカ
監督  ジョージ・ルーカス
出演  リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド
  • 作品

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

公開年 2008年
製作国 アメリカ
監督  デヴィッド・フィンチャー
出演  ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジュリア・オーモンド
  • 作品

アメリ

公開年 2001年
製作国 フランス
監督  ジャン=ピエール・ジュネ
出演  オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ドミニク・ピノン、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ
新着コンテンツ